今回は平成28年の土用の丑の日っていつ!?うなぎを食べるその理由を紹介してみたいと思います。土用の丑の日といえば、

 

「鰻!ウナギ!うなぎ!」

 

と世間では騒がれるわけですが、一体なぜ「ウナギ」を食べる風習が日本にはあるのでしょうか!?不思議ですよね。ってか、今年(2016年)の土用の丑の日は何月何日なのでしょうか!?

 

今回はそんな「土用の丑の日」がいつなのか、そしてウナギを食べるようになった理由や由来についての紹介です

平成28年(2016年)の土用の丑の日

「土用の丑の日」近づくと何かと「うなぎ!うなぎ!」と騒がれるわけですが、今年の「土用の丑の日」はいつなのでしょうか!?分かりやすく表にしてみました。

土用の丑の日(冬) 1月20日(水)、2月1日(月)
土用の丑の日(春) 4月25日(月)
土用の丑の日(夏) 7月30日(土)
土用の丑の日(秋) 10月22日(土)、11月3日(木)

何と!「土用の丑の日」って春夏秋冬すべての季節に存在するんですね。これには私もビックリしました!

 

しかし、何故一つの季節に「土用の丑の日」あるのでしょうか!?

 

 【豆知識】

土用の丑の日の『土用』というのは、

「立春」・「立夏」・「立秋」・「立冬」の直前の約18日間を指します。

 

<2016年の場合>

「立春」・・・2月4日
「立夏」・・・5月5日
「立秋」・・・8月7日
「立冬」・・・11月7日

 

そして、先人は「年」・「月」・「日」も各それぞれを12支(干支)で数えていたのです。どういう事かというと、例えば1月を子(ねー)とすると2月が丑(うし)、の様に順番に数えていたのです。

 

これは「月」・「日」も同じように当てはまります。なので、今日は寅(トラ)だから明日は卯(う)だね!の様な感覚です。

 

これがいつ頃から云われるようになったのかは定かではないですが、今年(2016年)の場合は「立春」と「立冬」の直前の18日間の間に「丑の日」が2日間あったということになります。

 

何となくは分かりましたか??なんか、日本の歴史の奥深さみたいなものを垣間見ることが出来ましたね。。。w

 

sponsored link

ウナギを食べる理由とその由来について

先述の通り「土用の丑の日」春夏秋冬にあることは分かりましたが、なぜ夏の「土用の丑の日」に『うなぎ』なのでしょうか??こちらの表を見てみて下さい。

土用の丑の日(冬) 【未の日】に「ひ」の付く食べ物、又は「赤い」食べ物
土用の丑の日(春) 【戌の日】に「い」の付く食べ物、又は「白い」食べ物
土用の丑の日(夏) 【丑の日】に「う」の付く食べ物、又は「黒い」食べ物
土用の丑の日(秋) 【辰の日】に「た」の付く食べ物、又は「青い」食べ物

これは春夏秋冬の土用の丑の日に限定した表で、【】の日にそれぞれの食べ物を摂ると良いと云われているものを表したものになります。したがって、「夏」の「土用の丑の日」は「う」が付く食べ物で「黒い」食べ物ということで『うなぎ』が合致したんですね^^

 

そして更に「うなぎ」を食べる由来として濃厚な説が、かの有名な『平賀源内』説ですね^^

 

平賀源内(ひらがげんない)
hiragagennai01
・1728~1779(享保13~安永8)

・江戸中後期に本草学者・蘭学者・作家・発明家などの万能科学者として活躍

・オランダ製の静電気発生装置「エレキテル」の紹介をした人物

 

これは、知っている人も多いかもしれませんが、その昔、夏場にウナギが売れない近所のウナギ屋に、

 

「どうにかウナギを売る方法は無いものか。。。」

 

と平賀源内は相談され、土用の丑の日に、

 

「本日、土用の丑の日!!」

 

といった張り紙(今でいう看板ですね)を張りそれと一緒に、

 

「ウナギは薬にもなる」

 

と宣伝したところそのウナギ屋さんは大繁盛したという一説です。まぁ、この諸説が最も有名なので恐らく「土用の丑の日」に「ウナギ」を食べる習慣が身についたのはこの言い伝えの影響が大きいのでしょうね(^^♪

 

しかし、何百年も前から「ウナギ、ウナギ!」と言われていたのには驚きですね。そして「鰻」にはビタミンA、B群が豊富に含まれています。

 

夏に突入した7月に食べるのは「夏バテ」予防にも非常に効果的なんですね!

 

なので、夏の「土用の丑の日」に「ウナギ」というのはとても理にかなっていることになります(^^)v

 

あとがき

土用の丑の日にウナギを食べる理由がこういったことから来ていたのは私も知りませんでした。季節の変わり目(土用)というのは体調も崩しやすい傾向にあります。

 

こういう時こそ特に夏の「土用丑の日」は是非、栄養価の高いウナギを食べて精を付け、暑い夏を乗り超えましょう!!

 

[関連記事]

⇒うなぎ以外にも夏バテに効果的な食材があった!

⇒ビールを飲み過ぎると太るのか!?原因は意外なところにあった!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ