私の住んでいる地方では、秋祭りの前夜祭を兼ねて子供達が提灯を片手に町内を練り歩く「提灯行列」という風習があるのですが、これが行われている地域って結構少ないんですね!

 

そこで今回はあまり知られていない「提灯行列」の由来や意味について少し調べてみたので気になる方は豆知識として覚えてみて下さいね^^

 四国地方の提灯行列

私の住んでいる四国、ミカンの国のある地方では秋祭りの前夜祭を兼ねて「提灯行列」という不思議な行事を子供達を中心に行います。これはだいたい夕方6時くらいから夜の8時くらいに行われるのですが、主にその町内を練り歩いて各家々の繁盛を祈願すると言った意味があるのだそうです。

 

子供達が各家々に訪問し、出てきた人からお金(子供会運営費?)を徴収しそのお返しに、「この家繁盛せ~!」と皆で一斉に唱和し祈願するのです。

 

私はこの地区で生まれ育ったので、この「提灯行列」に関しては全く違和感なく毎年参加していたのですが、どうやらこの行事は他の地方ではしていたりしていなかったりと、色々あるんですね。

 

そこでこの「提灯行列」の由来や意味について少し興味が湧いたので記事にしてみたのです!

 

そもそも提灯行列の由来って何!?

 提灯行列とは元々、戦に勝った時や祝賀の際にお祝いの気持ちを表すために人々が火の付いた提灯を片手に街を行列で歩く行事なのだそうです。 

1873年に開成学校の教職員が同校のミルレル教頭の誕生日を祝って行ったのが最初であるとされる。ところで,提灯行列の原型は、1860年に幕府使節がアメリカのフィラデルフィアを訪れた際に、手に手に花火を持った約3000人の市民が楽隊の演奏にあわせて市中を行進した歓迎行事に由来するという。 引用元:コトバンク

なるほど、元々はお祝いの祝賀行事として行われていたわけなんですね。しかし、何故私の住んでいる地方でこの提灯行列が行われるようになったのでしょうか!?かなり気になったので、町内会長に直接問い合わせてみました^^

 

すると、 「特に詳しくは分からないのだけども、秋祭りの一環として神輿かつぎの他に何か子供達が簡単に行えるような行事は無いモノかと考えた時に、祝賀行事でもある提灯行列を思いついた。」と言う事です。

 

何かパッとしない理由ですが、要は子供達を集めてその地方の結束を固め、地方の活性化を図った意図もあるのだそうです。まぁ、確かに元々はお祝いの行事なので悪い気持ちはしないですよね^^

 

しかし、個人的には子供達が訪問した時にお金を徴収するのはちょっと気が引けます。。。どうせならお菓子にしてくれたら。。。あっ!それじゃハロウィンになってしまいますね(笑)

 

私の住んでいる地域ではこの子供達が中心になって行う提灯行列は毎年の行事になっていて、この地区に住んでいる住人は提灯行列が始まると「秋らしくなってきたねぇ^^」と口を揃えて言います!

 

確かに提灯行列の行われた翌日は秋祭りなので、秋らしいとも言えます^^

 

sponsored link

提灯行列が有名な地域

実はこの提灯行列を町を挙げて行っている地域もあります!その地域と言うのが福島県会津若松市で行われている「会津まつり」の提灯行列です。

 

「会津まつり 提灯行列」ではお祝いと言うよりも、1万人以上の子供たちがそれぞれの願いや想いを込めて街中を練り歩きますのでこの行事が行われている時はとても街中が明るくなり、賑やかになるんですね^^

 

一瞬異様な光景とも言えるこの行事ですが、とても意味のある希望に満ち溢れたお祭りですので興味のある方は是非観光ついでに観覧してみてはいかがでしょうか?

参照元:会津若松観光ナビ

 

我が家の子供達は提灯行列は友達と遊びに行くといった感覚の様ですので、それはそれで良いのかもしれませんし、こういった「地方の活性化」を狙った行事と言うのは最近は少なくなってきたかもしれませんので、もっともっと増えていくと良いなと思った次第です^^

 

提灯行列の由来と意味として調べてみたわけですが如何でしたでしょうか!?

 

あなたの町ではこの提灯行列は行われていますか??

 

そして昨年は我が家も町内会の役員をすることになり今回の提灯行列に関しても色々と裏方の仕事をやらされました。始めはものすごく嫌で嫌でたまらなかった町内会の役員だったのですが、やっていくうちにちょっとしたメリットがあることに気づきました!

 

⇒町内会の役員やりたくない!!でも、意外なメリットも発見!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ