今回はインフルエンザにかかった時の子供の食事は何が一番効果的!?について紹介したいと思います。毎年冬になると耳にする「インフルエンザ」ですが、みなさんご存知ですよね?

 

一度流行し始めると一気に広まる厄介なウイルスです。特に毎年、年末から2月頃までがピークで、保育園幼稚園学校などでは学級閉鎖も珍しくありません。

 

そこで今回はお子さんがインフルエンザにかかってしまった場合にどんな食事療法をすればいいのかについて考えてみました。

インフルエンザと風邪の違い

kaze

さてこのインフルエンザですが風邪と一体何が違うの?と思ったことはありませんか?そもそも風邪とは色々な原因によって咳や鼻水に発熱などの症状が出るものを総称して「風邪」と言います。

 

一方、インフルエンザというのは、インフルエンザウイルスによって鼻喉の風邪症状に加えて、高熱・関節痛などの症状が出るものなんです。

 

そしてインフルエンザは⇒「インフルエンザの潜伏期間と症状!その予防について我が家でしてる事!」にも書きましたが、A・B・C型と3種類あって、インフルエンザにかかってよく診断されるのがA型、B型なんです。

 

A型だと高熱や咳がひどいと言われたり、B型だと、お腹の症状も出やすいよ!なんていわれる事もあります。このインフルエンザ、毎年流行前の10月頃から予防接種が始まります。

 

あくまでも予防なので、これを接種すれば絶対かからないというわけではないのですが、症状が軽くなるという話もあるので我が家では毎年接種をしています。しかし、家族で毎年誰かはインフルエンザにかかってしまうんですよね。

 

集団生活をしていると仕方がないことなのですが、予防接種のおかげなのか比較的症状は軽いことが多いです。

 

インフルエンザと診断されるにはもちろん医療機関で検査するのですが、あまりにも症状が軽いので「風邪」かと思って病院に行くと実はインフルエンザだったとなるわけなんです(笑)

 

そしてこの時にインフルエンザと確定すると「抗インフルエンザ薬」を処方されます。これを服用すればびっくりするくらい早くに症状がなくなります!そのため、我が子はインフルエンザと診断されても非常に毎年元気です^^

 

元気が有り余っていますが、幼稚園は出席停止のため行けず困ってしまいます。でも、ぐったり寝込んでいるよりは全然良いですよね!ところでインフルエンザにかかった時、食事はどうしていますか?

 

次は食事に関しての内容です。

 

sponsored link

インフルエンザにかかった時の子供の食事

syokuji

 

インフルエンザは症状によっても食事や過ごし方が変わってくるので、これ!っていうのがないのですが、やっぱり熱があるときは「水分補給」が第一ですよね。

 

我が家ではインフルエンザだけではなく、急に熱が出たときに備えて「スポーツドリンク」を常備しています。子供は高熱の際、脱水症状に気をつけなければなりませんよね?しんどすぎると水分補給を拒否するので効率よく補給させるにはやっぱりスポーツドリンクだそうです。

 

熱で体の中が熱くなっているので、スポーツドリンクを飲ませると少し楽にもなりますよ!ただし、冷やしすぎた物は厳禁だそうです!

 

一番吸収がいいのは体温程度、つまり温かめだそうですが子供はなかなかそれじゃ飲みませんよね。我が家では常温で飲まし続けています。

 

このおかげではないかもしれませんが、結構熱が下がりやすいように感じます。

 

熱が高い場合はほとんど食事はとれませんし、とれない場合は水分だけでも大丈夫だそうですので無理に食べさせなくても良いと小児科では教えてもらいました.

お勧めの食べ物

banira01

他には「バニラアイス」がおススメとよく聞きます。これはベテランママ達のおススメなのですが意外でしたね^^

 

冷たいアイスが口当たりもよく、体も冷やしてくれるので子供としては食べたとき気持ちが良いらしいのです。そして、濃厚なバニラアイスだと卵や牛乳をたくさん使っているので、カロリーも高くエネルギーにもなるというのです。これには納得しました!

 

そして抗インフルエンザ薬が効いてきて少し体が楽になってくると、子供って食欲が出てくるんですよね。このときは子供が食べたい物を与えれば良いそうです。

 

ただ、絶食状態が続いていた場合は、いきなり刺激があるものや脂っこいものはダメなので、消化の良いおかゆうどんなどから始めるのがGOOD!

 

そして子供ってお菓子を食べたがりませんか?(笑)もちろんこれはよくありません!子供の勢いに負けてお菓子をあげたことがありますがすぐにお腹が痛いと訴え始めました。

 

やっぱり、おかゆやうどんをせめて1回食べてからですよ!!

 

また、インフルエンザの症状で腹痛や下痢があった場合この時は、どんなに食べたがっても、おかゆやくたくたに煮込んだうどんからです!普通の胃腸炎の時と同じ食事にしましょうということですね。

 

おかゆをパスするとお味噌汁の上澄みや柔らかく煮込んだ繊維の少ない野菜と少しずつ固形物にしていくと良いです。それから喉の痛みがある時は、飲み込みが出来ないので、アイスゼリーすりおろしたりんごなどを食べさせてあげるのが子供的にも体的にも良いです。

 

実はこれだけでも十分なんですよ^^

 

痛みがとれてくれば徐々に食事はできますからね!食事がしっかりできるようになると回復も早いですし、いつも通り食事できるようになればもう一安心です(*^_^*)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?小児科の先生に聞いてみると色々教えてはくれるものの、聞きそびれてしまうこともありますよね。しかし、要は食べたいものを食べさせてあげる事が食欲回復にもつながってくると思います。(もちろん脂っこいものは控えたほうがいいです)

 

しかし、熱が下がったと言っても気になることって何点かありますよね!?解熱後の咳の感染力ってどうなの!?痰や鼻水ってどうなの?ってこと。実は意外と知らない人が多いのです。

 

>>>インフルエンザ解熱後の咳・痰・鼻水にどれくらい感染力はあるのか?

 

また、最近かなり注目を集めているスーパーフードのマヌカハニーというハチミツを知っていますか?このマヌカハニーの効果や効能がとてもスゴイのです!

 

今回のようなインフルエンザに対しても効果を発揮してくれるようです!「名前しか知らない。」「何それ?」って人も是非知っておくといいですよ。

 

>>>マヌカハニーの効果・効能がスゴイ!上手な食べ方と選び方


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ