ボジョレーヌーボー解禁日の意味とワインとの違いって知っていますか?毎年ニュースで必ず話題になるのがボジョレヌーボーの解禁話ですね。

 

何も知らずにニュースを見ている人は、セレブ達がなんやらワインのパーティーしてる・・・なんても思ってしまうような行事ですが、誰でも参加できる行事なのです。

 

何もしらないけど、今更聞けないし。。。と言う事で、ちょっと詳しく紹介してみます。解禁日の意味とワインとの違いについて知っておくと話題のネタになりますよ^^


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

ボジョレーヌーボーとは?

まず基本なのですが、「ボジョレヌーボー」とはその年に収穫された葡萄(ブドウ)を使い、フランス・ブルゴーニュのボジョレ地区で作られる新酒ワインのことです。

chizu01

同じ品種の葡萄を使って同じような作り方をしたワインでも、ボジョレ地区以外でできたワインをボジョレヌーボーと呼んではいけないことになっていますので、ボジョレーは産地で、ヌーボーというのは「新しい」という意味があるのです。

 

また、「ボジョレー(ボージョレ、ボジョレ)」と名乗ることのできるワインは、gamay(ガメ又はガメイ:赤ワイン)種、chardonnay(シャルドネ:白ワイン)種を使用したものに限られ、これらは法律によって定められているようです。
※白ワインは全体の生産量の約1%にしかあたりません。

ボジョレーヌーボー解禁の意味とは?

現在は11月の第3木曜日がボジョレヌーボーの解禁日になりその日の0時から販売されることになっています。2016年の場合だと、

 

11月17日の0時」

 

になります。今や季節行事としてすっかり定着したこのイベント。「毎年この日にならないと飲めない!」っという縛りがあることも、盛り上がる理由の1つかもしれませんよね。そこで疑問!

 

なぜこのボジョレーヌーボーに限ってだけ、解禁日が決まっているのか!?気になりますよね。

 

簡単に言うと中途半端なワイン(ボジョレーヌーボー)を出荷させないために設定されたのです。

 

もともと農民が今年の新酒を楽しもうとお祭り的にやっていたものがだんだんイベント化してゆき、輸出市場で11月の第三木曜日に解禁となったことで日付変更線の関係で日本がいちばん速く飲めることになり、フランス語の響きが新鮮だったこともあったのかバブル期をピークに大変なことになってしまいました。

 

もともとは、新酒の試飲会的な意味合いが強く「今年の葡萄のできはこんな感じ」と確認できればそれで良かったと思うのですが。。。どの国もお祭りが好きなんでしょうね^^

wainn01

そしてフランスという国はワインに関する規制がとっても細かいです。産地ごとに使っていい葡萄の品種とか製法とかがきっちり決められています。ボジョレヌーボーの解禁日もフランス政府が定めたそうなのです。

 

「解禁」というのはつまり、何か理由があってこの日まで禁止されていたということですよね?また解禁日が設定された理由は、ヌーボーがよく売れると気づいたメーカーが、競争を始めたためです。

 

解禁日に間に合う日までにきちんと作りこむことができますのでワイン生産者としてはとてもやりやすいですよね。中にはワインとしてはまだ出来上がっていないレベルのものまで出荷されることがあったようです。

 

それを防ぐために、この解禁日を設けることで、中途半端なものが出荷されなくなりました。

ボジョレーヌーボーの賞味期限ってあるの!?

「ボジョレー・ヌーボーを購入して20年後に成人した我が子と飲みたいな」と考えても・・・・・残念ながら無理なようです。

 

ヌーボーは『マセラシオン・カルボニック』という若飲みの出来る特殊製法で作られていて飲み頃は、翌年の3月頃までと言われています。なにしろ「ヌーボー(nouveau)」というのは先述したようにフランス語で「新しい」という意味でしたよね。

 

やはりその新鮮さがボジョレーヌーボーの楽しみの中の一つでもあるのでしょう!ちなみに国内でも「~ヌーボー」といわれる商品が既に売り出されているので、ボジョレにこだわらず、いろんな新酒を飲み比べてみるのも楽しいかもしれませんね。

 

sponsored link

ボジョレーヌーボーとワインとの違いは?

chigai001

ボジョレーヌーボーとワインの違いなのですが、主に、作り方の違いです。

 

ボジョレーヌーボーの場合は解禁に間に合わせるために通常のワインよりも早く出来る製造方法を採用しています。

ボジョレー・ヌーボーは、ぶどうを破砕圧搾する前に、密閉タンクにぶどうを入れます。そしてそれを、加熱・温度コントロールをし、ぶどう自体でアルコール発酵させます。その後、普通の赤ワインと同じく果汁を搾り、酵母を加えてアルコール発酵させ、おり引き、濾過、瓶詰めしてすぐに出荷されます。ブドウをつぶしてから発酵させるかつぶす前に発酵させるかが大きな違いですがこの違いによってボジョレーの独特の香りが生み出されています。

普通のワインは葡萄の果汁を醗酵させて作ります。

葡萄の糖分が醗酵作用によってアルコールになるわけです。ヌーヴォーは葡萄を絞らずに皮ごとタンクにつめてやります。

 

こうすると、醗酵によってタンク内に炭酸ガスが充満し、この炭酸ガスによってリンゴ酸分解酵素が活発化してリンゴ酸からアルコールが生成されます。作り方が違うので味や個性に違いが出てきます。

ボジョレーヌーボーの飲み方や保存など

wainnhozonn01

ボジョレーは仕込んでから約2ヶ月くらいで飲めるようになります。フルーティでさっぱりとした口当たりのワインで、渋みが少なくどんな料理にもよく合います。

 

普通、赤ワインは18℃前後(室温)が飲み頃温度ですが、ボショレーは冷して(10~13℃)飲むと美味しいです。

 

ワインは栓を開いた瞬間からどんどん酸化が進み、味が低下していきます。高級ワインはその日のうちに飲んでしまわないといけません。しかし、ボジョレー・ヌーボーやデイリーワインであればきっちり密封して冷蔵庫に保管することで比較的長く楽しめます。

  • 白ワイン・・・1週間以内
  • 赤ワイン・・・3日以内

がおいしく飲める目安ですが、なるべく早めに飲み切りましょう。やはり、秋から冬にかけてはワインを飲む機会が一段と多くなる時期です。値段も抑えられていますので気軽に楽しんでみてください。

 

まとめ

これだけ詳しくボジョレーヌーボーのことを説明しているのですが実は私はワインよりもビール派です(笑)

 

しかし、ボジョレーヌーボーに関してはフルーティーで口当たりも軽く幅広い年代に好まれていますので周りに流されて私も購入したりします。

 

サラリーマンの方であれば、上司との会話の中にボジョレーヌーボーのネタを話してみると案外盛り上がったりするかもしれませんね。実際私がそうでしたので^^

 

そしてボジョレーヌーボーは価格帯も比較的安価なので手に入れやすいですよね。

 

毎年11月になると話題になりますのでこう言ったトレンドを押さえておくと会話も弾むかもしれませんよ。

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ