ほうれい線をベロ回し体操で消す!と書いたわけですけどほうれい線目立ってきてますか?10代の頃は肌に関して無頓着だった私ですがそれでも今思うとスベスベ肌だったんだなぁと最近強く想います。

 

そして最近特に気になる【ほうれい線】なのですが、これの消し方ってメディアで度々紹介されていますよね?実際どれを試すのが一番いいと思いますか?

 

そこで今回は、無理なく続けれるほうれい線の簡単な消し方マッサージのご紹介をしたいと思います。

ほうれい線の出来る原因&セルフチェック

ほうれい線が出来てしまう要因は断定できるものではなく様々な要因があると考えられています。

ストレス・睡眠不足

・パソコンなどの作業時間が多い

・ダイエット後のリバウンド

暴飲暴食などの不摂生

・外食が多く飲み会が頻繁にある

外的要因(紫外線・乾燥)

・日焼けをすることが多い

・洗顔後に保湿液をつけない

加齢による肌のたるみ(筋力低下)

・弾力が無く肌が柔らかい

 

これらの原因を改めて見てみると私も「あるある!」と納得せざる負えない状況でしたが、あなたはいくつくらい当てはまりそうですか?悲しい現実ですが、逆に言うとこれらの要因を改善していけば今の気になるほうれい線は薄れていくと言う事になります。

 

しかしこれらをすべて改善していくのにはかなりの時間と労力、そして努力が必要になってくると思います。ハッキリ言って難しいですよね。。。そこで、今回は各メディアで掲載されているほうれい線改善方法をまとめてみました!

 

是非、自分でも続けていけそうだという方法を見つけたら本日から実践してみましょう!

 

sponsored link

ほうれい線に効くマッサージ

ほうれい線を消すためには頬の周りの筋力を強くしてあげることが最も効果的です。しかし、早く消したいといった想いが強いと必要以上の強さや回数を行ってしまいがちです。

 

場合によったら逆効果になるものもあります。要は地道に長く続けていく事が最短の道になるのです。

【マッサージ①】

このマッサージは3ステップになっています。

 

1:口の中に手を入れて行うマッサージで指を口の中に入れてほうれい線に沿ってなぞります

2:口を膨らませたり凹ませたりすることでほうれい線のしわを伸ばします。

3:最後に頬をつまんで円を描くように上下へとマッサージします。

 

1日にこれらを3セットするのが非常に効果的で、マッサージ後は十分に保水保湿をすると効果もアップします。

【マッサージ②】

これは舌回し体操です。概要としては舌を右回りに20回左回りに20回舌を出して大きく回します。

 

この舌回し体操はほうれい線だけではなく様々な顔の筋力への効果が期待できます^^

※初めは無理に20回、回そうとするのではなく10回ずつでもいいので続ける習慣をつけていきましょう。

【マッサージ③】

これは管理人が独自で行っているマッサージ方法(知っている人もいるかも)なのですが、『あいうえおマッサージ』です。口を大きく開けて『あ・い・う・え・お』の形をゆっくり作り3回を1セットととし×3セットするマッサージです。

 

マッサージの際は声を出しても出さなくてもOKです。このマッサージもそうですが、ほうれい線以外にも表情筋などを鍛えることができたり、様々な効果があります。

 

実際に私もこのマッサージを1年ほど続けて、30代にもかかわらず「25歳くらいですか!?」とよく言われます(社交辞令かもしれませんが(笑))その他の効果として言葉の歯切れが良くなり言葉をハッキリ言えるようになりました!

 

個人的におススメなマッサージなので実践していただきたいと思います。

 

まとめ

上記のマッサージ方法以外にもたくさんのほうれい線に効くマッサージが出回っていると思います。しかし、一番は自分に合いそして続けれるマッサージが理想的だと思います。

 

中にはテープを使ってリフトアップする方法も紹介されたりしていますが、一時的なモノです。こういったものは本当の解消法にはならないと思います。せっかく対策をかけるのなら根本的な問題を解消しましょう!

 

少しずつで構いません!やらないよりはやった方が明日若返ります!そして実年齢よりも若く見られるような理想的な肌になりましょう!

 

[関連記事]

⇒女性が指にはめる指輪(リング)には意味があった!これで願いが叶う!?

⇒黒染めを自分で行う際に気を付けたい3つの事!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ