今回は12月の師走とは!?その意味と語源由来についてです。そもそも12月の師走の意味や語源の由来って考えた事ってありますか?周りで「師走、師走」そう言われるものの、その意味や由来を知っている人ってあまりいないと思います。

 

何となく「12月に入ると師走なんだな」って感じではないでしょうか?実は師走の意味や語源由来って、いろいろな説があって楽しいのです!今回紹介する師走の意味や語源由来を雑学として知っておくと物知りとして周りから一目置かれるかもしれませんよ^^

 

では早速「師走」についてまとめてみましたので参考にしてみて下さい。

師走とは

師走とは元々旧暦の12月を指す言葉で詳しく言うと12月下旬~2月上旬を指しています。二十四節気で言うと冬至から立春までくらいでしょうか。12月=師走ですが、ここで少し他の月の読み方についても触れておきましょう。

1月 ・・・睦月(むつき)
2月 ・・・如月(きさらぎ)
3月 ・・・弥生(やよい)
4月 ・・・卯月(うづき)
5月 ・・・皐月(さつき)
6月 ・・・水無月(みなづき)
7月 ・・・文月(ふづき)
8月 ・・・葉月(はづき)
9月 ・・・長月(ながづき)
10月・・・神無月(かんなづき)
11月・・・霜月(しもつき)
12月・・・師走(しわす)

上記の一覧をみて感じたのが、「あれ!?昔の同級生の名前がちらほらあるぞ!?」と一瞬頭を過りました。そういえば弥生ちゃんの誕生月は3月だったな。。。なんて。。。(^^)

 

それを考えると、産まれた月を名前にするのは当時はポピュラーだったのかもしれませんね。現代でも「皐月」や「葉月」って命名する人も結構いますからね。

 

そして次は師走の意味と語源由来についてなのですが、これには様々な諸説があるようですので今回は管理人が特に印象に残ったものをご紹介したいと思います。

(1)「師(坊さん)」も走る忙しさ説

語源については、この月になると、家々で師(僧)を迎えて読経などの仏事を行うため、師が東西に忙しく走り回るため、「師馳(しは)せ月」といったのを誤ったものだとか、四時の果てる月だから「しはつ(四極)月」といったのが、「つ」と「す」の音通(おんつう)によって「しはす」となったのだとかの説が伝わる。
引用元:コトバンク

これはもっとも有名な諸説ですよね。ここで言う「師」と言うのは、お坊さん・教師・兵隊・御師(お寺や神社への参拝者等を指す)などが挙げられます。

 

私がその中でも一番印象に残った言葉として、

普段は学校で「廊下を走るな~!」と言っている先生でさえも12月(師走)になったら忙しくて廊下を走ってしまう。

といった話しがあるのですが、この話しで素直になるほど!と腑に落ちました。その他にも、

「12月になったらお坊さん(師匠の僧)はお経を挙げる為にあちこちに走り回る」

「御師は大晦日に初詣にと忙しい」

など様々な話しがあると思いますが、個人的に素直に受け入られたのは「教師」説でした(^^)

(2)○○が終わる説

ここで言う○○というのは「」です。「しわす」の「し」です。これは当て字に近いものがあると感じたのですが、どうも仕事(ごと)・四季(き)・年(と)の「」を取ったものの様です。

 

そして残りの「しわす」の「わす」は「果す」=「終わる」と言った意味にとらえるのだそうです。まとめると「し・果す」=」が「終わるという説になります。

 

この言葉の由来は結構多くあって、「歳極(としはつ)」「成し果つ」が変化していったのではないかとも言われています。ん~、こんがらがってしまいますよね(笑)

 

しかし、言葉の由来としては、年の終わりと言う事もありこの諸説は理解は出来ますよね。また師走に入ると、冬至やクリスマスなど様々な行事ごとがありますよね。しかし、その意味を理解していない人って意外と多いのが現実です!

 

>>>冬至とは!?南瓜(かぼちゃ)や柚子湯に何故入るの?

 

>>>クリスマスの由来を子供向けに簡単に説明してみた!【神父談】

 

sponsored link

(3)当て字説

これは日本書紀・万葉集などの書籍に記されている事から言われている諸説になります。

 

調べてみると日本書紀に「十有二月(シハス)」といった言葉が記されていて、この頃は「師走」といった漢字は使われず十二月の後に「シハス」と書かれていたようです。

 

このことから、日本書紀当時から12月の事を「シハス」と呼んでいたことが分かりますので、「師走」という漢字が後に付けられた「当て字」だと言う事になります。

 

日本書紀・万葉集にも使われていたことを考えるとこの諸説にも信憑性がありますよね。個人的に当て字説が由来になっているというのは、有力なのかなとも感じました。

 

私の考えでは日本書紀(奈良時代)から12月の事を「シハス」と呼んでいたが、その前項2つの考えが混合し現在の「師走」という字が誕生したのかな?とも思いました。。。しかし、こじつけ間もありますが。。。

 

まとめ

歴史って本当に奥が深いです。その時代にタイムスリップする事が出来ないので色んな憶測や推測をしてしまいますよね。「師走」に関してはこのブログに書かれていない事も色々ネットの中に埋まっていますので、興味がある方は調べてみるのも面白いですよ。

 

概ね「師走」に関しては今回紹介した3つが定説とされていますので、「師走」には3つの説があるということを知っておけば恥を掻くことはないのかな?と思います。

 

また、正月に初詣に行く人って多いと思うのですが、あなたは何処に初詣に行っていますか?神社ですか?それともお寺ですか?

 

どちらに初詣に行くのが正しいのでしょうか!?

 

>>>初詣は神社と寺どっちに行くといいのか?


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ