今回はiDeCoのデメリットとは?年金が減るって本当なのかについて紹介したいと思います。

 

個人型確定拠出年金の愛称「iDeCo」。

 

平成29年1月から基本的に60歳未満のすべての人が加入できるようになり、現在話題沸騰中です!

 

今のままでは公的年金も支払われるか不安・・・こんなこともよく聞くため、自分の身を守る方法として個人で運用できる年金があるのです。

 

厚生労働省のホームページではiDeCoのメリットとして、

  • 掛金が全額所得控除されます
  • 運用益も非課税で再投資されます
  • 受け取るときも税制優遇措置があります

このように3つの税制優遇措置が挙げられています。これを見て、今すぐにでも加入しなくちゃ!なんて思いませんよね(笑)

 

世の中そんなにうまい話ばかりではないはずです!

 

そこで、今日はiDeCoのデメリットについてです。iDeCoによって年金が減る!?この真相についてもご紹介したいと思います。

関連記事:iDeCo(イデコ)とは!?専業主婦が加入する際の3つのメリット


iDeCo(イデコ)加入によるデメリット3つ

デメリットその1:60歳まで引き出せず、途中解約できない

iDeCoは私的年金なので、老後の資金を貯めることを目的としたもの。そのため、一度始めると60歳まで引き出すことができません。

 

資金に余裕があるからと始めたものの、途中で状況が変わったからと言って、積み立てをやめることはできませんし、今までの積み立てを引き出すこともできないのです。

 

預金だと引き出しも自由ですよね?

 

定期預金も満期までがそう長くない場合もありますし、途中解約も損することもありますが、基本的に可能です。

 

そのため、iDeCoに加入する際は慎重にならなければなりません。

 

ただし、iDeCoは掛金の額を減らすことは出来ますし、積み立てを一時中断することも出来ます。さらに、要件を満たせれば中途解約も可能だそうですよ。

デメリットその2:運用手数料、口座維持費など月額手数料がかかる

iDeCoに加入すると、毎月国民年金基金連合会・信託銀行への支払いとして167円が毎月かかります。

 

167円くらいなら。。。と思ったかもしれませんが、これだけではありません。

 

口座管理手数料がかかる金融機関もありますし、加入手数料もあります。そのため、iDeCoは気軽に0円で始められると言うものではないのです。

デメリットその3:投資信託の選択肢が少なく、運用損が出る場合もある

投資にはつきものの、元本割れのリスク

 

それなら・・・と他の商品を選ぶにしても、iDeCoで運用できる投資信託は少ないのです。

 

利益が出るか不確かな投資を60歳まで続けるということ自体、かなりのデメリットなのかもしれませんね。

sponsored link

iDeCoのデメリットを避ける方法はある?

iDeCoの3つのデメリットを挙げました。

 

その他にも、住宅ローン控除が減ったり、ふるさと納税の寄付金上限が減るなどのデメリットもあるようです。

 

iDeCoってデメリットだらけでは!?と思うかもしれませんが、これらのデメリットを避ける方法も実はあります。

 

iDeCoは60歳まで解約できないですが、これをデメリットと取らずに、老後まで確実に確保できる資金があると考えるとデメリットではなくメリットとして捉えられるかもしれません。

 

つまり、iDeCoに関しても無理のない範囲で積み立てを始めることがまずは第一歩です。

 

そして、運用益が出ると、結局損したとなるかもしれませんが、そういう場合は元本割れの心配のない定期預金などの商品運用をすることで、リスク軽減することができるでしょう!

 

iDeCoは大きな利益はありませんが、節税のメリットだけでも十分です。

 

また、手数料は金融機関を選ぶ際、できるだけ少ないところを探すのもコツの一つになります。

 

それでも毎月の手数料が気になる場合、実は普通に投資などをしても手数料は発生しているのです。

 

お得なように謳われているNISAでさえも、投資信託を購入する際、手数料は発生し、iDeCoの方が安くなっているのです。

 

住宅ローンやふるさと納税に関しては、iDeCoとどちらがいいのか比較すると良いかもしれませんね。

 

それが面倒な場合は、iDeCoはやらないほうが無難です^^

 

iDeCoは年金が減るって本当!?

実はこれが一番気になりますよね?答えは「Yes」そして、「No」。

 

先ほども説明したように、iDeCoは個人で資金を運用するものです。そのため、運用に失敗すると、受け取りの際、掛け金より減っていることもありえます。

 

逆に、iDeCoは運用に成功すれば増えます!ただ、これに関してはすべて自分にかかっているのです。

 

軽い気持ちでiDeCoに加入してしまうと、大変なことになるかもしれません。

 

ただ、iDeCoは60歳までと長期にわたる運用なので、しっかり投資について勉強すれば増える可能性はかなり大きいですよ。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回はiDeCoのデメリットとは?年金が減るって本当なのかについて紹介してみました。

 

iDeCoは資金に余裕がある人にとってはいい制度なのですが、簡単に始めてもイイと言うものではなさそうですね。

 

実は私は加入しているのですが、毎月こまめにチェックしています。

 

大きな利益は期待していないけど、損失を出すことは避けようと日々がんばっています(笑)老後の資金なので、真剣にはやっていますが、若干ゲーム感覚なところもあるので、見ていたら楽しいです。

 

でも、これは今iDeCoで利益が出ているからいえることで、一時期大変なこともありました。

 

iDeCoはメリットもあり、元々投資をしていて、収入がしっかりある人にとっては節税になる制度なんじゃないかなと私は思いました。。。が、失敗すると受け取り額が減っているという場合もありえます。

 

金融機関選び、運用商品選びを慎重に行ってから加入しても十分間に合います!

 

iDeCoが気になっている方、一度、じっくり考えてみてはいかがでしょうか。

 

>>>iDeCo(イデコ)とは!?専業主婦が加入する際の3つのメリット

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ