今回は赤ちゃんの汗疹(あせも)予防対策やスキンケア方法について紹介してみたいと思います。最近の日本列島は夏場は連日35℃以上の猛暑日が続く日本列島ですね。高温注意情報が出されている地域も多いです。

 

湿度が高い日はもうぐったりしてしまいませんか?そして体中がベトベトします。我々大人でもこんな状態ですから、体温が高く、まだうまく体温調節できない赤ちゃんは汗だくだったりしますよね。

 

汗をかいたままだとまだ皮膚が弱い赤ちゃんは「汗疹(あせも)」になりやすくなります。この時期はこんな気温なので室内にいても汗をかきやすくなり、普段より汗疹にならないように気をつけてあげなければなりません。

 

そこでこの記事では赤ちゃんの汗疹予防対策やスキンケア方法について紹介したいと思います。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

赤ちゃんの汗疹(あせも)の症状とは?

asemo001

ところで汗疹の症状はどのようなものかご存知ですか?我が子が赤ちゃんだった頃、暑い時期よく汗疹になっていました。オムツのギャザー部分や脇、膝裏など汗がたまりやすい場所が赤くなっていたのです。

 

そして痛いのか痒いのかとても辛そうに泣いていました。少し大きくなると自分で掻いていたので痒かったのでしょうね。我が子の場合は赤い汗疹だったのですが、白い汗疹もあるのです。

 

白い汗疹は小さな水疱がたくさん出来るのです。

 

ただ、赤い汗疹のように痛みや痒みはないようです。

 

赤い汗疹は痛みや痒みがあるので、我が子の場合はすぐに小児科や皮膚科で汗疹の薬を処方してもらって、塗ってあげたり、こまめにシャワーを浴びせたりしてあげました。でも、白い汗疹は痛みや痒みがないのでそのまま放置しがちではありませんか?

 

白い汗疹も赤い汗疹も大して自覚症状がなかったとしても、細菌感染してしまうと、とびひになってしまうこともあるので気をつけなければならないのです。

 

汗疹が出来たらやっぱり小児科や皮膚科を受診したほうが言いのかなと私は思うのですが、その前に、汗疹が出来ないようにするほうが赤ちゃんにとってはいいですよね。出来ないようにするための予防対策として、

  • 汗をかきすぎない環境づくり
  • 薄着を心掛ける
  • 皮膚の清潔を保つ

が挙げられます。

 

赤ちゃんが汗をかきすぎない環境づくりが大切

ku-ra-

最近はニュースでもエアコンを上手に使用しましょうと言われていますよね。少し前まではエアコンの風は体に良くないと思われていましたが、ここ数年の猛暑は自然の風では赤ちゃんにとっては暑すぎるのです。湿度も高いですからね。

 

気温が低めでも湿度が5%上がると、体感気温は1℃上がるそうです。

 

ジメジメした日は特にエアコンのドライ機能をうまく使って温度調節をしてあげるといいのです。全く汗をかかない程冷やす必要はありませんが、暑すぎない室内環境を心掛けると良いのです。

 

sponsored link

赤ちゃんは薄着を心掛ける

赤ちゃんの衣服は夏に限らず、年間を通して大人よりも1枚少なくても大丈夫と言われていますよね。極端な話、お腹さえタオルで被ってあげていれば、オムツもしていることですし、実は肌着を着てなくても大丈夫なくらいなんですよ。

 

薄着にさせることで、汗をかき過ぎなくなります。よく寝ているときお布団を蹴飛ばす赤ちゃんいませんか?これ、実は暑がっているんです。足の裏を触ってみて冷えてなければOKです。

 

薄着も大切ですが、赤ちゃんの肌着は通気性の良いものを選ぶことも大切です。やはり、コットン素材がいいですよね。夏場はガーゼ生地も風通しが良いので結構おススメです。

赤ちゃんの皮膚の清潔を保つ

汗をかいたら着替えさせてあげるのは当然です。汗が乾くと冷えてもしまいますからね。すぐに着替えができない時は汗を拭いてあげるといいですよね。

 

そして自宅なので着替える場合は出来ることならシャワーをさっと浴びせてあげるほうが良いと我が子が赤ちゃんの時は小児科の先生に言われました。

 

そしてオムツもこまめに替えてあげることが大切です。汗だけではなくって、細菌が増えると汗疹は悪化します。そのため、オムツ替えはこまめにしたほうが良いですよね。また、赤ちゃんの肌はデリケートなので保湿をしてあげることも大切なのです。

 

こまめにシャワーすることは清潔に保つためには大切ですが、あまり洗いすぎると肌のバリア機能が失われてしまうのです。

 

もちろん、汗をかくことでも機能は落ちてしまいます。その状態で、掻いたり、細菌等が入ると湿疹ができたり、汗疹が悪化してしまうのです。

 

出来るだけ肌が乾燥しない状態を一年中保ってあげると良いのです。そして、体を洗う時は泡たっぷりでこすらず撫でるように洗ってあげましょう。赤ちゃんの肌は非常にデリケートですからね。

 

タオルで拭く時もポンポンと優しく拭いてあげるといいです。赤ちゃんの肌を普段から丁寧に扱ってあげることでバリア機能を出来るだけ保ってあげましょう!

 

まとめ

いかがでしたか?赤ちゃんの汗疹を予防するために日頃から保湿を心掛けたり、丁寧に扱ってあげることでまずはトラブル知らずの肌を目指すといいですよね。そして汗をかいたらこまめに着替えをさせたり、シャワーで流したり清潔にしてあげることが大切なのです。

 

また、汗をかきすぎない環境を作ってあげることも大切です。

 

夏の暑い時期は気温も湿度も高いので適度にエアコンを利用して快適な環境で過ごさせてあげることで、汗疹予防になります。

 

そして中には、拭いても拭いても汗の止まらない「多汗症」の子もいたりします。汗っかきで済ますことのないようにしっかりとした知識を持っておきたいですよね。

 

>>>【多汗症】手・足・顔の汗対策!代謝がイイって本当!?


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ