今回は【中学生】読書感想文の書き方!書き出しや構成のコツとは!?について紹介してみたいと思います。夏休みの宿題等で出される課題で、最も時間のかかる宿題の一つに読書感想文がありますね。

 

さっさとやってしまいたいけれど書くには読書も必要です。やっとのこと読み終わって書き出しても、

 

・何から書けばいいのか分からい!

・なんだかまとまらない!

 

そんな人の為に書き出しや文章の構成の仕方のヒントをあげてみたいと思います。文章が苦手な人も克服して上手な文章を時短で作成できるようになれば良いですね。

【中学生編】読書感想文での本の選び方

honn001

日常的に、習慣的に本を読んでいる人も居れば全く読んでいない人ももちろん居ます。しかしながら読書感想文は本を読まなければ始まりません。

 

そこで大事なのが【本選び】です。興味がある本・読みたいと思える本を探さなければいけません。

  • 自分の好きなことは何か?
  • 話したら止まらないような事は何か?
  • 人よりも出来ることは何か?

そういったことを含めながら考えて選びましょう。興味の無い内容に対しては読むことも、書く事も苦しくなります。出来るだけ自分の知っているような事だと読みやすく、文章にしやすくなります。

 

本の読み方

dokusyo01

本が選べたら読書です。最初と最後だけ読んで後は適当に・・・なんて考えないようにしましょう。採点しなれている先生は文章を読めば、読んでいるか読んでいないかがすぐにわかります。意識してほしいのが、

 

「全体のテーマは何か?」

 

です。作者が何を書こうとしているのか?をかんがえて読むようにしましょう。その時は、その感情や言葉が頭に入っていても、文章を構成する上で、必ず忘れます。そこで、読みながら、ピンときた言葉や感情をメモに残します。

 

大きめの付箋などに書いてそのページに貼っていくと良いでしょう。そのメモを頼りに文面を作成していきます。

 

読書感想文の書き方

sakubunn01

本が読み終わったら次は感想文を書いていくようになります。書き出しですが、どうしてこの本を選んだのかをまずは書きましょう。

 

文字数を稼ぎたいのはわかりますが、ここは出来るだけ簡潔に書いていく方がGOODです。そして、本題に入りますが、読みながら貼っていった付箋メモを確認しながら書いて行きます。

 

「まず登場人物の行動や体験と自分の日常を比較する。そしてその違いや共通点から自分がどんな生活をしている人間なのかを書く作業」

 

となります。メモの内容に関して、

 

自分ならこう思う

自分ならこうする

自分はこうしている

 

を繰り返し、繰り返し、文章にしていきます。そうすると、自分の事はなんとか結構な文章が書けるものです。そして、最後に読み返し、自分の書いたことが、主題から外れていないか、句読点やつながりの句におかしなところは無いか確認してください。

 

まとめ

夏休みの課題としても必ず登場する読書感想文。暑い中なので涼しい図書館やお好みの場所へ出かけて気分転換しながら読書をするのもいいのではないでしょうか?

 

私は読書は睡眠薬の様なもので、文字を読んでいると眠たくなるタイプの人間でしたのでネットであらすじを確認して、文章にしたりとたくらみましたが、内容が全くないのでおそらく先生も御存じかと(笑)そうならない様にも、コツを掴んで読むようにしましょう。

 

小学生6年間と中学3年間。9本の本の思い出が出来ますね。

 

時間の無駄にはならない様に、自分の趣味にするのは難しいですが結構読むと面白い本も多いです。

 

何かを始めるきっかけになったりすると素敵だと思います。夏休みの宿題が始業式ぎりぎり!なんて事にならない為にも、日ごろから沢山の本を手に取ることがあると良いですね。

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ