今回は【赤ちゃん】男の子・女の子を産み分ける方法ってあるの!?について紹介してみたいと思います。赤ちゃんがほしい!でもどうしても男の子が!女の子が!という人も多いのではないでしょうか?

 

1人目はどっちでもいいからとにかく五体満足で産まれてくれればいい。

 

なんて思うのですが1人目男・・・2人目男・・・・女の子が欲しければ3人目は躊躇しますよね。あなたはどんな産み分けをされましたか?また、産み分けって可能なのでしょうか?


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

赤ちゃんの産み分けについて

akacyan

男女の性別の産み分けですが、よく男の子が出来る家は女が強くて女の子が出来る家は男が強い。とか聞いたことありませんか?私事ながらなるほど~と思いますが(笑)

 

実は、かなりの確率で産み分けは可能なのですが、勿論100%ではありません。何もしないよりは、産み分けがしたいのならためしてみるのも良いですね。そして出来るだけ、1人目から出来ることならば計画的に産み分けをした方が良いと思います。(保険の意味で(笑))

 

ちなみに、私は間違った解釈で、2人とも男の子でした。どうしても女の子が欲しかったのですが結果的には男二人仲良く遊べるし、お古は使えるしで、その方が良かったと思っていますが・・・・。

 

産み分けは沢山あるのですが、今回は性別の決まり方と合わせて、基本的な産み分ける方法についてまとめました。

 

ポイントは、「排卵日」と「精子の量」です。

 

基本の組み合わせと特徴

kumiawase

基本として、男女の決定は受精した精子で決まります。精子には女の子になる染色体をもつ精子(以下X精子と呼びます。)と男の子になる染色体をもつ精子(以下Y精子と呼びます。)の2種類があります。卵子はX染色体しかもっておらず、精子のどちらが卵子と受精するかによって性別が決まります。

 

染色体の精子が卵子と結合すると、XY染色体となって男の子が生まれます。

染色体を持つ精子が卵子と結合すると、XX染色体となって女の子が生まれるのです。

 

X精子の特徴(女の子)

  • 酸性に強くアルカリ性に弱い
  • 寿命が2~3日と長い
  • Y染色体よりも数が少ない
  • 動きが遅い

Y精子の特徴(男の子)

  • アルカリ性に強く酸性に弱い
  • 寿命が1日だけ
  • 数がX染色体の約2倍
  • 動きが早い

 

Y精子はX精子よりも数が2倍」という特徴をみると、男の子の方が産まれやすいの?と思ってしまいそうですが、膣の入口が酸性になっていて、多くはそこでなくなってしまうので、基本的に男女が生まれる確率は普通だと約50%と考えられます。

 

しかし、女性の膣内と子宮内は状態が異なり、膣内は酸性ですが子宮内はアルカリ性です。しかし、排卵日が近づくと膣内はアルカリ性に傾くとい特徴があります。また、性行為で女性が満足するとアルカリ性の粘液が分泌されて膣内がアルカリ性に傾きます。

 

つまり、膣内が酸性だと、酸性に弱いY精子は生き残ることが難しくX精子が生き残りやすいので女の子が産まれやすく、逆に膣内がアルカリ性だと男の子が産まれやすいのです。

 

sponsored link

赤ちゃん産み分け作戦

fufu

 

男女を産み分ける方法は、上記の理由より、X精子(女の子)に比べて、Y精子(男の子)は酸性に弱い・活動力(生命力)が弱い点を利用したものです。産み分けで一番重要なポイントは「性行為をいつするか」です。

 

卵子が排卵される「排卵日」に精子と結合して受精卵になり、子宮内膜に着床すると妊娠が成立します。

 

・膣内が酸性かアルカリ性か!?

・卵子と結合するまで生き残ることができるか!?

 

この2点を考えることで、卵子にたどり着く精子をX精子かY精子かをある程度コントロールすることができます。よって、まず確実に排卵日を予測しなければいけませんが基礎体温を測るのはなかなか面倒です。

 

そこで利用する方法は、排卵検査薬です。

 

排卵直前に急上昇する黄体化ホルモン(LH)の尿中濃度を測って、排卵日を予測します。排卵検査薬が陽性になった日の1~2日後あたりが排卵日です。

女の子がほしい時

女の子の元になるX精子は酸性に強くアルカリ性に弱いので、膣内の酸性が強くなる排卵日2~3日前に夫婦生活を行いましょう。また、X精子は寿命が長いので2~3日前でも生き残ることができるのです。

 

また、女性の膣内が酸性のうちに精子を送れるように、できるだけ素早く短い時間で性行為を終えることも大切です。

男の子が欲しい時

男の子の場合、寿命が短く酸性に弱いY精子を生き残りやすくするために、アルカリ性に膣内が傾いている排卵日当日に夫婦生活を送ることが良いとされています。

 

そして女性を満足させると膣内がよりアルカリ性に傾くので夫婦で協力しましょう。

 

男性が精子の量を調整することも大切です。男の子を希望する場合は排卵予定日の3~5日前から禁欲することで、精子の量を増やしましょう。精子の量が増えることで、Y精子が卵子までたどり着いて受精する可能性が高くなります

 

まとめ

基本的な内容は上記の通りですが、赤ちゃんの産み分けは、しっかり計画を立てて取り組むことが必要で、パパの協力が必要不可欠です。焦らずリラックスした気持ちで取り組んでみましょう。しかし、必ず100%ではありません。

 

希望を満たす結果になるとは限りませんので、それだけは十分把握して実施してみましょう!一番大切なのは、その子供が両親に希望されて、ほしくてほしくて宿る事です。

 

理屈的に作られるものではありません。

 

結果がともあれ、望まれて、愛情たっぷりで出来たあらたな命がお腹に宿り、10カ月もの長い間お腹ですくすくと育って行くうちに、その命の重さと大切さが身にしみてわかります。

 

性別などどちらでも良いので五体満足で・・・健康第一!と思うようになります。

 

出産は家族にとってとてもすばらしい出来ごとです。男の子でも女の子でも可愛い赤ちゃんを笑顔で迎えてあげてください。7割から8割の確率で産み分けは可能と言われていますが、見渡した時に、女の子3人、男の子3人という様な家族構成を良く見ます。

 

実際、産み分けをされたかはわかりませんが、事実、問題など何もないとおもいます。愛情をたっぷりかけて、生まれる前も、生まれてからも大切にしてあげてくださいね!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ