今回は赤ちゃんの水遊びはいつから?覚えておきたい3つの注意点ということで紹介してみたいと思います。赤ちゃんでも水遊びを楽しめる季節になってきましたね。

 

近所の小学校でも、プール掃除が終わり、水泳の授業が始まったようです。そこで今日は赤ちゃんの水遊びについて調べてみました。赤ちゃんはいつから水遊びを出来るのか、自宅と、施設プールに分けてご紹介します。

 

また、注意点についてもご紹介しますね。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

赤ちゃんの水遊びはいつから?

〜自宅編〜

jitaku01

 

自宅で水遊びと言えばビニールプールですよね。このビニールプールで遊べるのは大体7ヶ月程度からがベストだと言われています。この頃になると、赤ちゃんの腰が据わってきますよね。

 

そのため、水遊びの際ちゃんとお座りして遊ぶことができるのです。

 

もちろん、腰がしっかり据わっていれば7ヶ月よりも早くても大丈夫ですし、据わっていなければ7ヶ月でもまだ早いということですよ。ビニールプールって結構ツルツルしていませんか?

 

我が子が赤ちゃんの頃、室内だとしっかりお座り出来ていても、ビニールプールだと滑るのか安定が悪かったです。

 

自宅で水遊びをする場合、ビニールプールでも良いですが、我が家はビニールプールを広げるスペースが狭かったので、お風呂場でベビーバスで水遊びをさせていました。

 

また、小さいうちはわざわざビニールプールを買わなくても、100均の大きめのタライで代用することができますよ。

〜施設プール編〜

shisetupool

 

施設プールの場合は、施設によって決まりがあるはずなので、確認してから利用するようにしましょう。水深の関係から、身長制限がある場合もありますし、年齢制限がある場合もあります。

 

また一番多いのはオムツをしているかどうかということです。水遊び用オムツをしていれば利用できる施設もありますし、完全に外れていないとダメというところもありますよ。

 

レジャー施設のプールは結構規則が厳しいので、利用条件に注意してくださいね。

 

また、最近の習い事で人気のあるベビースイミングでは比較的小さいうちから入れることが多いようです。我が子が通っていたスイミングは生後6ヶ月から可能でした。6ヶ月だとオムツは外れていませんよね。

 

でも、水遊び用のオムツ着用でOKでした。我が子は腰も据わっていませんでしたが、ママが常に抱っこをしているので、腰が据わっていなくても良かったのです。

 

sponsored link

覚えておきたい3つの注意点

kikenn

 

注意点については自宅でも施設プールでも共通の3点をご紹介します。

 

しっかりと睡眠を取り水遊びの30分前までに授乳や食事を済ませて、準備体操もさせること

taisou

 

水遊びって、想像以上に体力を消耗するものです。そのため、しっかりと睡眠を取ることが大切ですよ。また、赤ちゃんのうちはお風呂も食後すぐは避けたほうが良いといいますよね。

 

水遊びも同じです。また、準備運動も大切です。

 

もちろん、大人のような準備体操は赤ちゃんには出来ないので、仰向けに寝かせて首や腕、足、腰など関節を動かしてあげると良いですよ。

プールで遊ばせる時間

jikann

 

赤ちゃんにとって長時間の水遊びはとても疲れてしまいます。目安としては1歳未満の赤ちゃんは5〜10分遊ばせたら休憩し、何度も休憩を挟みながら長くても2時間程度が限界です。

 

屋外で日差しがきついと、日焼けもしますし、更に体力を消耗してしまいます。日焼け止めもうまく使用してあげるといいですよ。ただし、施設プールによっては日焼け止め使用禁止のところもあるので、確認してくださいね。

 

自宅の場合はもちろん使用可能ですよね。また、自宅のビニールプールで水遊びする際、水温にも気をつけてくださいね。朝早い時間だと、入れたての水は冷たいですよ。

 

逆に、日中ずっと屋外においていたホースなどに溜まった水は想像以上に高温になっている場合もあります。使用前には水温を確かめてから使いましょう。

パパやママがしっかり監視

kannshi

これは一番大切ですよね。水は本当に怖いです!大人でもわずかな水深でも溺れてしまうことがありますから、赤ちゃんだと更に危険です。施設プールはもちろん、自宅プールでも座っていたのに、滑ってうつぶせに倒れてしまうということもないとは言い切れませんよ。

 

そのため、絶対目を離さず見ておいてあげましょう。

 

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんは腰が据われば水遊びを始めることができますよ。我が子は生まれた時から水に抵抗がなかったようで、沐浴もベビースイミングも全く怖がりませんでした。

 

でも、自宅は大丈夫でも、ベビースイミングやレジャー施設プールは怖がるという赤ちゃんも多いようです。レジャー施設は人も多いですからね。赤ちゃんが怖がる場合はしっかり抱っこしてあげて密着して安心させてあげると良いですよ。

 

しかし、水遊びには危険もつきものです。

 

この間、海外ニュースで庭に長時間おいていたホースから放水した際、ホース内の水が高温になっていて、かかった子供が大やけどをしたとありました。

 

ホースから水を出す場合は、まず人にかからない場所である程度出してから使用しないと大変なことになりますね。そして水遊びの後は、赤ちゃんの身体は結構冷えています。

 

自宅の場合はそのままお風呂に入れてあげても良いですし、シャワーでも良いでしょう。

 

また、施設プールの場合は帰るときはしっかりシャワーをかけてくださいね。最後に赤ちゃんにとってはプールでの感染症も心配ですこの辺りの知識もしっかり付けておくようにしましょうね。

 

⇒プール熱 咳がひどい!潜伏期間と感染経路には要注意!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ