今回は子供の靴のサイズの選び方!気をつけたい3つのこと!について紹介してみたいと思います。子供の靴のサイズの選び方ってどうしていますか?子供(幼児)が立ち始めるとそろそろ靴が必要?なんて思いますよね。

 

立ち始めたからと言ってすぐに靴を履かせる必要はないのですが、かといってずっと裸足でいるのもこの時期だったら何だか寒そうだし、「おしゃれは足元から」なんて言葉もあるくらいなので、赤ちゃんと言えどもファッションの一部として靴を履かせてあげたいとも思いますよね。

 

お友達はしっかり歩くようではないですが記念として「ファーストシューズ」を手作りしていました。そうなんです、子供の靴って実は色々あるんです。

 

お子様がいらっしゃる方なら靴売り場は行かれたことありますよね?こんな小さいサイズからあるの?というくらい大人と同じデザインの靴だってあるんです。

 

ヨチヨチ歩きさん用から始まり、しっかり歩いたり走ったりできるようになるまで色々な機能を備えた様々なデザインの子供用の靴が靴売り場には並んでいます。ではこれだけ色々ある子供の靴、一体どうやって選んだらいいのでしょうか?

 

今回は子供の靴のサイズの選び方と気をつけておきたい3つのことを紹介します。

子供の靴の選び方と気をつけたい3つのこと

Print

 

靴を選ぶ際に足のサイズに合ったものを選ぶのは当然ですよね?最近は多くの靴売り場で足の計測をしてくれる機械を見かけます。また、ベビーシューズをメインに扱っている売り場ならシューフィッターさんがいて、丁寧に子供の足を計測してくれます。

 

そしてぴったりの靴を選んでくれるんです。

 

我が子も初めて歩く用の靴を買う時はシューフィッターさんに計測してもらいました。まずは足の長さを測ってもらい、それより5~9mmほど大きいサイズを出してもらいました。

 

左右で足の長さは少し違うので、大きいほうに合わせます。そして子供の足のあった靴を何点か出してもらい、さらに気をつけてチェックしたことは次の3点です。

(1)甲の高さが調節できること

靴のデザインによって甲の高さって微妙に違うんです。もちろん子供によっても甲が高い子もいればそうでもない子もいるので、その子に合ったデザインのものを選びます。

 

そして靴自体でも微調整できるようになっているものを選ぶんです。

 

小さいうちは紐だと危ないし、自分でもできないのでマジックテープタイプがいいですよ。マジックテープも1本だけのものより、2本あると下のほうはきつめにとか、上をきつめに止めるなどしてしっかり固定できますからね。

(2)つま先の厚みと反り上がっていること

歩き始めた頃は足の指で地面をつかむように歩くんです、子供って。そのため、指を靴の中で動かせるように少しゆとりがあるものを選ぶといいです。そして少しつま先が上がったものでないとつまずきやすいのでその点も気をつけましょう!

(3)弾力性がある靴底であるか

3歳くらいまでは土踏まずもできておらず、足の裏全体で着地して歩いています。そのため、着地しやくすて、かかとが安定しやすい靴がいいです。そしてかかとの安定しやすく、素材がやわらかくて足の負担にならないある程度弾力がある靴がいいそうです。靴底が厚すぎてもダメなんですね。

 

以上の点に気をつけて子供に履かせてみました。あと、フィッティングの時は必ず靴下を履かせてくださいね。そして履かせただけではなく、立たせたり、歩かせたりして確認するようにしましょう。

 

そしてさらに何種類かに絞って後は子供が気に入ったものを購入しました。

 

sponsored link

子供の靴の年齢別の平均サイズ表

年齢 身長 靴のサイズ
2歳 90〜95cm 12〜14cm
3〜4歳 95〜105cm 14〜16cm
5〜6歳 105〜115cm 16〜18cm
7〜8歳 115〜125cm 18〜20cm

参考:https://fashionwalker.com/info/size/shoes/

 

あとがき

子供が小さいうちは結構なペースで足が大きくなるので買い替え時期も早いです。その目安として、2歳半くらいまでは半年に1cm程足が大きくなるので、3ヶ月に1度はサイズを確認したほうが良いです

 

そのときは今履いている靴の中敷を見ると、足の型がついているのでどの位置に親指があるかでワンサイズアップするかどうか見極めるといいですね(*^_^*)

 

ある程度子供が大きくなると、サイズさえ分かれば子ども自身が、

 

「ここがきつい!」

「履きにくい!」

 

と聞かなくても言ってくれるので分かりやすいですよね。冒頭にも書きましたが、「おしゃれは足元から」と言いますし、ボロボロの靴を履かせているだけで周囲からは「靴を買ってあげるお金も無いのかしら!?」とも思われかねません。(余計なお世話ですが(笑))

 

まぁ、それ以前に靴が身体に与える影響も少なからずありますので、大人はもとより大切なお子さんの為にも靴選びは重要です。特に小さいお子さんの場合はうろうろすることも多いので、しっかりと選んだ靴じゃないと脱げてしまったりすることもあります。

 

そして、体を支えるのも2本の足なので、靴ってかなり重要な役割を担っているんです。(アスリートの方なんて靴選びにはかなりのこだわりがあるくらいですからね)ぜひ、靴購入の際には上記の項目を参考にしてください!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ