赤ちゃんが誕生すると何かと用意しなくてはいけないわけですが、その中の一つに赤ちゃんの遊び道具(おもちゃ)は何がいいか?というのもあるのではないでしょうか?赤ちゃんに与えるおもちゃによって体の成長や脳の成長を促進させることもできます。

 

しかも最近の赤ちゃん用の遊び道具(おもちゃ)は、科学的な根拠をもとに作られているものもあり、成長という観点からすると一昔前のものとは比べ物にならないくらい進化を遂げています。

 

今まさに、赤ちゃんが生まれた家庭もこれから赤ちゃんを迎える家庭でもお勧めしたいおもちゃが幾つかあります。

 

今回はその中でも厳選してお勧めできるものを3つ紹介してみたいと思いますので是非参考にしてみてください。

赤ちゃんの遊び道具でおススメその1:6WAYジムにへんしんできるタイプのオルゴールメリー

01

私の経験も含めてお勧めできるおもちゃとして「6WAYジムにへんしんできるタイプのオルゴールメリー!」は最高だと思います。このおもちゃが何故お勧めなのかと言いますと、1番は赤ちゃんの成長に合わせて長く使っていけるという点です。

 

ベットメリーとしてベットに取り付け音楽を流すこともできます。この音のバリエーションもとても豊富で、優しいものが多く、中にはお母さんの心臓音に近い音も収録されているのです。

 

このお母さんの心臓音は赤ちゃんが泣き止む音としても注目された音で有名ですよね。

 

そしてベットメリーだけではなくもちろんフロアでも使うことができます。さらにこのおもちゃにはライトが付いていますのでナイトメリーとしても使えれます。

 

さらには赤ちゃんの成長過程の中で手足を伸ばす時期があるのですが、この時にもこのオルゴールメリーは活躍してくれます。

 

また6ヶ月くらい経ってからは赤ちゃんもお座りができるようになってきますので、おもちゃについているボタンを押して遊ぶこともできます。さらにつかまり立ちを始める頃にもこれは役に立ちますので、1歳になる頃まではかなり使えるおもちゃだと言えます。

 

しかし、難点なのが電池式なので1歳になるまでにかなりの電池を購入することになるかも知れません(笑)

 

しかし、長く使えるおもちゃとしてはこの「6WAYジムにへんしんできるタイプのオルゴールメリー!」はかなりお勧めだと思います。

 

>>>6WAYジムにへんしんメリー

 

赤ちゃんの遊び道具でおススメその2:Oball オーボールラトル

02

人間の脳の神経は、2歳までの間に約60%できあがるといわれています。そこで、早い時期から指先の遊びを取り入れていきたいものですよね。それに役立つおもちゃとしてこの「Oball オーボールラトル」はお勧めです。

 

この「Oball オーボールラトル」は赤ちゃんが持ちやすいボール型のおもちゃで、にぎる・ころがす・ふって音をならすはもちろん、万が一自分で顔にぶつけてもさほど痛くないので(力加減によりますが)安全です。

 

お家に居る時はメリー等で気をそらす事が出来ますが、外出した時も、おもちゃは必要です。

 

オムツを変えたりする時に、握らせて遊ばせておいたり、車や移動車内で気をそらせるのにも便利です。軽くてかばんにポイっと入れれるものが便利ですよね。汚れてもさっと洗えるので衛生面を考えてもお勧めです。

 

ぬいぐるみなども可愛くて良いのですが、衛生面を考えると。。。って人もいますよね?そんな時はこの「Oball オーボールラトル」は活躍してくれると思います。

 

>>>オーボール(Oball)

 

赤ちゃんの遊び道具でおススメその3:ジャンパルー(ベビーバウンザー)

03

首がすわり、寝返りができるようになり、ちょっと自分で動けるようになると、赤ちゃんは動きたくてしかたない!でも動けない!で
ぐずってぐずってママは抱っこ・・・・腕も肩も腰も悲鳴をあげるように。。。

 

そんな時のお助けアイテムでベビーバウンザーがあります。歩行器のような形状ですが、飛んだり跳ねたり出来るものです。中でも、「ジャンパルー」は欧米で大人気の安全にジャンプ遊びができる赤ちゃん用のおもちゃです!

 

ジャンプすると楽しい音楽が流れ、赤ちゃんもノリノリで楽しめます。

 

思いっきり跳ねて運動神経も鍛えられ、ノリノリ音楽でリズム感も鍛えられる素敵な商品です。ご飯の用意や洗濯物をするときに、見える位置で、ちょと手を空けたいときに便利です。

 

何かとママは忙しいので、こういったアイテムがあると本当に助かります。
>>>レインフォレスト・ジャンパルー

まとめ

いかがでしたでしょうか?もちろんここで紹介したもの以外にも最近はとても充実している赤ちゃんの遊び道具(おもちゃ)は沢山あります。ネットや本でも最近は調べることができますので、「あ!これいいかも!?」と思ったやつはこまめにメモを取っておくといいですよ。

 

赤ちゃんの発達を手助けることができるのは私たち親ですし、その補助として今回紹介した遊び道具を取り入れてみるのもいいですよね。

 

また、赤ちゃんの頃は脳も柔らかいスポンジのようなものなのでどんどん吸収させてあげることで、将来色々な選択肢を与えることができるかもしれません。

 

だからと言ってあれこれやらすのではなく、程よく色々なものを体験させてあげるようにしましょうね。


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ