この記事では結婚式の御祝儀の相場【親族・上司・夫婦等】についてご紹介したいと思います。

 

結婚式の御祝儀は、結婚を祝う気持ちを形で表すために贈るお金やプレゼントですよね。

 

一般的には「御祝儀」=「現金を示しています。

 

そして、御祝儀といっても、相手と自分との関係によって金額の相場は変わりますよね!また、自分の年齢によっても変わるものです。

 

すでに結婚している人が御祝儀を包む場合、自分の結婚式で頂いた金額と同額を包むのが基本とされていますが、初めての場合はやっぱり悩みますよね。

 

では、早速解説していきますね。


結婚式の祝儀の相場!【親族(親・兄弟・甥・姪)】(3〜10万円)

新郎新婦との関係が親族である場合、御祝儀の相場は幅がありますよね。

 

これは新郎新婦とゲストの関係が近いか遠いかで変わってきます。

祝儀の相場:兄弟の場合

私の周りでは5万円を包んだという人が多い気がします。

 

これはゲストの年齢が20代でも40代以上でも変わらず5万円という話を聞きました。すごく仲がいい兄弟だと10万円という人も。。。

 

これは私の友達なのですが、すごく仲のいい姉妹で、妹の方が先に結婚したので、お姉さんは10万円包んだって言っていましたよ。

祝儀の相場:従兄弟、甥、姪の場合

従兄弟や甥・姪などは少し遠い関係になる場合が多いですよね。

 

そして、新郎新婦より若い場合、20代の場合は3万円を包むことが多いようです。

 

伯父伯母または叔父叔母のように夫婦で出席すると、5〜10万円が相場になります。

 

このあたりの親族はみんなで金額を話し合ったり、家族毎で包んだりすることもあるそうです。同じ親族で以前にも結婚式があればその時と同じ額にするのが無難ですね。

祝儀の相場:親の場合

結婚式に出席された方はご存知かと思いますが、御祝儀は式場の受付で渡しますよね。

 

その時、新郎新婦の親が渡すことはほぼありません。でも、親がお祝いをしないという意味ではないですよね^^

 

私のときもそうでしたが、結婚式代は両家の両親によって支払われましたし、結婚するにあたって必要な金銭的援助はたっぷりと受けました。

 

御祝儀という形では渡されていませんが、事前に、そしてその後も(笑)

 

両家両親にはお世話になっています。ただし、これは一般的な話で、金銭が絡むとちょっと揉めたりすることもあるそうです。

 

結婚にかかる費用は一切面倒をみないという考えのご家庭もあるそうですし、地域によっても異なってくるようです。

 

昔は名古屋の嫁入りは豪華ってよく聞きましたものね。

 

そのため、新郎新婦が両家両親の間に入って、親からの御祝儀については話し合うことが良いようです。

sponsored link

結婚式の祝儀の相場!【上司・同僚】(3〜5万円)

会社関係だと、いくら包むのか結構悩みますよね。

 

一般的に、披露宴の席代、食事代、ドリンク代、引き出物で大体2万円分くらいかかっているそうなんです。

 

そのため、あとプラス1万円がお祝いの気持ちとして、「3万円」が結婚式の御祝儀の基本の相場と言われています。

 

祝儀の相場:同僚・部下、先輩後輩の場合

これらの関係では3万円がベストと言われています。

 

そして、招待された仲間で金額を合わせておきましょう。

祝儀の相場:上司の場合

上司といっても、役職が付いている場合、3万円でも構いませんが、やはり5万は包んでおくほうが良いとされています。

 

さらに、社長が出席する場合は5〜10万円は包みたいですよね。

 

新郎新婦の同僚と同じ3万円だとちょっと、なんだかな〜って感じてしまいますからね(笑)

 

結婚式の祝儀の相場!【夫婦で出席の場合】(5万円)

夫婦で結婚式に招待され、御祝儀を包む場合、一人ずつではなく、夫婦二人分をもまとめて渡すのが基本です。

 

そして、二人で5万円が相場です。

 

先程、御祝儀の相場の基本は一人3万円とご紹介しましたが、二人分で6万円だとあまり好ましくないとされています。

 

御祝儀では偶数は割り切れるので縁起が悪いとされていますよね?

 

また、引き出物は夫婦で一つである場合がほとんどなので、5万円が相場となっていますよ。

 

あとは、新郎新婦との親密さによって、「5万円+プレゼント」や、「7〜8万円」の御祝儀にするなど増やす分にはOKですよ。

 

そして、親族の結婚式に夫婦で出席する場合は、10万円という場合も少なくありません。

 

まとめ

いかがでしたか?ここで少しまとめてみたいと思います。

【親族】

  • 兄弟・・・5〜10万円
  • 従兄弟や甥、姪・・・3万(伯父伯母又は叔父叔母夫婦で出席の場合・・・5〜10万円)

【会社関係】

  • 同僚・部下、先輩後輩・・・3万円
  • 上司・・・3〜5万円(社長の場合・・・5〜10万円)

【友人関係】

  • 友人・・・3万円
  • 友人(夫婦で出席)・・・5万円〜

結婚式の御祝儀、悩みますよね。でも、基本は3万円であることを覚えておくと良いですよね。

 

新郎新婦と仲が良ければ5万円、夫婦で出席だとさらにプラスしていけば良いのです。

 

私が以前夫婦で出席した結婚式は非常に親しい方だったのと、子供も招待して頂いたので10万円包みました。

 

でも、ギリギリまで悩みました(笑)

 

10万円包むと逆に気を遣わせるのではないかとか、でも子供もいるし、7万や8万って微妙じゃないですか?そして結局きりのいい10万円。

 

御祝儀袋も、包む金額によって変わることご存知でしたか?金額によって飾りや質感が変わるそうです。

 

3万円だと、200〜300円、5万円だと300〜500円くらいの御祝儀袋です。

 

ちゃんと外袋に○万円用って記載されているので安心ですね^^

 

しかし、最近はテレビなどで紹介されたハンカチで出来た御祝儀袋が話題となっています。

 

地方によっては販売されていないところもありますので、ぜひ話題性のあるハンカチご祝儀袋を使ってみてはいかがですか?

 

そして、御祝儀では偶数の金額は縁起が悪いとされていますよね。でも最近は、「2万円」という場合も増えているそうです。

 

2という数字はペアという意味もあるので、最近はタブーではなくなってきているそうです。

 

でも、一万円札を二枚包むことに抵抗があれば、一万円札一枚と五千円札二枚、計三枚にすることもあるのです。

 

これは地域の風習や一緒に出席する方と合わせるといいですね。

 

ぜひ参考にしてみてくださいね。

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ