今回は赤ちゃんの鼻水の吸い方のコツと オススメの吸引器の選び方!について紹介してみたいと思います。赤ちゃんが鼻水が出ていたり、詰まっているとかわいそうですよね。

 

息はしにくそうだし、鼻の周りも赤くなってかわいそうだし。。。それにこの鼻水、放っておくと中耳炎になってしまのです。ちょっとの鼻水と思っても、吸ってあげないと大変なことになる場合もあるんですよ!

 

そこで今回は赤ちゃんの鼻水の吸い方のコツと吸引器の選び方について紹介してみたいと思いますので参考にしてみて下さい。

赤ちゃんの鼻水を吸引する方法

注意

鼻水を吸引する方法ですが、どうやって鼻水を吸引するかのがいいでしょうか?赤ちゃんはそう簡単に鼻水をとらせてはくれませんよね。一番確実に吸引できるのが『耳鼻科』です。

 

そりゃ当然です!赤ちゃんにも慣れた耳鼻科だと泣こうが暴れようが上手に鼻の奥の鼻水まで吸ってくれます。

 

初めは嫌がって泣き叫びますが、やっぱりキレイに吸い終わるとスッキリするので嬉しそうですよね。そして、鼻水を吸うだけではなく、耳も診てくれますから、中耳炎で苦しむ心配も少なくなります。

 

とはいっても、やっぱり鼻水がなくなるまで毎日通うのも疲れるし、他の病気をもらったらなんて考えてしまいますよね。自宅で耳鼻科まではとはいきませんが、鼻水を吸引する方法もあるので紹介したいと思いますね^^

赤ちゃんの鼻水が粘り気のある場合

鼻水に粘り気があって、入り口まで出ている時は、吸引ではないですが、綿棒で巻き取るようにしてあげると結構取れます!

 

これなら赤ちゃんが寝ている一瞬でもできますよね。わたあめのわたを巻いていく感じに似ています(笑)でも、鼻の奥まで入らないように気をつけることが大切です!

赤ちゃんの鼻水がサラッとしている場合

今度は逆に垂れるくらいサラッとした鼻水の時はティッシュやガーゼを鼻の入り口において吸わせるといいです。ただ、これもその場しのぎでスッキリするかは微妙なのですが。。。(笑)

 

しかも毎回毎回この方法でしていくとティッシュやガーゼの繊維に肌が負けてしまい鼻の下が赤くなってしまう場合がありますので、少し注意しておきたいものです。

 

そう考えると、自宅で一番最適なのは『鼻水吸引器』を使用することですね!次はタイプ別に吸引器を紹介したいと思います。

 

sponsored link

大きく分けて吸引器は3種類

鼻水吸引器は、

  • スポイトタイプ
  • ストロー状の管を使って親が口で吸うタイプ
  • 電動タイプ

があります。スポイトタイプ、ストロータイプはドラッグストアや赤ちゃん用品店に置いてあり、価格も1000円前後と比較的手軽に買うことができるので便利です。

 

持ち運びも簡単なので、旅行のときも念のためと持って行きやすいですよ。

鼻水吸引器その1:ストロータイプ

親が鼻水を吸うため親の口に入ってしまうという難点が昔はありました。しかし、最近のものは容器に管が2本ついているので、鼻水が口に入ることは殆どないように作られていて衛生面でも安心できる構造になっています。

 

また、手入れも簡単なので個人的にはおススメです。サイズもママのポーチに入れてもかさばりません。

鼻水吸引器その2:スポイトタイプ

こちらも試しましたが、私個人としましては、やっぱり吸うほうが取れるような気がしました!ストロータイプのように吸引力を調節する事が出来ないのでその点はマイナスかもしれません。。。

鼻水吸引器その3:電動吸引器

これは鼻に吸引器を当てて吸うのですが、慣れるまで難しいです。

 

⇒こちらの動画を観ても分かるのですが、思ったより機械の音が大きいんですよね。そしてうまく吸うために鼻に押し当てるので動けば動くほど、痛がります。。。動画の様に慣れれば大したこと無いのかもしれませんが。

 

そしてなんといっても価格が数千円のため試しに買ってみるというのは難しいですよね。

 

勢いよく買ってみたものの、全然使えなかったというのではもったいないですし。。。少し前テレビで紹介されていたんですが外国の方で掃除機に吸引器を付けて子供の鼻を吸っていた映像があったので衝撃を受けました(笑)

 

というわけで、おススメはストロー状の管で吸うタイプですね。これならお試しにでもOKですし何より持ち運びが便利なのがgood!!

あとがき

我が家では、上の子も下の子もストロータイプの吸引器を使用していました。普段はできる限り耳鼻科に行く様にしているのですが、子供って病院が閉まっているときほど体調を崩すんですよ ね(泣)

 

過去に長期休暇中、一度鼻水をそのままにしていて急性中耳炎から滲出性中耳炎になり、大変な思いをしたことがあります。子供もすごく痛がってかわいそう だったし、その後の治療のために毎日通院するのも大変でした。

 

これをきっかけに、我が家ではちょっとでも鼻水が出てきたら、吸引器で吸うようにしています。今では自分で鼻がかめるので必要ないですが、うまくかめないうちはやっぱり必須アイテムですよね。

 

そして鼻水が出てると気になるのが目やにですよね。

 

やはり鼻水と目やには関係性があります。その関係性については⇒「子供の目やにの原因は風邪や鼻水!?その時の対処法について!」に書いてみましたので参考にして下さい。


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ