今回は会費制ウエディングの相場ってどれくらい!?メリット・デメリット等について紹介してみました。結婚式を挙げる・・・と考えると、色々な選択肢が発生しますね。

 

挙式・披露宴、立派にしたいけどお金が・・・時間が・・・・と思われる方も多いでしょう。

 

しかし、今現在会費制ウエディングというものが主流になってきはじめました。二次会的な感覚で気軽に参加が出来る形式で、カジュアルではありますが、短時間での実施も可能となってきています。

 

式を挙げずに婚姻届のみで終了!と考える前に、一度検討してみても良いのではないでしょうか?しかし、失敗にならないためにもまとめてみましたので参考にしてみてください。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

会員制ウエディングとは!?

kekkonnshiki

会費制ウェディングとは、参加者に一定額の会費を支払ってもらう結婚披露パーティーのことです。会費を集めてウェディングパーティーを実施するという事で、それ以外の部分については特に決まりはありません。

 

参加者に気軽に参加してもらうという意味が込められています。

 

招待した側のお礼の気持ちとゲスト側のお祝いしたい気持ちだけで挙げられるので自由度が高く、それぞれのニーズや好みに合わせてカジュアルにもフォーマルにも演出することが可能です。

 

昨今では、従来型の披露宴ではなく、会費制を希望するカップルが増えてきているようです。結婚式場などでも会費制ウェディング向けのプランを用意するところが出てきています。

 

会員制ウエディングのデメリット

会費制ウェディングにはメリットもデメリットもあります。その点を踏まえて、会費制で結婚式を挙げるかどうか考えてみましょう。しかし、デメリットとしては、年配者はまだなじみが無く、内容がカジュアル過ぎると失礼になるという点が挙げられます。

 

親族や上司を無視して、友人だけが盛り上がるパーティーにしてしまうと、後々しわ寄せが来ます。招待客の顔ぶれも考慮に入れて、会費制にするか従来の結婚式や披露宴の形を取るか決めた方が無難です。

 

費用を全額会費だけで賄おうとすると、自分たちにとってもゲストにとっても残念な式になってしまいます。

 

料理だけ用意すればよいというものではなく、会場を借りる費用や装花代、自分たちの衣装代など、他にもかかる費用あります。会費だけですべて捻出しようとすると、パーティーの質が下がり、豪華にしすぎると、自分たちの負担が増えてしまいます。

 

ですから、どの程度を会費で賄って、自分たちの負担をどの程度に抑えるか相談した上で会場を探しましょう。工夫次第でかかる金額に大きな差が出ます。

 

自分たちでできることは自分たちで用意したりすると費用をかけずに手作りでお思い出に残る演出をすることもできますよ。

 

会員制ウエディングのメリット

メリットとしては、ゲストの負担が少なくて済むという点が挙げられます。ご祝儀が大きな負担になる若い年齢層には向いているかもしれません。また、会費だけでご祝儀は要らないので、出席しやすいということもあります。

 

同じ人から2回目のご祝儀は受け取りにくいという再婚のカップルにも向いているかもしれません。

 

sponsored link

会員制ウエディングの相場

会費は、場所や料理の内容によって多少異なりますが、相場は10,000円です。有名ホテルや人気レストランを会場に選んで、20,000円の会費を設定する場合もあるようです。しかし、相場は、あくまでもゲストが負担を感じることなく、お祝いに駆けつけやすい金額が目安になっています。

 

若い友人や同僚を招待する場合は、10,000円~15,000円程度が妥当でしょう。

 

一般的な結婚式でご祝儀の相場が20,000~30,000円程度ですから、会費をそれ以上に設定することはやめた方がいいですね。

 

あと、会費制ウェディングと一般的な結婚式との大きな差は、準備期間です。一般的な結婚式であれば、少なくとも半年前に予約を入れて、式場を押さえたり、打ち合わせをしたりしなければなりません。

 

しかし、会費制ならば、その準備期間をかなり短くすることが可能です。

 

身近な人だけを集めたカジュアルなパーティーであれば、数週間で準備することができます。もし、新婦が妊娠している場合などはドレスの都合等もありますので時間が無くてもお勧めです。

 

まとめ

会費制ウェディングは、人数を呼べば損しない。などという話がよく聞かれますが、そのためにあまり親しくない人まで呼ぶのはよくありません。あくまでも結婚の報告とパートナーの披露で、基本を忘れずに招待客や会場の選定をしましょう。

 

結婚式を挙げるカップルがリーズナブルに式を挙げるためというよりも、本当に結婚を祝ってもらいたい友人や同僚に負担無く、式に参加してもらうという点に重点を置きましょう。

 

そうすれば、式場の選定や会費の設定も満足のいくものになることでしょう。

 

おもてなしの気持ちで素敵な式になるとよいですね。回収とはいかなくても、親族のみで友達を呼ばないとか、交通費のかかる遠方のゲストを呼ばない等すれば、自己負担は少なくなると思いますよ。

 

しかし、基本的には、結婚資金を自分たちで貯金し、出来るだけ負担を減らす意味で会費制を考えましょうね。今後も友人関係、親族の関係は縁が切れない限りは永遠に続きます。

 

そういうこともありますので、結婚式で縁が深まるようなおもてなしを考えましょうね。

 

費用は安いものではないですが、思い出に残る式を挙げることが出来たらいいですね。

 

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ