鏡開の由来を知っていますか?「松の内(1月15日)」まで飾っておくことが一般的とされているのですが、いまいちその由来と意味って知らないものです。

 

また、いつ鏡開をすればいいのかも曖昧なところはあると思いますのでこの記事で少し詳しくなってみましょう。

鏡開きの由来とは?

お正月の間飾られている鏡餅なのですが、この鏡餅は正月の間、歳神様が宿るとされています。そして冒頭にも書いた「松の内」を過ぎてから鏡餅を下げ、食べることで歳神様を送り出すと云われています。

 

詳しく言うと歳神様が宿っていた鏡餅を食べることによりその力を授かることになります。その授かった力により家族皆の無病息災を願うことが出来るとされています。

 

要は正月の間、鏡餅を飾ることにより歳神様の力を宿し、「松の内」を過ぎてからその鏡餅を食べることにより歳神様の力を受け入れることができるということですね。

「松の内」が終わったら開かれていた鏡開き

もともと「松の内」を1月7日としている地方の方の場合は、鏡開きは1月11日に行われていたと言います。そして関西など、「松の内」を1月15日としているところでは1月15日を鏡開きとしているようです。

 

もともと、昔は1月の20日に鏡開きを行っていたのですが、徳川家光が亡くなったのが4月20日で、 しかし、徳川家光が亡くなったのが4月20日で忌日を1月20日として避けるようにし、1月11日に行う風習が徳川幕府のある関東を中心に広まったとされています。

 

そのため「松の内」は関東と関西とでは若干日にちにズレがあるのですが、

関東は・・・1月11日

関西では・・・1月15日

に鏡開きをする風習があります。

なぜ「鏡開き」というのか?

もともと武家から始まった「鏡開き」は、鏡餅に刃物を入れるため切腹をイメージさせるということで良くないと言われていました。そのイメージもあって木槌などで「割る」ようになったのですが、その「割る」という表現もあまり良くないとされ末広がりをイメージさせる「開く」を使うようになりました。

 

剣道などの武道で、新年の道場開きに鏡開きとしてお汁粉をふるまったりするのは、当時の名残だということですね。

「鏡開き」と「鏡割り」の違いって何?

結果から言ってしまうと、基本的に意味は同じになります。んじゃ、何が違うの!?ってことなのですが、違いは表現の違いによるものです。

 

本来は「鏡餅を割る」ので「鏡割り」なのですが、これに使われている「割る」という表現が結婚式などの席ではあまり良くないとして、「鏡開き」と言い換えられるようになったのです。

樽酒を開けるのも鏡開きというけど何が違うの!?

こちらも結婚式などの儀式で良く使われたりしますよね。芸能人の結婚式などで見たことある人もいるのではないでしょうか?これは樽の蓋を鏡に見立てていた為です。米からできていた日本酒は神酒ともされていました。

 

実は、これも意味合い的にあまり違いはなく健康や幸福を祈願し、その成就を願うというものになります。やはりここでも縁起のいい「開く」という言葉を使うようになりました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回の記事を読むことにより「鏡開き」についてかなり理解を深めることができたのではないでしょうか?

 

お正月には「鏡餅!」と簡単に済まされてしまいがちだったお餅なのですが、今回紹介した意味や由来を知ることにより鏡餅を食べる際にも思い入れが変わってくるのではないでしょうか?

 

今後のあなたの豆知識に入れておくともしかすると得することもあるかもしれませんね。(ないか。。。笑)是非、鏡開きをする際はこう言った意味や由来があるんだよ〜ってことを知っておいてくださいね。


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ