今回は赤ちゃんの日焼け止めはいつから使う?使い方や選び方!について紹介してみたいと思います。赤ちゃんの日焼け対策ってどうしてますか?

 

最近はベビー用日焼け止めをよく見かけますよね。子供が幼稚園の時も、幼稚園から赤ちゃんから使える日焼け止めのサンプルをよくもらってきました。私が子供の頃は、日焼け止めなんて使っていませんでしたが、年々日差しも強くなり、紫外線の量も増えています。

 

そのため、赤ちゃんも紫外線対策って大切なのです。

 

だって、ママ達は外に出るときには日焼け止めはもちろん、帽子、アームカバーなど紫外線対策ばっちりですよね?それなのに肌が敏感な赤ちゃんが何も対策しないで紫外線に晒されるのはちょっと心配です。

 

そこで今日は、赤ちゃんの日焼け止めはいつから使えばいいのかについて紹介してみたいと思います。また、日焼け止めの使い方や、選び方も紹介したいと思いますのでこちらも合わせて参考にして下さいね。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

赤ちゃんの日焼け止めはいつから使う?

naze

赤ちゃんの皮膚の厚みは大人の半分程度と言われています。そのため、肌の潤いを守る皮脂膜も少なく、敏感で紫外線によるダメージを受けやすいのです。

 

紫外線を浴びすぎると、将来皮膚ガンになるリスクが高まるそうです。

 

さて、赤ちゃんの肌は敏感なので、産れてすぐの日焼け止め使用はおススメできません。そもそも、産れてすぐはお外には出ませんもんね。

 

専門医に問い合わせたところ大体、生後3ヶ月頃から日焼け止めを使うことができるとのことです。しかし、日焼け止めを使うことができるからといって肌を露出しても良いというわけではないですので注意です。

 

出来るだけ、直接日光が当たらないようにしてあげましょう。

 

日焼け止めの使い方

tameshitemiru

それでは赤ちゃんに日焼け止めを使う場合、どのようにすればよいでしょうか。日焼け止めをつける際、一気につけてはダメです。ちょっとずつ、点々とつけてから、ムラがないように伸ばしていきます。もちろん、こするのはダメです。

 

赤ちゃんの肌は非常に敏感なので、優しくです!日焼け止めを塗る場所は、肌が露出している部分全てです。

 

顔、腕、足はもちろん、耳や首の後ろも忘れがちですがしっかり塗りましょう。

 

顎の下から首にかけてもです。そして、手の甲や足の甲なども忘れずに!顔に塗る場合、ママがクリームを顔に付けるように、おでこ、ほっぺ、鼻の頭、顎にちょっとずつつけて、顔全体に伸ばしてくださいね。

 

そして、一度塗ったら終わりではなく、こまめに塗りなおしてあげることが大切です。

 

汗やよだれで日焼け止めは落ちてしまいますからね。ただし、日焼け止めを初めて使う場合、目立たない場所で一度試し塗りをしてから顔に使うようにするといいですよ。

 

帰宅後は、出来るだけすぐに日焼け止めは流してあげましょう。もちろん、外出で汗もかいているでしょうから、シャワーなどしてあげると良いですよね。

 

シャワーの後は大人と同じで、しっかり肌の保湿をしてあげましょう。

 

sponsored link

日焼け止めの選び方

kaizenn

日焼け止めの使い方はお分かりいただけましたでしょうか?使い方を知った上で、赤ちゃんに使いやすそうな物を選ぶと良いですよね。まず大事なのは何度も言いますが「赤ちゃん用」であることです。

 

赤ちゃん用を選ぶ理由はやはり、肌へのダメージが少ない成分で作られているためです。

 

そして、簡単に洗い流せるものがおススメです。専用の石鹸などが必要な日焼け止めだと、やはり肌への負担も多いでしょうし、洗い残しが気になりますよね。

 

ただし、プールや海など、水遊びに行く際は、ウォータープルーフのものが良いでしょう。

 

目的によって、使い分けても良いですよね。

 

目的によって使い分ける際、もう一つ気をつけてみてもらいたいのが、[SPF]と[PA]の表示です。

 

ママの使う化粧品にも表示がありますよね?赤ちゃんの場合、

 

お散歩など日頃のお出掛けならSPF10〜20程度でOKです。

 

長時間の外遊び、海などのレジャーの場合はSPF20〜30程度がおススメです。

 

SPFは数値が高いと効果が長く続きますが、その分肌への刺激も多いということです。また、PAは+の数が多ければ効果が強くなります。他に、クリームタイプ乳液タイプもあります。これはママの使い勝手の好みですよね^^

 

赤ちゃんが嫌がるとうまく塗れないので、顔などは乳液タイプが個人的には使いやすかったですよ。でも、腕や足などはクリームタイプでしっかり塗ってあげていました。

 

赤ちゃん用日焼け止めのおススメ

花王 ニベアサン プロテクトウォータージェル こども用

 

ニベアというだけで、安心できますよね。サラッとした乳液というよりは、化粧水のような感じで、塗り直しも簡単に出来ました。もちろん、いつもの石鹸だけで簡単に洗い流せるので良いですよ。

ドクターシーラボ ベビーUVクリーム

 

ドクターシーラボは基礎化粧品も扱っていますよね。化粧品会社のものなので、ベビー用にしては割高な日焼け止めですが、その分安心して使うことができます。

 

パッケージもかわいいですよね。我が家では、この日焼け止めは顔をメインに使用していました。子供につけて残ったものは私の手の甲にもつけれるので、便利ですよね。

マミー UVマイルドジェル

 

これはポンプ式のジェルタイプなので使いやすいです。そして、なんといってもクマがかわいいので、子供も喜んでつけてくれます^^

 

ただし、この日焼け止めは推奨年齢が1歳以上となっていますので、注意が必要です。1歳くらいだと外遊びも活発になってくるので、ジェルタイプだとさっと腕や足に塗れて、塗り直しもしやすく便利です。

 

まとめ

いかがでしたか?最近では海外の赤ちゃんでもサングラスをして目の紫外線対策をしているくらいです。

 

日本でも紫外線量は年々増加しているので、私が子供の頃のように、肌を焼くことが良い!みたいな風潮は今はまったくありませんよね。できる限り、小さいうちから紫外線対策をしましょうという流れになってきています。

 

日焼け止めはもちろんですが、ベビー用の紫外線対策グッズもたくさんでてきています。日焼け止めと併用して、赤ちゃんの敏感な肌を守ってあげてくださいね。

 


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ