夏のイベントも終わり9月に入るとより一層と秋らしくなるのですが、その中でもお月見は日本の風流を感じさせてくれるちょっとしたイベントではないでしょうか!?

 

そんな中私が子供に「ねぇ、学校で先生が言ってたんだけど中秋の名月って何!?」って質問をされたことがあります。正直焦りました!しかも、的確に分かりやすく説明できなかった自分が情けなかったです(;一_一)

 

そこで、今回は子供にいつ質問されても答えられるようにここにメモ書きとして残しておこうと思ったわけです!同じようにお子さんを持つ親御さんは是非参考にしてみて下さいね。

中秋の名月って何!?

ズバリ私が答えたのは、

 

『中秋の名月って言うのは秋の丁度真ん中の日に観られる満月の事で、一年の中で一番キレイにお月様が観れる日なんだ!』

 

と自信を持って言いました!その後の子供の質問攻撃にも対応出来る様に補足をしておくと、「中秋の名月」と言うのは別名十五夜とも言います。そして何故、9月が秋の真ん中になるのか!?ですが、これは昔の暦(旧暦)では7月~9月を秋の季節として指していたんです。

 

その真ん中の日と言うのが旧暦でいう8月15日になるわけで、新暦でいうと9月がそれに当たるんですね。

 

しかし、毎年中秋の名月と呼ばれる日は違いますが何故だかわかりますか!?これは旧暦が大きく関係しているのですが、1872年まで用いられていた旧暦(太陰太陽暦)は1年の日にちが354日しかなく現在使われている新暦(グレゴリオ暦)よりも11日も少ないんですね。

 

その為、旧暦を基に算出している為、毎年日にちが変わってしまう訳です^^

 

ちなみに2014年以降の中秋の名月が観れる日にちをメモしておきます。

2014年(平成26年):9月8日
2015年(平成27年):9月27日
2016年(平成28年):9月15日
2017年(平成29年):10月4日
2018年(平成30年):9月24日
2019年(平成31年):9月13日
2020年(平成32年):10月1日

引用元:ここ知り.net

 

sponsored link

中秋の名月ってお月さんをただ見るだけ!?

『この時期に獲れた穀物への感謝の気持ちをお月様に伝えて、お米が今年も豊作になる様にお願いする意味もあるんだよ!』

 

何故、穀物類なのかというところですがこの時期は芋類の収穫時期にあたる事から丸い芋を月に見立てて感謝の気持ちを表していたんです。そして、月見団子の団子も穀物を基に作られている為に用いられ、十五夜だけに団子も15個並べるのが今では主流なんです^^

 

そして、お月見にススキを飾るのは、昔から家の軒に飾っておくと一年間無病でいられると言った言い伝えがある為なんですよ!

 

まとめ

今回は子供に中秋の名月を伝える為に覚書の様な形になってしまいましたが、これで大体は理解してくれるでしょう!ちなみにうちの息子は何とか理解してくれました!

 

お月見は平安時代から伝わる歴史ある風習ですし、この日ぐらいは家族でゆっくりお月様を眺めてみるのもいいですよ^^

 

[関連記事]

⇒実は十五夜以外にもお月見する日はあった!?

 ⇒スーパームーンの日時が判明!いつもより大きく見える月の秘密!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ