児童手当っていつまでもらえるのか知っていますか?また、所得制限について共働きの場合は合算されてしまうのでしょうか?

 

お子さんがいるご家庭では子ども・子育て支援制度によって、色々な手当てや給付金を受けることができたりしますよね。

 

今は児童手当といっていますが、少し前までは子ども手当と言っていませんでしたっけ?あと、子育て世帯臨時特例給付金というものも何年か前にありましたよね。

 

コロコロ変わるので、正直どれがどれで、申請が必要なのか、いつ振り込まれるのか。。。分からなくなったりする人もいるようです。

 

そこでこの記事では色々な手当の中でも児童手当について分かり易くご紹介したいと思います。

 

児童手当はいつまでもらえるのか?所得制限もあるようなので、これについても今回シェアしたいと思います。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

児童手当とは?わかりやすく言うとこんな手当!

我が家も小学生の子供がいるので、数ヶ月に一度、指定した口座に児童手当の振込みがあります。

 

そもそも児童手当の目的は、

「家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童の健やかな成長に資すること」

だそうですが、これではちょっとよく分からないですよね(笑)

 

⇒内閣府HPには児童手当のリーフレットが掲載されていました。こちらの方が実は分かりやすいです。

 

これによると、児童手当の支給対象は中学校卒業まで、詳しく言うと、15歳の誕生日後の最初の3月31日までの児童を養育している人が対象になるとのこと。

 

そして、支給額は年齢によって一人当たりの月額は異なります。

・3歳未満・・・一律15000円

・3歳以上小学校修了前・・・10000円 ただし、第3子以降は15000円

・中学生・・・一律10000円

となっています。しかし、所得制限もあります。

 

そして、支給は原則毎年6月、10月、2月にそれぞれの前月分までの手当です。

 

この手当は指定口座に振込みが一般的だと思いますが、市区町村によっては学校給食費や保育料をこの児童手当から徴収することが可能なようです。

児童手当はいつまでもらえる?いつまでに申請が必要?

児童手当は15歳の誕生日後の最初の3月31日まではもらえることが分かりました!

 

月10000円、年間で12万円!

 

これは子育て中の家庭には大きい金額ですよね。この児童手当、もちろん申請をしなければ受けることはできません。

 

児童手当の申請なのですが気をつけて下さい!実は私、昔申請が遅れたことがあったんです。そうしたら本当に支給されないんですよ!!

 

まず、一番初めの申請はお子さんが生まれたときですよね?そして実はその後もあります。毎年6月に提出が必要な現況届けです。

 

または他の市区町村から転入したときも市区町村の認定を受けなければならないのです。そうなんです、生まれたときに一度きりの申請ではないので注意が必要なのです。

 

生まれてからや転入などでの申請は15日以内が原則。これです、私が遅れたのは。。。

 

見落としがちになってしまいますが、出産や引越し等予定がある場合は気をつけてくださいね。

 

sponsored link

児童手当の所得制限って共働きは合算される!?

さて、先ほど支給額には所得制限があると説明しました。

 

所得制限限度額は扶養親族数によって、収入額の目安は異なってきます。もし、限度を超えると、児童1人当たり月額一律5000円の支給になるのです。

 

簡単に所得制限の目安や計算方法を紹介したいと思います!

 

ただし、夫婦共働きの場合は、所得が高い方が基準として考えられます。合算ではないので、そこはご安心下さい^^

 

児童手当の所得制限で年収の目安や計算方法は!?

収入目安 所得制限限度額
子供が一人

(扶養親族2人)

917,8万円 698,0万円
子供が二人以上

(扶養親族3人以上)

960,0万円 736,0万円

 

子供が1人だと、扶養親族等の人数は配偶者と合わせて2人ですね。

 

この場合、収入額での目安は917、8万円、所得制限限度額は698、0万円となります。

 

子供が2人だと、収入額での目安は960、0万円、所得制限限度額は736、0万円となります。

 

これを見ると、所得制限は結構ゆるい感じとも言えるかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?児童手当は現行では原則生まれてから中学校卒業まで受けることができます。

 

手続きも15日以内!といいましたが、出生届なども出すのでその時一緒に申請することが可能ですよね。

 

我が家は出生届を出した役所と現住所のある役所が違って手続きが遅れたか何かだったんですよね。

 

はっ!と思ったのが、1日早ければ・・・と何度思ったことか^^;

 

その後はその教訓を活かして、転入の時の手続きは慎重にしています!

 

また、手当につきものの、所得制限。ご紹介した⇒内閣府HPのリーフレットに限度額が記載されているので、気になる方はチェックしてくださいね。

 

でも、子ども2人いるご家庭で年収960万円以上となると、なかなかの収入がありますよね。

 

これが共働きで合算した額で考えるなら話は別ですが、所得が高いほうだけを考えるので、多くの人が児童手当を受けることができるのではないかなと思います。

 

この児童手当、生まれてからずっと貯めているとなんと約200万円になるってご存知でしたか?先ほど紹介した月額の場合ですよ。

 

毎月1〜1、5万円といっても、ちりも積もればですよね。

 

我が家は児童手当とほぼ同額を学資保険にしています。満期になると、そのまま児童手当を貯めていたよりは少し増えている計算にしています。

 

その方がちょっとお得感があるかなと思って。6月になると現況届けの時期になります。受給中の方はお忘れのないようにしましょうね。

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ