今回は5月病とは何かわかりやすく説明してみた!なりやすい人とは?という題で紹介したいと思います。

 

5月に入ると自然と気落ちしてしまう人もいるのではないでしょうか!?

 

もしかしたらそれ、5月病かも!?しかし、漠然と5月病とは言われているものの実際、

 

「5月病って何なの!?」

 

ってほとんどの人が思っているはずです。なので今回は5月病とは何なのか?ということで分かりやすく解説したいと思います。

五月病とはどんな症状なの!?原因は何!?

まず初めに5月病とは何なのか!?

新年度の4月には入学や就職、異動、一人暮らしなど新しい環境への期待があり、やる気があるものの、その環境に適応できないでいると人によってはうつ病に似た症状がしばしば5月のゴールデンウィーク明け頃から起こることが多いためこの名称がある。「さつきびょう」は誤読。医学的な診断名としては、「適応障害」あるいは「うつ病」と診断される。

引用元:Wikipedia

そうなんですね〜。要は新しい環境に身を置く事で心身の疲れがグッときてしまった場合にうつ病にも似た症状が出てしまうことの様ですね。

 

確かに、4月に入ると新しい環境になる事が多いです。学生なら、

  • 入学して新しいクラス環境での勉学
  • 進級によるクラス替え

社会人であれば、

  • 入社して今までとは違う環境に身を置く
  • 人事異動などで今までの部署とは違う環境で働く

などいろいろいな原因があるかと思います。

 

やはりこれらは「ストレス」に繋がりやすいですよね。

 

実際私も新しい会社に就職をした際に、何もかもが新しいことの連続で、5月に入った時に一気に疲れが押し寄せてきて何もする気力が無かった。。。なんて事が過去にありました。

 

そして特に5月はゴールデンウィークのある月でもあるので、ゴールデンウィークを過ぎたあたりに、その緊張の糸が切れてしまい、ストレスの激流に精神をやられてしまうんですよね。

五月病の症状 とは?

では、5月病の症状というのはどんなものがあるのでしょうか?

 

簡単にいうと5月病はうつ症状にも似ていて、

  • 無気力感
  • 不安感

などが心身共に一杯になってくるといった症状になります。

 

そして焦りなどが徐々に出てきて自分に自信が持てなかったり、その為、人と会うのが嫌な気分になりがちです。

 

また、体に出る特徴して、不眠が多いと言われています。

 

やはり人は心にストレスを抱え込んでしまうとなかなか熟睡できる状態にはなりません。

 

実際私も過去を思い返してみると、会社関係での不安や自分の立ち位置、また同僚との不仲などがあった時は布団の中に入っても色々考えてしまって結局、不眠の状態で会社に行ったってこともありました。

 

やはりそうなってしまうと、

  • 食欲不振
  • めまい
  • 動悸
  • 疲労

などの症状が出てきます。こういった症状が1週間以上続く様なら5月病の可能性が非常に高いです。

 

症状が重くなってしまう前に必ず、心療内科を受診することをお勧めします。

 

まだ、学生の間であれば学活などでストレスも発散できる機会もありますが、会社勤めの人であると仕事になりません。

 

もっと言えば、同僚から「あいつはやる気のないヤツだ!」なんてレッテルを貼られてしまうかもしれません。

 

そんな事態になる前に自己防衛を含めて、ストレス発散方法を実践したり、症状が重いと感じる場合は心療内科を受診をする様にしてみてください。

sponsored link

五月病になりやすい人はどんな人?

1番目は「真面目で全てが完璧でないと気が済まないと言う人」

2番目に「責任感が非常に強い人」です。

 

この1と2においては、客観的にみてみてもとてもいい人に思えるのですが、裏を返せば生真面目過ぎて融通がきかない、その為に人との繋がりが上手く持てなく行き詰ってしまいがちだとも言えます。

 

そして3番目は「内向的で人に相談せずに辛い事全てを自分の中に押し込めてしまう傾向のある人」です。

 

人は誰かと会話をすることで張り詰めていた心も穏やかになります(友人や親、信頼している人)。

 

しかし、そんな相手が周りにいない場合は悩みを打ち明ける事ができませんので、どうしても溜まったストレスを抱え込んでしまいがちです。

 

そうなってしまうと必然的に体に不具合が出てきてしまい最悪の場合、「うつ病」または「適応障害」だと診断されてしまいます。

 

ではそんな5月病に対しての対処法はあるのでしょうか!?

5月病の対処法ってあるの?

5月病に一番効果的なのが、ストレス発散です。

 

ストレスというのは生きていく中で大なり小なり誰もが抱えています。しかし、そのストレスをどう解消していくかで今後の自分の活力が生きてきたり無くなってしまったりするものです。

 

あなたのストレス発散方法は何ですか?

 

私は一人カラオケです。最近は一人カラオケがかなり流行っています!一昔前だと一人でカラオケ行ったりすると、

 

「友達いないのかな!?」

「寂しいヤツだな〜」

 

なんて思われてしまいがちでしたが、最近はストレス発散方法の一つとして一人カラオケはかなりポピュラーなんですよ^^

 

しかも複数人でカラオケに行くとなかなか自分の番が回ってきませんが、一人だと毎回自分の番なので回ってこないことに対してのストレスさえありません。

 

なので1時間目いっぱい歌うだけでも大声を出すのでストレス発散効果は大きいです!

思い切り大声を出すと、心がすっきりするだけでなく、血行が良くなり、腹筋が収縮しておなかの働きもよくなります。するとおなかと反対側の腰にも良い影響を与え、腰痛を和らげる効果もあるのです。

引用元:大声健康法

こんなことも言われているぐらいですからね。

 

そう言っても「一人でカラオケはちょっと。。。」って人は枕に顔を埋めて大声を出すだけでも気分がスッキリしますのでお勧めです。

 

なんか、5月病から少し離れてきましたので話を元に戻すと、要は5月病になってしまう前に自分なりのストレス発散方法を実践しましょう!ということです。

 

旅をするのが好きなら旅行でもいいですし、友人と話す事が好きならカフェや居酒屋で思いっきり会話するのでもいいと思います。

 

また映画を見るのが好きな場合は、DVDを借りたり映画館に足を運んでみてもいいと思います。

 

ぜひ、自分なりのストレス発散方法を見つけてみましょう!定期的にストレスを発散する事で、精神的にも落ち着きが保てますので、勉学や仕事においても自ずといい結果が得られやすくなるはずです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?今回は5月病とは何かわかりやすく説明してみた!なりやすい人とは?という事で紹介してみました。

 

簡単にまとめてみると、5月病というのは新しい環境などでストレスの波に飲み込まれてしまい「うつ病」にも似た症状のことを言います。

 

そして5月病になりやすい人は、

 

「真面目で全てが完璧でないと気が済まないと言う人」

「責任感が非常に強い人」

「内向的で人に相談せずに辛い事全てを自分の中に押し込めてしまう傾向のある人」

 

だという事が言えると思います。

 

もし、これらに該当しそうなのであれば、ぜひ日頃溜まったストレスを発散する様に心がけてみてください。

 

そしてどうしてもダメな様なら、心療内科を受診して医師の助けを乞う様にしましょう!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ