母の日と違って忘れられがちな父の日ですが、お父さんも心ひそかに楽しみにしているイベントの一つです。そんな今年の父の日はいつなのか!?

 

そして私が厳選したプレゼント・ギフトをランキング形式でお伝えしたいと思います。

父の日の由来(起源)

父の日には子供も必ず「お父さんありがとう」のカードを幼稚園で作って帰ってきていました。でも父の日はカードのみだったのです。父の日も母の日と同じで、父に感謝を示す日であります。

 

そんな父の日ですが、どんな由来があるのでしょうか?もちろん、母の日があるから、父の日もという訳ではないですよ。きちんと由来があります!

 

日本では6月の第3日曜日が父の日です。今年(2016年)の父の日は6月19日です。由来に関してはアメリカと同じなんですよね。日本の父の日もやはりアメリカから由来しています。

アメリカの父の日は、1909年に、ソノラ・スマート・ドッドが男手1つで自分を育ててくれた父を讃えて、教会の牧師にお願いして父の誕生月である6月に礼拝をしてもらったことがきっかけと言われています。最初の父の日の祝典は、その翌年の1910年6月19日に行われました。

ということは、すでに母の日が始まっていましたね。そのため、父の日もあるべきだと考え、「母の日のように父に感謝する日を」と牧師協会へ嘆願して始まったようです。

1916年、アメリカ合衆国第28代大統領ウッドロー・ウィルソンが父の日の演説を行い、これにより父の日が認知されるようになりました。その50年後の1966年、これもまたアメリカ合衆国第36代大統領リンドン・ジョンソンが、父の日を称賛する大統領告示を発し、6月の第3日曜日を父の日に定めました

アメリカの正式な国の記念日に制定されたのは1972年です。元々はアメリカの別の人が提唱した母の日、父の日でしたが、思うところは同じなんですよね。

 

そして議会や大統領直々に制定した日でもあるのです。

 

では、母の日の花がカーネーションなのに対し、父の日の花は何だと思いますか?それはバラ(薔薇)なのです。

ソノラ・スマート・ドッドが、父の日に父親の墓前に白いバラを供えたからとされています。1910年の最初の祝典の際には、YMCAの青年が、父を讃えるために、父が健在の者は赤いバラ、亡くなった者は白いバラを身につけたと伝えられています。

では日本での父の日はどうでしょうか?日本では1950年頃から広まり始めました。そして、「FDC 日本ファーザーズ・デイ委員会」が1981年に設立されたのです。

 

翌年には第1回『父の日黄色いリボンキャンペーン』が開催されました。

 

「黄色いリボンでお父さんに贈り物をしましょう」

「親のいない子に愛の手を」

 

を柱として展開されました。アメリカでは白いバラが始まりだったのに、日本は「黄色いリボン」?って思いませんでしたか?黄色は元々イギリスで身を守るための色とされていました。

 

この黄色がアメリカにわたって「黄色いリボン」となり、「愛する人の無事を願うもの」となったのです。実は「黄色いリボン」は国際的なシンボルでもあるのです。また、 第1回『ベスト・ファーザー発表・授賞式』も1982年に開催されています。

 

こちらは毎年よく耳にしますよね?意外なことに、日本で父の日が一般的になったのは1980年代だったのです。母の日に比べると随分最近です。そして、アメリカからの父をたたえる日という由来だけではなく、日本の父の日は黄色いリボンキャンペーンなど色々な意味合いがあるようですね!

 

では、父の日におススメのギフトを年代別でご紹介したいとおもいます。

 

50代におススメのギフトランキング

第5位:お酒

なんといってもお酒ではないでしょうか?ご当地ものなどもおススメですし、名入れなど記念品もたくさんあります。お父さんの好みに合わせて選ぶのも楽しいですよね。

第4位:趣味に関するもの

趣味があるお父さんにはそれに関するものがいいですよね。スポーツをしている場合は、ウエアなどがおススメですよ。

第3位:健康グッズ

この年代はメタボを気にしている方も多いのではないでしょうか?自宅で簡単に出来る健康グッズや、万歩計など最近は色々あります。また、スポーツジムなどのお試し券などをプレゼントして新しく始めるきっかけ作りも良いですよね。

第2位:グルメ

グルメ好きなお父さんには人気のお取り寄せはいかがでしょうか?直接自宅にお届けでもいいですし、それを持ってみんなで家族団らんというのも素敵ですよね。

第1位:白髪染めシャンプー

一見何で!?って思った人もいるかもしれませんが、個人的にかなりおすすめなんです。だからと言って市販で売られている白髪染めをただ購入して「はい、どうぞ!」ではありません。私のおすすめする白髪染めは「利尻昆布ヘアカラーシャンプー」というものです。

 

50代のお父さんはおそらく白髪がかなり生えてきていると思います。高齢になればなるほど、白髪ケアは面倒なものですし中には、

 

もう染めない!白髪のまま突き進む!

 

なんてお父さんもいるかも知れません。しかし内心は「見た目だけでも若く見られたい。。。」そう思っているんです。この白髪染めシャンプーは普段使用しているシャンプーと交換するだけです。

 

なので、今まで通りシャンプーをするだけで徐々に白髪が染まっていくのです。だから市販のものと違い前日まで白色だったのが翌日には真っ黒!なんて不自然な感じもないのです。しかも、天然由来成分で作られていますのでお父さんの頭皮にもとても優しいのです。

 

でも本当に染まるの!?って思ってしまう方のために詳しく説明してみましたので是非参考にしてみてください。

 

⇒【白髪用】利尻カラーシャンプーは本当に染まるの?染まらない?

 

sponsored link

60代におススメのギフトランキング

第3位:洋服・趣味に関するもの・健康グッズ

これらは50代と同じですよね。そろそろ退職というお父さんには自宅でゆっくりくつろげる普段着、甚平などがおススメです。

第2位:お酒

お酒好きにはお酒は欠かせませんよね(笑)お酒だけではなく、おつまみもセットにすると楽しめますよね。我が家はお酒を贈る際に孫からのメッセージなども添えて渡したりしています。

 

そして近年良く利用しているのが板野酒造場のギフトです。甘酒から大吟醸までかなりの品を取り揃えていますので選ぶ側のこちらとしても楽しいですし、こそっと自分の分まで注文してしまいます(笑)

 

お酒にしたいけど何にしようか迷っているのであれば是非↓参考にしてみて下さいね^^


第1位:洋服

まだまだ現役のお父さんには、ネクタイやワイシャツなどおススメです。また、普段着としておしゃれな洋服をプレゼントするのもおススメですよ。

 

70代におススメのギフトランキング

第3位:旅行・洋服・お酒

ここはどの年代でもおススメですよね!

第2位:マッサージ

いつまでも元気なお父さんでいてもらうために、マッサージのプレゼントもいいですよね。思い切ってマッサージチェアなどおススメです。最近はコンパクトなマッサージクッションなどもたくさんあるので、お父さんにぴったりの物が見つかるといいですよね。これだと、お母さんも使えますしね!

第1位:食事

お母さんへのプレゼントと同じく、普段行かないような外食のプレゼントがおススメです。または、孫も含めてにぎやかに会食するのもおススメですよ。

 

あとがき

いかがでしたか?母の日も父の日も感謝を表す日に変わりはありませんよね。子供の頃は手作りの品を良く渡したものです。嬉しいことに実家に帰ると私が作った「○○券」が大事に保管されているんですよ。

 

学生の頃はアルバイト等もして経済的に余裕があったのでいつもよりちょっと豪華な食事などをプレゼントしていました。両親の誕生日にもそうするのですが、母の日や父の日は誕生日とはまたちょっと違った感じがしますよね。

 

そして結婚してからは自分の両親に加え、義両親へもプレゼントを贈っています。自分の両親だと何が良いかよく分かっているので選びやすいのですが、義両親への贈り物って悩みますよね。

 

あまり安価な物も申し訳ないし、食事をプレゼントしようと誘っても結局ご馳走になってしまうんですよね。逆に気を遣わせてしまうんですよね。でも、我が子が産まれてからは子供の写真を送るようにしていますよ。

 

比較的近くに住んでいるので結構行き来はするのですが、「アルバム」として渡すと喜ばれます。
5円プリントでおなじみの【ネットプリントジャパン】50枚以上のご注文で送料無料!

 

ちょうど学年が変わって4月に一年の写真を整理して5月の母の日に届けるというのが恒例化しています。

 

もう、母の日と父の日のプレゼントは一緒になっていますが、結構喜んでもらっていますよ。もちろん、それぞれの日にはメッセージカードを送っています。一言だけで送るのもと思っていましたが、子供が絵や文字をかけるようになるとメインは子供からのお手紙なので結構気が楽(笑)

 

母の日や父の日ではありますが、やっぱり孫からの手紙や写真が嬉しいようです。そして外食などを企画して家族みんなで一緒の時間を過ごせることも嬉しいようですね。

 


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ