夏場になると自然に「スイッチオン!」してしまうエアコンですが、昔から親に「エアコン止めて扇風機で我慢しなさい!」とよく言われたものです。

 

そこで今回は暑い夏を環境や電気代ともに快適に過ごすためにエアコン・扇風機とでは電気代がどれくらい違うのか比較してみたので是非この夏の参考にしていただけたらと思います^^

エアコンと扇風機の電気代の差

扇風機は色々な場所でも使えますし、電気代もとても安いイメージがありますよね。早速ですがそんな扇風機の電気代を計算してみました。扇風機のW数は一般的な35Wに設定します

 

1時間使用・・・0,8

24時間使用・・・13,7

1か月使用・・・561、5円(1日24時間使用)

 

これは、私の住んでいる地域(四国電力)での計算になるのですが、本当に扇風機の電気代って安いですよね。そして続いてはエアコンの電気代を計算してみました。エアコンのw数は一般的な400wと800wに設定

 

【400wの場合】

1時間使用・・・8,9

24時間使用・・・213,9

1か月使用・・・6416,6円(1日24時間使用)

 

【800wの場合】

1時間使用・・・17,8

24時間使用・・・427,8

1か月使用・・・12833,3円(1日24時間使用)

 

>>>こちらの電気代計算シュミレーターで計算しました

 

そして気になる扇風機とエアコンの電気代の差ですが、

1時間使用・・・8,1円の差

24時間使用・・・200,2円の差

1か月使用・・・5855,1円の差(1日24時間使用、エアコン400wの場合)

おぉ、とてつもない金額をはじき出しましたね!さすがにエアコンを24時間フル稼働さす人は滅多にいないとは思いますが、、、しかし逆を言えばおおよそこれくらいの金額で治まると言う事ですよね。

 

いや、しかしこれは高すぎるよ!と言う方の為にちょっとした節約豆知識をメモしておくのでエアコンを使用する際の参考にしてみてください。

○冷やす部屋を十分に換気することで冷える効率を上げる。

○エアコンの設定温度を28~29度に設定。

(この温度に設定し、風量を「強」にすることで充分涼しくなる)

○室外機が炎天下にある場合は日陰に移動させる。

扇風機を合わせて使用する。

などの工夫で今までの電気代よりも安くなるはずです!管理人が驚いたのはエアコンの設定温度を1度上げる事によって電気代が今までよりも約10%も削減できるんです。これにはびっくりしましたwあとこんな画像があったのでご覧ください。

hikaku

出典:ダイキン工業株式会社

エアコンはスイッチを押してから部屋が冷えるまでの間、設定した温度になるまで頑張って冷やし続けなくてはならないので、「微風」や「弱風」だと部屋が冷えるまでに時間がかかってしまうのでより多くの時間冷やし続けないといけません。

 

その為、初めの20分くらいは「強」にして部屋が冷えてきたなと感じたら弱めるのが良いようです。実際に私の家でも実行していますが、これだけで数百円ほど電気代が安くなりましたので結構オススメです。しかし、「自動モード」がある場合はこれに限ったわけではありません^^

 

「自動モード」でOKです!

 

まとめ

エアコンのスイッチを入れてからは風量は「強」設定温度は28~29度にし、部屋が冷えてきたら「弱風」にする。「自動モード」がある場合は「自動モード」でOK^^そして扇風機と併用する。

 

以上の行動だけでも非常に快適に過ごせますし、電気代にも優しくなりますのでもし知らなかったよ!って人がいましたら是非試してみて下さいね^^

 

⇒「蚊取り線香入れ」あなたは定番の豚派?それともおしゃれ派!?

⇒流しそうめん器が売れる人気の秘密!清流と風流どっちがいい!?


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ