今回は結婚式の資金(費用)貯金してる?最低いくらあると安心?について紹介してみたいと思います。「結婚したい!」と思ったときに、手に取る情報誌やネットで挙式・披露宴の写真で様子を見ながら幸せを夢見るんですよね・・・・・。

 

で、一番大事なのは、そこにある愛ですが、もちろん、お金も必要です!あなたは結婚式に必要な資金(費用)貯金していますか?

 

結婚式は2人で力を合わせる第一歩目です。

 

二人で苦労試合ながら立派な式を挙げる!それをすることで愛もさらに深まり、価値観や性格の理解もより深まります。しかし、お金の問題って常にどこへ行ってもついてきてしまうものです。お金のことで喧嘩しない為にも、金銭的に余裕を持っておきたいものですが大丈夫でしょうか?

 

今回は結婚式に必要な費用等についてまとめてみましたのであなたのウエディングプランの参考にしていただければと思います。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

結婚式に必要なお金(資金・費用)

okane01

 

結婚に必要なお金は、

  • 式場
  • 披露宴
  • 参加人数

などによって大幅に違ってきます。そして多くは式の前に支払いが必要で、追加経費に関しては後日支払いが一般的です。勿論、参加者からはご祝儀を頂けますがそれは式当日がほとんどだと思います。

 

やはり前もって出て行くお金(支出)に関しては必ず準備が必要です。

 

お祝いのご祝儀等をあてにすることのないように前もってキチンと計画することが大切ですし貯金は多めにしておきたいものです。

 

昔から平均100万~300万円くらい貯蓄をしている人が多いですが、中には「0」の方も少なくないはずです。今このブログにたどり着いたあなたはまだ間に合いますので少しずつでも貯金の準備に取り掛かりましょう!

結婚式での必要な諸費用

hiyou01

 

  • 挙式料・・・・・5万~20万
  • 衣装・・・・・40~70万
  • 指輪・・・・・10万前後
  • 披露宴・・・・・1.5万~2.5万(一人当たり)
  • メイク・着付・・・・・10万前後
  • ブーケ・・・・・3万前後
  • 会場装花・・・・・10~20万
  • ケーキ・・・・・5万~10万
  • 司会・・・・・5万~15万
  • 写真・・・・・15万~30万
  • 会場使用料・・・・・20万~30万
  • 照明・演出料・・・・・10万~20万
  • 引き出物・・・・・5000~1万(一人当たり)

 

上記の様な感じでザットですが50名挙式で150〜200万位は必要になりますね。最近ではパッケージの様なプランもありますので、10名で20万円くらいなど上記よりもかなりお手軽にできるものもあります。

 

もちろん考え方は様々です!

 

人生一度なので盛大にしたい!という人も居れば、そこにはあまりお金をかけずに旅行に使痛いよね!という人も居ます。しかし、女性は誰もが一度はドレスにあこがれをもったことがあるはずです。

 

親もきっと晴れ姿が見たいはずですので、小さな結婚式だったとしても心に残る挙式を挙げることを心掛けてみましょう。なので、結婚式をするにあたって安心できる貯蓄額は最低100万円は必要だと私は思います。

 

sponsored link

結婚式費用の貯蓄方法

cyochiku

貯金ってなかなか難しいかもしれません。しかし、まだ2人だけだと比較的金銭的に余裕がある時期なんですよ?結婚してマイホームを建て、子供が出来。。。なんてことになれば金銭的には今よりも自由の幅が狭くなってきてしまいます。

 

なので今、結婚式の費用を少しでも貯金していくことで、今まで貯金とは無縁だった人もこれを機に貯金癖をつけてみましょう。

 

お金は無いよりはあったほうが絶対にいいです。では貯金方法なのですが基本は、

 

毎月の給料から一定額を貯金することです。

 

定額貯金や会社などでは財形貯蓄などもあると思いますので、利用してみるといいですね。振り込まれた時点で貯金がされているので安心です。しかも残った給料でやりくりするので節約にもつながります!

 

ポイントは給料日に貯金すること!ここを押さえておきましょうね。あとボーナスなどはボーナス全部を貯金に当てるのではなく、半分くらいで私はいいと思います。もちろんボーナス払いなどで消えてしまうお金もありますが、基本的にボーナスは自分自身へのご褒美だと私は思っています。

 

結婚式の費用はもちろん大切ですが、せっかく連日会社に赴いて頑張っているのですから自分自身にもご褒美をあげて欲しいと私は考えます。

 

なので、ボーナス等は半分貯蓄に回して残り半分は支払いや自分自身へのご褒美というのがベストだと思います。もちろん金銭的に余裕があるのであれば多めに貯蓄する方がいいですね。

 

まとめ

結婚式は女性にとって特別だと思います。子供のころ、夢に描いた様なキラキラした思い出なのでは無いでしょうか?私は、当時は結婚式を挙げなくても良い派でしたが、結局小さな親族のみの挙式を挙げました。

 

衣装も特に希望は無かったのですが、数よりも良い物を着たかったので、お色直し無しでとても高価な白いドレスを着用させてもらいました。ドレスって購入したら10万程でも貸衣装ってとっても高いんですよね。

 

ビックリです!!

 

40万、50万なんてざらでしたからね。男性は10万程ですが。。。(笑)

 

私の場合ですが親族のみでも60名程いたと思います。でも、結果的に2人で初めて苦難を乗り越えてそれを形にする事が出来た!という達成感を結婚式では味わう事が出来ました。もちろん喧嘩もしました!でも喧嘩をした分、距離も縮まった気もします。

 

その時に話合った事やお金の事も、その後良い経験として今では活かす事が出来ています。

 

結婚式はあげるべきだと思います!

 

ビデオや写真も出来るだけプロにお願いしましょうね!思い出を振り返った時に見てみると、初心を思い出します。さらに将来、自分の子供に見せるとすごく喜んでくれます!

 

是非!心に残る結婚式をしましょう!成功させましょうね。

 

そして最近は会費制ウエディングなんてものもあるんですね。最近の風潮に合わせた画期的なものになっていますので一度知っておくと今後のためになるかもしれません。

 

⇒「会費制ウエディングって何!?損なの!?得なの!?」

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ