今回は結婚後の家計管理は共働き夫婦ってどうしてるの!?ということで解説したいと思います。

 

結婚して幸せ一杯の新婚さん。共働きだから収入は倍!?なんて気楽に思っていたのになぜかお金が貯まらない・・・しかし、はやく子供も欲しいけどそうなるとどちらか働けない!

 

収入が減ってしまうし、夢のマイホーム購入も視野に入れたいところですね。

 

せっかくの新婚ラブラブでもお金の問題が立ちはだかると一気に冷めてしまった・・・・なんてならない為にも、早い段階でお金の問題は徹底しておきたいですよね。

 

末永く幸せな老後を目指していろんな方向から、家計のやりくりの方法を考えてみましょう。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

結婚後は夫婦家計分担タイプ

kannri

支出項目別に、夫と妻の負担を予め決めて、家計管理をする方法です。

 

この分担型は、それがそのまま固定化されることが多いです。一般的に、

  • ・家賃、水道光熱費など毎月固定的に支出する費目を夫が負担
  • ・食材料費や日用雑貨などの生活関連の支出を妻が負担

こういった場合が多いです。

 

このタイプの欠点は、子供ができると、固定的に発生する保育料は夫、子供にかかる日用雑貨などは妻というように、費用別にの家計管理をしようとします。しかし、追加発生する費用は、当たり前ですが成長と共に増えていくので、お互いの負担感が増してきます。

 

お互い収入・出費を正確に伝える夫婦もあまりいないので、自分の負担が次第に増す→実は相手は余裕があるのではないか?

 

自分だけ損をしているのではないか?疑心暗鬼にもなります。しかしながら把握不足の為、相手の負担支出については無知で、夫婦で家計を管理するという意識が希薄になりがちです。

 

そこで、対策としては、分担する場合でも、それぞれの収入と支出、そして貯蓄額を記録し、お互い理解することが不可欠です。

 

そして貯蓄もきっちりと計画し、出費分担も定期的に見直すことが上手に家計を管理する秘訣です。

 

結婚後の家計はすべてお任せタイプ

kakei

妻、または夫どちらかが家計管理を全て行う管理法です。管理しない側は、まったく収入・出費は自分が関心を持たない限りは知ることはありません。

 

苦労もしない分、喜びもわからない・・・ということになります。基本、任された側は全体像が把握できるようになります。

 

一見、一番良い方法に思えるのですがこちらにもおとし穴があります。この方法の場合、注意すべきは収入はすべて一度管理する側に渡す!という事です。

 

必要経費の身を渡すというのは避けましょう。

 

管理しない側には、お小遣い制となりますね。そして、できるだけ管理側は報告をしましょう。現状は厳しいのか、余裕があるのか、家計の把握と意識の共有が必要です。

 

そうすれば、管理しなくとも無駄な出費を心がける事ができるのではないでしょうか?そして大切なのは節約意識ですね。

 

そして報告することで、お互い今現在の家計状況が把握できますからね。預けた側も安心することができます。

 

sponsored link

結婚後も今日を生きる自由タイプ

huuhu

生活に余裕があり、お互いが節約・貯蓄の必要性よりも、現在を楽しむことに時間とお金を消費することを重視するタイプです。このタイプはお金を消費し続けます。

 

あまりこのタイプで家計をやりくりしている人はいないかもしれません。

 

うらやましい限りですが(笑)もちろん、節約・貯金に関心があまり無いでしょう。そして生活水準がもともと高いのでなかなか下げることが出来ません。

 

余裕があるうちはいいのですが、ライフスタイルがかわると一気に財政難に陥ったりしてしまいます。

 

子供が増えて成長すると破綻・・・・なんて恐怖が待っています。もちろん、その時は考えもしてないでしょうけど・・・。

 

余裕があるなら、家計を把握したうえで家族が楽しめる事にお金を消費しましょう。そして素敵な思い出を作りましょう。

 

まとめ

どうでしょう?共働きで2人の時は家計というのはさほど問題も無いでしょう。新婚ほやほやで出費もそこそこ膨らむとは思いますが、今から、どんどん出費は膨らんでいきます。

 

それとは対照的に、収入と言うのは残念ならがそれほど急激に増えたりしません。

 

家計管理は夫婦の数だけ管理方法があります。絶対にこの方法で管理する!というのはありません。収入も違えば価値観も違います。子供の数によっても、持家なのかそうでないのかによってもかわってきます。

 

そして時と共にライフスタイルも変わっていくでしょう。

 

それに応じて、話合って解決出来て行くと良いですね!そして節約も大切ですが節約しすぎて生活に豊かさが無くなるなんてことも辞めましょうね。私は上記の中ではおまかせタイプなのですが、毎月の小遣いでなんとかやりくりしています。私自身、

 

お金を預けること=信用している

 

と言った感じなので、生活自体に窮屈さは感じていません。

 

しかし、たまに贅沢するために個人貯金もしています。たまには贅沢もいいのではないでしょうか?そして自己投資も大切です。

 

貯蓄に関しても“ちょうどいいバランス”が大切で、無理をし過ぎてバランスを崩してしまうと、将来的にかならず歪(ひずみ)が生じてしまいます。

 

しっかりとした資産計画に基づいた適切な家計管理を心掛けましょう!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ