今回は子供の自転車のサイズと選び方のポイントについて紹介してみたいと思います。三輪車をある程度乗れるようになってくると、「自転車買って!」「自転車欲しい!」と言いませんか?・・・我が子のことなんですけどね(笑)

 

まだまだ小さい頃は、三輪車にちょこんと座って、後ろから押してもらうだけで満足していましたが、大きくなると、自分でペダルをこげる様になります。

 

そうすると物足りないのでしょうか、近所のお兄ちゃん、お姉ちゃんが乗り回している自転車に憧れを抱くのです。

 

最近は私が子供の頃と比べ、子供の自転車事情も大きく変わっているように思います。近所の公園でも2歳くらいの子供が「トレーニングバイク」というペダルなしの自転車にまたがって乗り回していたり、早い子は3歳くらいでこまなし自転車を上手に乗りこなしていたりもします。

 

うちの子はペダルなし自転車は気に入らなかったようで、補助輪付きを経ての自転車でした。

 

この自転車、選ぶまでにすごく時間がかかりました。

子供の意見を尊重するとサイズそっちのけで、デザイン重視になりませんか?でも、ハンドルの形やサイズなど選ぶ際、色々考えなければなりませんよね。

そこで今日は、子供の自転車のサイズと選び方のポイントを調べてまとめてみました。これからお子様に自転車を購入予定の方、また、買い替えを考えている方はぜひ参考にして下さいね!


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

子供の自転車のサイズと種類

jitennsya-rennsyuu

先程もご紹介したように、最近はペダルなし自転車というものがあります。そして子供用の自転車には大きく分けて3種類あります。そして少しわかりにくいキッズサイクルとジュニアサイクルはタイヤサイズで分類されるのです。

トレーニングバイク

ペダルやギアがないタイプの自転車です。ペダルがうまくこげなくても、地面を足で蹴って進めるのでサドルにまたがり、地面に足がつけば乗ることができます。大体、身長80cm以上から乗ることができ、年齢では2歳〜5歳くらいまで使用することができます。

キッズサイクル

12〜18型の自転車で、2〜8歳程度まで乗ることができます。わかりやすく適応身長の目安としては、

12型:80〜105cm
14型:90〜111cm
16型:98〜119cm
18型:103〜125cm

となっています。キッズサイクルにはかじ取り棒がついている自転車もあり、小さな子供でも安心して乗ることができます。また、補助輪のついているモデルも多いのがこのキッズサイクルです。

ジュニアサイクル

補助輪が取れた小学生くらいから選べる自転車で、大体5〜11歳程度が年齢の目安です。適応身長の目安は、

20型:110〜135cm
22型:116〜146cm
24型:121〜154cm

となっています。最近よく見かける子供乗せ自転車は20型のモデルからあるので、ジュニアサイクルといっても、もう十分立派な自転車ですよね。

 

sponsored link

自転車の選び方のポイント

koreda

先述したようにサイズは12型からあることが分かりました。ではどのように選ぶのが良いのでしょうか?サイズのポイントは、自転車にまたがってみて「両足のつま先が地面につくか」どうかを目安にすると良いかもしれません。

 

例えば身長が110cmの子供の場合、身長目安でいくと14〜20型まで適応ということになりますよね。でも、まだ自転車に乗り始めたばかりの子供と補助輪なしでスイスイ乗れる子供とでは、同じ身長でもサイズが異なります。

 

補助輪付きの場合は、やはりキッズサイクルの方がいいですよね。

 

そして、練習を始めたばかりの頃は、つま先だけではなく、足の裏がしっかり地面につくくらいのサイズが安心です。

 

うちの子も自転車に乗り始めてすぐはやはりバランスがうまくとれず、何度も転びそうになりましたが、小さめのサイズの自転車で練習していたため倒れる前に両足をつけて止まることができますし自転車自体を自分で支えることもできていました。

補助輪も外れて十分乗りこなすことができ、ブレーキなども問題なく使用できるのであれば、ジュニアサイクルでOKでしょう!

親としては自転車の買い替えはなるべく避けたくありませんか?(笑)よく、「大は小を兼ねる」と言いますが、子供の自転車選びに関してはそうとは言えないかもしれません!

 

サイズ選びのポイント

1)実際に自転車にまたがらせます。

2)試乗可能なお店が多いので、お店の敷地で少し漕がせてみます。

すると、またがった時は大丈夫そうでも漕ぎ始めるとサイズが合わない場合も出てきますよ。我が子の例ばかりで申し訳ありませんが、我が子は一番初め店頭で試乗出来たデザイン違いの16と18型で迷いました。

 

どちらも足はしっかり地面につくのですが、漕ぎ出すとうまく乗れないのです。というのも、ハンドルの形やサドルの形によって乗り心地が違うようなのです。

 

本当に些細なことなのですが、ハンドルが真っ直ぐなタイプと、曲がったタイプとでバランスがうまく取れなくなるようなのです。

 

その後、何軒か自転車めぐりをして、子供に合うハンドルとサドルの形のサイズを見つけることができました!我が子は慎重派というか怖がりで運動神経もあまり良いとは言えないので、なかなかうまく乗れなかったのかもしれません(笑)

 

でも、子供の初めての自転車選びをしてみてわかったことなのですがデザインやまたがるだけではなく、実際に少し試乗してみることが重要だと感じました。

 

まとめ

いかがでしたか?子供の自転車にはべダルなしのものも含めると3種類あります。身長や年齢に応じて大体のサイズを決めることができます。購入する際はデザインだけで選ぶのではなく、実際にまたがって試乗してみることをおススメします。

 

また、子供が自転車に乗る際は、ヘルメットやプロテクターを装着すると親としても安心です!

そして、購入の際は合わせて自転車向け保険についてもご検討しておくと良いですよ!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ