子供を持つ親として子供の晴れ姿を見るというのは、人生においても生きがいを感じるひと時ではないでしょうか!?実際私にも息子と娘がいますが、年々成長していく姿を再確認できる場としても七五三のお祝いと言うのは欠かすことが出来ません^^

 

では、2016年の神社へのお参りの時期を少し調べてみたのでご紹介したいと思います(^^♪

七五三とは?

七五三とは言葉の通り三歳・五歳・七歳の成長過程の節目でもある歳に、近所の氏神様に参拝し、無事に成長したことを感謝しつつ今後の健やかな成長を祈願する子供の為のイベントです。そして七五三の由来として、

 

三歳・・・「髪置」
江戸時代の頃は三歳までは髪を剃る習慣があった為、それを終了する為の儀式という意味合いがあった。

五歳・・・「袴着」
男子が袴を着用し始める節目の儀式としての意味合いがある。

七歳・・・「帯解」
女子が大人と同じ帯広の帯を締める儀式としての意味合いがある。

 

という各それぞれの儀式から来ていて、武家社会での通過儀式だったものが、江戸時代の頃から広く一般的になったのです。現代の日本においては、

 

女の子・・・三歳七歳

男の子・・・五歳

 

の時に参拝するのがとてもポピュラーになってきていると思いますが、地域によっては男女関係なく三歳の時にお祝いの意味を込めて神社に赴くところもあるようです。

 

確かに江戸時代の武家社会では三歳までの男女共に髪を剃る習慣がありましたから、それに習っての事なのでしょうね。そして昔は数え年で七五三は多く行われていたのですが、最近ではほとんどが満年齢で行われているようです。

 

個人的な意見ですが、数え年だと三歳の場合、実年齢は二歳ですから着させる衣装と言うのが限りなく少ないんですよね。。。せっかくお祝いをするのだったら、親心としては自分も納得できる物を子供に着させてあげたいというのが本心ではないでしょうか?

 

よく「子供のイベントであって親のイベントじゃないからね!?」と言う人もいますが、自分の子だからこそ七五三という節目の日は大切にしたいし良い記念にしたいと思うんですよね^^

 

したがって私の場合はかなりでしゃばってしまうんですw

 

sponsored link

神社へのお参りはいつからいつまで?

基本的には11月15日にお祝いするのが最も一般的なのだそうですが、これと言って決まりは無いようです。その為、最近一番多いのが11月15日を基準にその前後一週間に参拝する人が増えてきています。

 

確かに11月15日と限定してしまうと全国の神社は人で埋め尽くされてしまいます。ご家庭の事情や都合の良い日に行うのが最近の七五三なのかもしれませんね(^^♪

 

では実際に今年のカレンダーを元に11月の中でもいつがいいのか少し見てみましょう!

11月

ん~、11月13日19日はほぼ間違いなく混むでしょう。混み具合を回避するとなると平日が一番良いのですが仕事の都合などを考えると平日は難しいですよね。。。

 

となると、11月10日16日と言うのは穴場かもしれませんね。いずれにせよ早めの予約が必須だと思われますので、頭に「七五三。。。」という文字が浮かんできた時に予約だけでも済ませておくのが得策かもしれません!!

 

私のとこの上の子が七五三をした時なんて参拝神社こそ何とか参拝できたのですが、記念撮影をする為にスタジオに行ったら芋を洗うんじゃないか!?ってぐらい人が湧き出てましたからね。。。是非そのようなことになる前に神社・スタジオ共に早め早めの予約をお勧めします^^

 

あとがき

子どもにとっても、親にとっても記念となる七五三という儀式ですが一番は子供の成長に感謝し、今後の子供の成長を祈願するという意味合いを念頭において、より思い出深い記念日にしてもらいたいものです。

 

もしかすると子供はこの日の事を覚えてはいないかもしれませんが、のちにこの日の写真を見たとき「ちゃんと七五三してくれてるんだ。。。」と必ず喜んでくれるはずです。

 

私の場合そういった記念写真が無かったので、子供達には七五三の写真は撮ってあげたいと強く想う訳なんですね。是非心にも写真にも残る「七五三」にしてくださいね^^

 

[関連記事]

⇒結婚式があるのに新札がない!土日に新札をゲット出来る意外な場所!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ