9月の第三月曜は「敬老の日」です。

日にちは9月15日と言う事で日曜日、月曜日と連休になりますね^^

 

「敬老の日」って老人を敬う日でしょ!?というニュアンスくらいで、どんな日なのか詳しく知っている人ってあまりいないんじゃないでしょうか?

 

そこで今回はそんな「敬老の日」の由来や人気のあるプレゼントについて調べてみたので参考にしてみて下さい^^

敬老の日とは

概略を言いますと「多年にわたり社会に貢献してきた老人を敬愛し長寿を祝う」と言うものらしいです。

 

まぁ、私たち日本人は小さな頃から保育園や幼稚園などを通して「敬老の日」と言うものを経験してきていますので、詳しくは分からなくとも大まかなニュアンスくらいは分かりますよね^^

 

これ、実は凄いことなんですよ(*^。^*)

 

では、もう少し「敬老の日」の由来について掘り下げていってみましょう☆

 

「敬老の日」とはもともと違った呼び名として制定されていました。

1954年(昭和29年)・・・「年寄りの日」が制定されました。

1963年(昭和38年)・・・「老人の日」に改称

1964年(昭和39年)・・・現在の「敬老の日」に改称

1966年(昭和41年)・・・国民の休日に制定

2003年(平成15年)・・・9月15日からハッピーマンデー法により9月の第三月曜に制定

現在の「敬老の日」になるまでに色々と変化してきたんですね。そして、ハッピーマンデー法の施行の年に若干揉め事があったみたいで、9月15日を「老人の日」とし、その後の1週間を『老人週間』としているのだそうです。

 

知っていましたか?私は知りませんでしたw

 

ではでは、次はその「敬老の日」の起源や由来についてです。

 

主に二つの由来が言い伝えられています。

 

-由来(1)聖徳太子説

聖徳太子が大阪に四天王寺を建設した時に、四天王に合わせて「悲田院」、「敬田院」、「施薬院」、「療病院」という施設を造りました。

そのうちの「悲田院」と言うのが、今でいう老人ホームの様な施設だったのだそうです。そして、その日と言うのが9月15日だったという俗説。

しかし、聖徳太子の「悲田院」が日本で最初と言われてはいるのですが記録に残ってなく、記録上では光明皇后の悲田院が日本最古のようです。

 

-由来(2)養老の滝説

もう一つの有名な俗説として元正天皇が9月に岐阜県の養老の滝へ行った際に、霊亀3年を「養老元年」に制定し、高齢者に贈り物をしたことに肖ったという説。

 

ん~、正直二つともなんだか胡散臭い。。。と言うのが私の感想でしょうかw

 

昭和29年に「年寄りの日」が制定されたわけですから、詳しく記録に残っていてもおかしくないはずなのに、聖徳太子や元正天皇の時代まで遡るというのは少々違和感があります!

 

恐らくはそれぞれ後付けされてそれとなぁく伝説っぽくなったのかもしれませんね。。。真実は今の段階では謎のままということです。

 

sponsored link

「敬老の日」に貰いたいものと贈りたいものにはズレがある!

これは、ある機関が独自にアンケートした結果なんですが、少しビックリです^^

貰って嬉しいもの
1位・・・一緒に食事に行く

2位・・・花

3位・・・旅行

4位・・・電話や手紙

5位・・・身に付けるもの

6位・・・食べ物

贈りたいもの

1位・・・身に付けるもの

2位・・・食べ物

3位・・・一緒に外食に行く

4位・・・花

5位・・・電話や手紙

6位・・・旅行

大きくズレが生じていますね。。。やはり、リアルに自分の子や孫たちと接したいというのが本音なのでしょう。

 

私の両親も「定年退職したら、暇になるし孫を見るのが一番の楽しみ」と言うくらいですw

 

【あとがき】

私にはもう祖父母はいませんが、もっと色々話をしたり贈り物をしたらよかったのかなって「敬老の日」が来るたびに考えてしまいます。

自分の子供達にはそんな気持ちになって欲しくはないので、「敬老の日」を使って少しでも祖父母との親睦を深めれるといいなぁと感じています^^


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ