今回は小学生の塾はいつから必要?気になる費用と選び方!について紹介してみたいと思います。育児や家族として生活していくと毎日が一瞬のように忙しく過ぎて行きますね。

 

毎日の仕事・家事・育児でお母さんは大忙し。さて・・・子供の育児でお勉強ってあなたはどうされていますか?小学校入学前になると、周りの子と比べて自分の子供の学力って気になりませんか?そんな時に考えるのがですよね。

 

いったいいつから行かせればいいのでしょう?

 

そしてどうやって選びますか?費用も気になりますよね?今回は小学生の塾はいつから必要か?気になる費用と選び方について紹介して見たいと思います。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

小学生で塾はいつから行けばいい?

jyuku

 

みんなはいつから塾に通い始めたの?の質問に対して、世間的な統計で、

 

  • 小学1年・・・7%
  • 小学2年・・・4%
  • 小学3年・・・11%
  • 小学4年・・・21%
  • 小学5年・・・18%
  • 小学6年・・・4%

 

(但し、上記の数字には、通信教育(ベネッセ等)を使用している方は含まれていません)しかしなんとなんと・・・一番多かった35%が上記には載っていない「幼稚園の時」でした・・・・。

 

これには驚愕ですね!

 

私が保育園に行っていた時では考えられないことですし、小学生の頃でも習い事や塾に行っている子ってすごく知的に感じましたからね。やはり時代の流れなのかもしれませんね。

 

しかし、幼稚園の頃から塾に行かすというのは小学校へ上がる前の予習的なことなのでしょうか?

 

もちろんお受験があれば、それなりに必要なのかも知れません。小学校の授業も、週休二日制と未だに「ゆとり教育」というものでかなり授業の流れが速いので、良くできるお子さんは授業だけでもついて行けるのでしょうが、・・・・遅れちゃう子ももちろん居ると思います。(最近ゆとり教育廃止の声も徐々に高まってきています)

 

実際、我が子が入学した時に学校で初めて足し算するよ!という子は少なかったです。やはり最近は入学後に転けないためにもある程度、塾などで地盤を固めている傾向にあるようです。

 

小学生は塾で何を教わるの?

nayami

 

塾とはいっても、何を習わすかですが、やはり、入学前は読み書きを習う場合が多く、小学3.4年になると補習塾、進学塾になってくるのが一般的なようですね。

 

高学年位になると中学受験を視野に入れ始めるようです。授業についていけているか、いないかで習わせる塾はかわっていきます。

 

小学生で塾に通っている子は全体で見ると50%程で、通わせる予定という人は15%ということなので、全体の6割~7割が塾にお世話になるということになります。

 

教科としては算数・国語が中心となり最近では英語もプラスαで習わせている方も珍しくないようです。

 

実際私の息子も塾に通わせているのですが、塾では「国語」、「算数」、「英語」を習っている子は全体の半数以上になります。我が子も塾で習っている教科の成績だけは標準よりもいいです。(他の教科もあったら助かるのですが。。。笑)

 

sponsored link

小学生の塾選びで費用はいくらかかる?

okane

 

塾では御存じの通り月謝を払います。そして教材費もかかってきます。勉強はまとめてするものではないので、週二回と考えて・・・・2教科・・・ということも考えると月の平均で塾にかけるお金のは1万〜1万5千円という結果がありました。

 

2人だと約3万です・・・・結構高額ですよね。

 

勉強だけなら良いのですが、体力的にも他の子よりも向上させたいという人はサッカーや野球、そしてスイミングに書道、絵画、中にはタレント養成スクールなんて人もいました。

 

有名大学へ進む子のほとんどがスイミングを習っていたって話も聞きますのでやはりある程度の習い事はさせておく方が子供の可能性の幅を広げるのかもしれませんね。しかし、子供とはいえ毎日習い事では可哀想な気もします。。。

 

そういう理由からか、幼稚園から塾へ通わせていると答えた人で一番多かったのは公文でした。公文式では学年よりも一つ下のレベルの教材を始めにやり始めます。

 

そこで「できる!」という喜びや達成感を与え、徐々に難易度を上げていくわけです。

 

だいたい、教材の学年とリアルの学年が一致するのが約1年後くらいです。なので無理なく、そして復習を兼ねて勉強を進めていくことができるんですね。

 

勉強なので一気に学力が向上することはありませんが、徐々に学力は上がり気がつけば周りよりも一歩進んだ勉強をしていた!ってことになる可能性は十分にありますし、実際私の息子はこんな感じでした。

 

ちなみに公文式の場合は1教科6000円ですので、「国語」、「算数」、「英語」の3教科だと単純に18000円の月謝になります。(高いですね。。。笑)

 

しかし、進学塾タイプだと何教科でも週2日です。勿論月謝は一律ではありません教材費がかからないところもあるというのも魅力ですし、だいたい開始・終了時刻が決まっているので送り迎えも楽ですよね。

 

まとめ

子供の塾ですが基本的に、学校の授業だけで成績優秀!それが本当に親孝行だと思ってしまうのは私だけでしょうか(笑)色々わかったところで、お金がないから自分で教えようか!小学程度なら大丈夫!って思うってしまうかもしれませんが、実際のところなかなか出来ません。

 

時間もありませんし最近は進むスピードが早いです!

 

それに自分で教えるとなると教材も自身で用意しなければいけませんし上手に教えないと子供はパニックになります。しかも、親となると緊張感も無いのでやりたい放題。

 

力が入る程、真剣な程、叱ってしまう可能性もあるわけです。中学受験をするかしないか?にも関わってきますが、出来るだけ頭が柔らかいうちに(若いうちに)色々学んで欲しいと思うのが親だと思います。

 

これは誰もが思うことです。

 

習い事に塾にと子供は一生懸命頑張りますがそれを手助けするのは金銭的な物だけでなく、親のフォローも必要だったりするので塾に行かせているから勉強は大丈夫だ!と慢心するのではなく、日々の子どもとのコミュニケーションをとることでより一層勉強に力も入るのではないでしょうか!?

 

なので心のメンテナンスはもちろん必要です。相手は子供ですからね。一番はむちを打ちながらも、勉強していることに対して大いに褒めてあげることが大切ですし成績が上がったら、「頑張ったね!」って言葉をかけてあげましょう。

 

そうすることで徐々にやる気も上がり成績も上がるはずです!

 

私の経験上そう思います。


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ