今回は赤ちゃんの名前で季節を取り入れるならこの名前!について紹介してみたいと思います。産まれてくる赤ちゃんの名前ってなかなか決めれないですよね。

 

最近は春夏秋冬の生まれた季節にちなんだ名前付ける人も多いです!そして名前はこの世に生まれて一番最初のプレゼントにもなります。たった一つのものだからいっぱい考えて素敵な名前を付けてあげたいと思うのでみなさんとても悩むのです。

 

そんなあなたに今回は春夏秋冬の名前を提案したいと思います。

赤ちゃんの名前:春の季節を取り入れる場合

haru

春生まれの赤ちゃんは全体的に柔らかい響きの名前が人気です。また、春に関係する漢字は美しいものや可愛いが多く、バラエティに富んでいて組み合わせや読み方も迷ってしまいますね!その中で人気No.1を獲得したのが、

 

男の子なら「颯太」くん

女の子だと「心桜」ちゃん

 

でした。読み方は上から「そうた」「はやた」、「こころ」「こはる」「みさ」「ここな」など漢字は同じでも読み方はいろいろです。
どちらも春らしい名前ですね!

 

また、「花音」(かのん)、「春馬」(はるま)などの「花」や「春」といった漢字を使った名前も人気でした。(この二つは芸能人でもいますよね^^)

 

赤ちゃんの名前:夏の季節を取り入れる場合

natu

 

夏生まれの赤ちゃんは、読み方などで夏を表現することが多いようです。色々見てみると漢字も爽やかなものが人気でした。その中で人気だったのは「」・「」でした。

 

読み方は「あおい」「ひまわり」、「あおい」「みどり」と読むことが多く、変わったところでは「あくあまりん」と読むという名前もありました。

 

ただ、「あくあまりん」はキラキラネームになるのでしょうね。(ちょっと。。。って感じですが。。。)また、漢字の「海」を使った名前も人気がありました。

 

まさに夏生まれといった印象ですね!

 

赤ちゃんの名前:秋の季節を取り入れる場合

aki

 

実りの秋というだけに、植物や花の漢字を使う人が多いです。その中で一番人気は「」で「かえで」や「もみじ」と読みます。

 

植物の名前は秋っぽさを演出するのにとても効果的です。他にも、

 

「椛」(もみじ)

「美月」(みつき)

「美穂」(みほ)

「稔」(みのる)

 

などが人気でした。秋生まれは漢字も読み方も美しいものが多いです。また秋っぽい漢字も多くあるので、秋生まれの赤ちゃんを名付けは考えるのも楽しそうですね。

 

sponsored link

赤ちゃんの名前:冬の季節を取り入れる場合

huyu

 

冬生まれは綺麗な漢字が多いのも特徴ですが、他の季節と比べて冷たい印象になりやすく、冬をイメージする名前は結構難しいようです。その中で人気だったのは、

 

杏柚」ちゃん

誠柊」くん

 

でした。読み方は「あゆ」と「まさと」で、ほぼこの読み方の子が多いようです。その他に、

 

「椿」(つばき)

「柊花」(しゅうか)

「昴」(すばる)

 

などが人気でした。また、クリスマスをイメージした漢字の「鈴」を使った名前も多くみられました。冬をイメージする漢字は冷たい印象になりがちですが、その中で組み合わせで可愛い名前やカッコイイ名前ににしているようです。

読める!?読めない!?ビックリな名前

今名付けで話題になっているのは最近は定着しつつあるキラキラネーム。読めない名前がどんどん増える中、キラキラネームもどんどん増え、読み方も難解になっています。

 

その中で春夏秋冬にちなんだキラキラネームをご紹介します。

 

「苺愛」

 

こちらは何と読むかお分かりでしょうか?こちらの名前は「いちあ」と読むほかに「べりーあ」と読むようです。苺をベリーと読ませる当て字です。

 

漢字の読みを英語に当てはめたらもう一発では読めませんね(笑)

 

「星聖夜」こちらは冬っぽい名前ですね。何と読むかお分かりですか?こちらは「りいぶ」と読むようです。

 

聖夜の部分でイブと読むようです。こちらも漢字を英語の読みにしている名前で、これも一発では読めません(笑)

 

まとめ

名前は一生使うものです。生まれた季節を由来に名付けをするのも定番ですね。人気の名前でも読み方が何通りもあり、一発で当てるのは難しいですが、最近では当て字も定番化しているようです。

 

また、全体的に植物の漢字は人気が高く、上位ランキングにはかなり多くの植物の漢字が見られました。今、まさに名付けを考えている方も、将来の子の名前は何にしようかなぁと考えている方も、ぜひ参考にしてみて下さいね。

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ