今回は赤ちゃんの汗っかき対策と原因!改善方法は!?について紹介してみたいと思います。暑い季節、子供も大人も、エアコンの無い場所では汗だくです。

 

しかも近年、猛暑、真夏日がすごく増え、過ごしにくい季節となりました。

 

大人はなんとか自分で、汗に対する対策等練ることが出来ます。そして、なんだかんだ言っても子供は話す事が出来るので、対応出来ますが赤ちゃんってまだ自分の意思も伝えられません。

 

お世話をしている人が気付き、対応しなければいけません。そもそも対策はどうすればいいのでしょうか?


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

赤ちゃんの汗かきの原因

neccyuusyou

赤ちゃんはとっても汗っかきです。というのもあんなに小さくても汗腺の数は大人と同じなのですよ?赤ちゃんはまだ体の調節機能が未発達です。

 

湿度が高かったり、気温が高かったりするとうまく体温調節ができにくいので、たくさん汗をかくことで体温を調節しようとします。大人の場合は、自律神経などの機能が働いて体温をうまく調節してくれますが、赤ちゃんは汗をかくことでしか体温調節ができません。

 

そのためたくさん汗をかくのです。また、新陳代謝が非常に良いので、たくさんの寝汗をかきます。大人と違って、病気による多汗や、緊張やストレスは考えにくいのですが、まれに、病気も隠れていますので、

 

「おかしいな。。。」

 

と思った時は病院へ行って診断を受けてくださいね。

 

赤ちゃんの汗っかきの改善方法は?

taisaku

赤ちゃんは汗かきだからといって汗をかかない様にクーラーの利き過ぎた部屋で過ごせば、上手に汗をかけない大人になってしまいます。そうなると逆影響ですよね?

 

汗をかく事も大切で、赤ちゃんにとっては成長の一つです。ただ、汗をかいているのに、そのまま放っておいてはよくありません。肩を冷やすと風邪をひきやすくなり、お腹を冷やしてしまうと、下痢になってしまいます。

 

汗をかいてそのあとに布団をかけずに寝て、朝方になると気温が下がって体が冷える。こうなると完全に風邪をひくパターンになってしまいます。なので、汗をかかない様にするよりも、

  • 汗をかいたら、拭く!
  • 汗をかいたら、着替る!

が大事なのです。もちろん冷ない程度の、室温管理も必要です!

 

sponsored link

赤ちゃんの汗っかきに便利でしかもおススメ!

osusume001

赤ちゃんの汗ですが、大人も同じですが、衣服は出来るだけ綿100%の物を用意しましょう。あせもが沢山できると可哀想ですからね。

 

できるだけ汗をすいこんでくれる素材が良いです。そして、面倒ですが、やはり寝汗が冷え切る前に一度着替えさせてあげるのが一番です。ぐっすり熟睡している時間を狙って着替えができたらしてあげるのが良いですね。

 

どうしても、エアコンなどで調整したくない時に、体温が高めの赤ちゃんに、敷くだけでひんやりする素材でできた敷パットがおすすめです。冷感素材で作られているもので、ベビー専用のものも売ってあります。

 

最近はホームセンターにも安価で販売されているので、親子お揃いで揃えるのも良いかもしれませんね^^

 

急激に下げるのは良くないですが、あまりにも体温が上がって寝汗がひどいお子さんの場合は試してみるのもイイと思いますよ。

 

まとめ

朝までぐっすりの赤ちゃんの場合は出来るだけ起こしたくないのでできませんが、途中で起きてしまう赤ちゃんの場合は、夜中に一度水分補給をしてあげることも必要です。

 

発汗により、失われた水分、電解質を補給できるミルク以外のもの(カフェインを含まない麦茶など)を与えてあげましょう!あせもがひどくなると、トビヒになったりもするので注意が必要です。

 

そして赤ちゃんは気温や湿度が高すぎるとなかなか寝てくれなかったり、寝ていてもすぐに寝苦しくて起きたりします。使うことをあまり拒否せず、できるだけエアコンなどで気温などを調節してあげて、快適な睡眠がとれる環境をつくってあげることをおススメします。

 

布団もよく干してあげたいものです。汗でびっしょりになってしまうと、カビや菌が増殖してしまいますので衛生的にも良くないですしね。

 

ガーゼなどをうまく使い赤ちゃんに直接ふれるものは洗い替えを用意し、まめに洗いましょう!

 

そしてサーキュレーターなどを上手に使って、風邪が直接当たるのも避けましょうね!我が子が安心して快適に生活できる様にするのも私たち親次第ですから、大変ですが頑張りましょう!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ