今回は初詣は神社と寺どっちに行くといい?正しい参拝作法とは?ということで紹介したいと思います。新年を迎えて最初にあるイベントと言えば「初詣」ですよね。

 

本来なら神聖な神社やお寺に行くので初詣を「イベント」と言うのも何だか変な感じがしますが、有名な神社やお寺ではお祭りのように出店があり、人もたくさんいます。我が家も初詣は毎年行っています。

 

徒歩圏内の神社が全国的に有名な所なので、もう年明けた瞬間から家の前は賑わっていて、元旦の昼頃には、車を出すのも躊躇うくらいに込み合っています。

 

我が家は近所が神社なので神社へお参りしていますが、初詣って神社とお寺どっちに行くもの?なんて考えたことはありませんか?ちなみに私の両親はお寺に参っていました。

 

そこで今回は初詣は神社かお寺どっちに行くといいのかということについてです。また、合わせて正しい参拝作法についてもご紹介します。

初詣の意味や由来

imiyayurai01

まず、「初詣」ってどんな意味があるのでしょうか?意味については簡単で、新年に初めて神社やお寺に参拝することを言います。ではなぜ新年に神社やお寺に参拝するようになったのでしょうか?

 

古来日本には「年籠り(としこもり、としごもり)」という風習がありました。これは家長が一年の平安のために、大晦日の夜から元旦の朝にかけて、氏神の社(今でいう神社)に籠るものでした。

 

時代が流れていくうちに、この年籠りは大晦日の夜に詣でる「除夜詣(じょやもうで)」と元日の朝に詣でる「元旦詣(がんたんもうで)」に分かれました。この元日詣が、現在の「初詣」の原形となったのです。

 

そして時代はさかのぼり、江戸時代末期までの「元日詣」は、氏神に参詣したり、その年の恵方にある神社に参拝するものでした。そのため、恵方参りとも言われていたのです。

 

また、明治時代初期頃の鉄道普及により、地域の神様に参るだけではなく、徐々に有名な神社やお寺にお参りする現在のスタイルになってきたと言われています。

初詣は神社と寺どっちに行くといい?

docchi01

初詣の由来から考えると、初詣は神社でもお寺でも良さそうな感じでしたね!そうなんです。実は初詣は神社でもお寺でもどちらでもOKなのです。どっちでも良かったの!?ってビックリですよね(笑)

 

これもまた明治時代初期の話なのですが、この頃、神仏分離が行われました。神社とお寺、つまり神様と仏様という区別が現在でははっきりありますが、初詣はこの神仏分離が行われる以前に定着した風習なので、初詣は神社でもお寺でもどちらでも良いのです。

 

そして、現在では初詣に限らず、寺社仏閣への参詣は神道、仏教の区別はないまま定着しているのです。

初詣はいつまでに行けばいい?

hatumoudehaitu

では、初詣はいつまでに行けば良いのでしょうか?

 

初詣の由来では元日詣は元日の朝でした。除夜詣では大晦日の夜に詣でるということでした。今でも、大晦日の夜から年明けと共にお参りする人もいますよね?

 

元日の朝早くだったり、小さな子供がいるからお参りのピークが超えた翌日を狙って・・・なんて、ご家庭や地域によっても色々だと思います。

 

お正月の「三が日の間」に参詣する一般的なのです。

 

確かに、この三日間は出店がありますが、4日なると出店もほぼ撤去されていますし、早ければ仕事始めという方もいますもんね。

 

でも、三が日の間というのは一般的な話であって、「松の内」に行くことを目安にしている場合も多いです。松の内とは、門松やしめ飾りなどを飾っておく期間で、1月7日までを指します。地域によっては、小正月や二十日正月というところもあります。

 

参考:正月飾りの処分の仕方ってどうしていますか?

基本的に初詣は絶対いつまでという期間は実は決まっていないのですね。その年で初めて参詣したときが「初詣」ということになります!極端な話、2月になっていても、新年を迎えて始めての参拝なら、それが「初詣」なのですよ^^

 

sponsored link

初詣の正しい参拝作法

sahou001

それでは、初詣の正しい参拝作法についてのご紹介です。初詣は神社でもお寺でもどちらでも良いのですが、お参りの作法には大きな違いがあります。

神社での参拝作法

  1. 賽銭箱の前で軽くお辞儀をしましょう。
  2. 鈴を鳴らします。(これは神様に来たことを告げる合図)
  3. お賽銭を入れます。
  4. 二拝二拍手一拝(2回お辞儀をし、2回拍手をします。手を合わせて拝んで、1回お辞儀をします。このときのお辞儀は約90度ですよ)
  5. そして、軽くお辞儀をして退出します。

寺での参拝作法

  1. 賽銭箱の前で約45度のお辞儀をして、鐘があればつきましょう。
  2. ロウソク、線香をあげます。
  3. お賽銭を入れ、手を合わせて拝みます。
  4. お辞儀をしてから退出します。

次に、神社とお寺で共通のマナーについてもご紹介しますね。神社やお寺には入り口付近に手水所があるところが多いですよね。

お参り前に手と口を清めます。

手順は、

  1. 右手でひしゃくを取り、水を汲んで(くんで)左手を洗います。
  2. ひしゃくを持ち替えて、右手を洗いましょう。
  3. そしてまた右手に持ち替え、左の掌に水を溜めて口をすすぐのです。
  4. 再度左手を軽く洗い、ひしゃくを立てて柄の部分に水を伝わらせ、流し清めて元の場所に戻します。

神社の鳥居お寺の門のくぐり方は、一礼してから入り、帰りは鳥居や門をくぐってから一礼します。

これは基本的には同じですね。

 

まとめ

いかがでしたか?初詣も時代と共に形が変わってきたのですね。でも、一年の幸福を祈願することに変わりはありません。私にとっても小さい頃から、大晦日は年越しそばを食べて、元日にはおせちを食べ、初詣に行くというのがお決まりでした。

 

子供の頃は初詣に行くとお店がたくさん出ているので、ちょっとワクワクするんですよね^^

 

ちなみに初詣のお参りも、神社でもお寺でも、そして何箇所もまわっても問題はないということです。神社とお寺では参拝作法が違う部分もあるので、そこだけきちんとしておけば何も問題ありませんよ。(知り合いの住職さんが言っていました)

 

そしてお正月におせち料理を食べる家庭もあると思うのですが、おせち料理ってお店で買ったりすると小さなものでもかなり高額ですよね!?どうやらその意味や由来に関係がありそうなのです。

 

>>>おせち料理の意味や由来!いつ食べるのが正しいの?


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ