今回は雨の日の辛い頭痛や吐き気の対策方法について紹介してみたいと思います。雨の日、ひどい頭痛に襲われたり、吐き気があったりすることってありませんか?

 

雨の日に限らず、季節の変わり目や台風前などにも頭痛や吐き気があるという人も多いです。

 

そこで今日は雨の日の辛い頭痛や吐き気の対策方法について紹介したいと思います。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

雨の日の頭痛や吐き気の原因は?

zutuu01

 

天気予報で明日は雨ですなんて聞くとなんだか頭が痛いし、胃がムカムカする・・・とずっと昔から思っていたんです、私。でも、これは雨だと出掛けるのが億劫だから気分的なものなのかなって思っていました。。。が雨の日になると体調不良になるのは私だけではなかったんです!

 

たまたま友達に雨の日はいつも頭痛がひどくって・・・という話をすると「私もそうだよ。それって低気圧のせいなんだよ!」と言われました!

 

実は気圧が低いと自律神経のバランスが崩れてしまうのです。

 

自律神経のバランスが崩れると頭痛や吐き気、めまいなどを起こしやすくなるのです。もちろん自律神経の乱れは低気圧だけが原因ではなく、酸素が薄かったり、光の変化による場合もあります。

 

でも雨の日は酸素が薄かったり、光の変化、湿度の影響もありますよね、そのため雨の日に頭痛や吐き気を感じやすくなるようです。

 

また、雨の日だけではなく、梅雨や台風のシーズンなど、気圧や気温の変化が激しい時期はこのような症状が出やすいようですよ。我が子は少し喘息持ちなのですが、急にゼーゼーし出したなと思うと、翌日雨だったり、台風が近づいていたりします。

 

頭痛や吐き気だけではなく、喘息にも影響があるようです。

 

気象病

kisyoubyou

 

実はこの雨の日に頭痛や吐き気など体調不良が生じることを最近では「気象病」と言うそうです。ただ、気象病のはっきりとした原因は分かってはいないのです。

 

先程もご紹介したように、気象の変化によって体調に影響を与えて起こる病気を総称して呼ぶのです。気象病の症状には、

 

・頭痛

・吐き気

・喘息

・関節痛の症状

・めまい

 

など、色々あり、気象病をきっかけに他の病気を引き起こしてしまうこともあるようですので、気象の変化によるものだから!と甘く考えず十分に注意をする必要があるのです!

 

sponsored link

対策方法

それでは雨の日の頭痛や吐き気を初めとする気象病についての対策方法についてご紹介します。

自律神経のバランスを整える

気象病の原因には自律神経のバランスの乱れが大きく影響してるため、自律神経のバランスを整えることが重要です。そのためにはストレスをためない、適度な運動、規則正しい生活がポイントとなります。

 

自律神経はストレスに非常に弱いので、普段からストレスをためないようにリラックスしたり、しっかり発散するように心掛けましょう!私がよく実践していることの中で半身浴があるのですが、これも自律神経を整えることを考えると効果的なんです。

 

さらに寝る前に湯船に浸かることは自律神経を整える効果があるといわれています。

適度な運動

そして適度な運動ももちろん大切です。身体を動かすと血圧が上がって、交感神経のスイッチが入ります。そうすることで気象病の症状が軽減されるのです。

規則正しい生活

また規則正しい生活も重要です。体調が悪い時に、気圧や気温の変化があると更に自律神経のバランスが崩れ、その働きが低下してしまいます。規則正しい生活を送るためにもしっかり睡眠時間を取ることが重要です。そして、朝は太陽の光を浴びて交感神経のスイッチを入れましょう。

気圧の変化をチェック

また、気圧の変化を事前にチェックしておくこともポイントです。雨の日に辛い頭痛があるのなら、出来るだけ雨の日に不要な予定を入れないようにして身体を休めてあげると良いですね。

 

とはいえ、雨の日は寝て過ごすなんてこと普通はできませんよね。そのため、気圧の変化が激しそうな日は事前に頭痛薬を服用しておくと少しは症状が緩和されると思います。

 

ではその気圧の変化をどのように調べるのか!?というと、便利なアプリも登場しているのです。

気圧の変化を調べるアプリ「頭痛−る」

「頭痛−る」というアプリを使用すると、自分の住んでいる地域の気圧の変化や天気が確認できるのです。このようなアプリやインターネットの情報を利用して予定を立ててみるのも一つかもしれませんね。

 

【iPhone版】「頭痛ーる」⇒インストールはこちら

冷暖房の使いすぎには注意

気象病の対策方法ではなく、予防として冷暖房の使いすぎに注意すると良いのです。最近は猛暑が続いているのでエアコンなしで生活することは難しいですが、ずっと冷え切った部屋で生活していると、屋外との気温差が激しすぎて、体調を崩してしまうのです。

 

人間の身体には気象の変化に適応する能力が元々あるので、出来れば室温と外気との温度差を5度以内に抑えるように心掛けましょう。そうすることで、気象や気温の変化による頭痛や吐き気など不快な症状を軽くすることができるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたか?昔から雨の日が続くと体調不良を起こしていた私ですが、てっきりサボり心からなのかなと思っていました(笑)でも実は気圧の変化が関係していたんですよね。

 

そしてまさに「気象病」と呼ばれていることには驚きました!そのまんまですよね。辛い頭痛や吐き気も自律神経のバランスを整えることである程度抑えることが出来そうですね。

 

また、気圧の変化をチェックしておくことで、頭痛薬を服用したり、予定を変更するなど色々対処することは可能です。

 

最近は夏と冬しかないような気候ですし、ゲリラ豪雨なども多く体調を崩しやすいですが、日頃から規則正しい生活を送ることで、人間本来の身体の機能を発揮させ、気象病を乗り切りたいですね!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ