今回は子供の視力低下の原因について紹介してみたいと思います。幼稚園・保育園、または小学校で視力検査を行った際に視力が低下しているという結果にビックリしてしまうことがありました。

 

子供に聞いてみるとやはり最近目の前が少しぼやけたりすることもあるようですし、外見から見ても明らかに目をしかめたりする行為もあるので視力の低下は否定できない状況でした。

 

視力低下の原因として考えられることは恐らくほとんどの人が幾つか答えられるとは思うのですが、思っておいない行動が視力低下につながってしまうこともあるようです。

 

そこで今回はそんな子供の視力についての記事になります。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

子供の視力が低下してしまう原因

genninn01

子供の視力が低下してしまう原因として考えられるのは、主に日々の生活習慣やその周りを取り巻く環境だと考えられています。もちろん生まれ持って視力があまり良くない子もいますが多くの原因は日常にあると言われています。

 

では、そんな日常の中に視力を低下させる原因としてどのようなものがあるのでしょうか!?

パソコン・スマホ・ゲーム

これらは昔から良く言われていることですね。しかし、こんなこと子供に言っていませんか?

 

「そんな暗いところでゲームしたりテレビ見てたら目が悪くなるよ!ヤメなさい!」

 

って。恐らく子供を持つ親はほとんどの人が口に出したことがあるのではないでしょうか!?しかし、暗闇の中でパソコンやスマホ・ゲームをしているから目が悪くなるのではないのです。

 

もしこれが事実なのであれば映画館で映画を観るという行為は視力低下を助長していることになってしまいます。

 

では何故パソコン・スマホ・ゲームが視力低下につながるのでしょうか!?その答えとしては、画面をずっと凝視していることが視力低下の原因になってしまうのです。これらの電子機器を使っている時ってほとんどが同じ姿勢で画面を凝視していますよね!?

 

これにより目の筋肉が固まって焦点が乱れてしまいその結果視力が低下してしまうのです。

 

原因はここにあったのです!なので、これらの電子機器を使用するときには目の休憩が必須になります。その他にも寝そべってスマホをいじったりゲームをするのは乱視になる原因とも言われていますので、対象物と同じ高さの目線で物を見ることが大切になってきます。

 

また、子供がおとなしくなるからといって揺れのある乗り物の中での電子機械の使用も視力低下につながってしまいますので止めるようにしましょう。

ストレス

ストレス社会の中で生きていると言っても過言ではない私たちですが、子供たちは大人以上にストレスの影響を受けやすいと言われています。もちろん今回の視力低下にもかなり影響力があります。

 

家庭環境や学校での出来事などで子供が強くストレスを感じた場合その結果、子供の視力が低下してしまうのです。

 

これは「眼心身症」や「心因性視力障害」と言われるもので比較的軽度なものであるが故に見過ごしてしまいやすいですが、学校や園で行われる視力検査で発覚することが多いです。

カラコン・コンタクトレンズ

カラコンやコンタクトレンズを正しく使用していない場合も視力低下に繋がるようです。さすがに中学生くらいまではカラコンを使ったりすることはないでしょうが、普通のコンタクトレンズを使っている人はいるでしょう!コンタクトレンズの正しい使用というのは、

  • 装用時間を守る
  • 使用期間を守る
  • レンズを清潔に保つ

です。当たり前のことだらけなのですが意外と多くの人が出来ていないので、この基本事項は視力低下を防ぐためにもコンタクトレンズを使っている人は徹底しましょう!

 

また、カラコンに関しては通常のコンタクトレンズよりもレンズの幅に厚みがあり酸素を通しにくいので、不適切な使用はドライアイや角膜のキズなどで視力低下に繋がってきます。

 

正しい使用方法を理解してから使うようにしましょう。

 

そして、眼鏡を使用している場合は定期的にチェックしましょう。目に合っていない眼鏡を使用していると無理にピントを合わそうとしてしまい、目が疲れてしまいます。

 

その結果、気がつくとさらに視力が低下してしまうことになります。

 

眼鏡屋さんでも言われると思いますが、眼鏡のメンテナンスは視力を低下させないためにもとても大切なことなのです。

 

sponsored link

現代の子供は視力が悪すぎる!?

子供の視力は低下は統計上でも年々下がってきているようです。あるデータによると40年前は子供の平均視力は1,5はあったのに対して最近の子供の平均視力は0,8まで落ち込んできているようです。

 

どうやって統計を取っているのかは不明なのですが、肌身を感じて言えることは眼鏡っ子が最近は多い!そう感じます。

 

恐らくこれはスマホやゲームなどの影響だと思うのですが、小学生でも5人中1人は眼鏡をかけているような気がしますし、幼稚園・保育園の子であっても眼鏡をかけている子がいたりします。

 

やはり昨今の子供の視力低下は否定できないのでしょうね。

nikkeishinnbunn
出典:日本経済新聞

これは日本経済新聞が発表した記事の中のグラフなのですが、小学生〜高校生までの裸眼視力の傾向をグラフ化したものです。年代が上がるにつれて視力が低下していくことは昔からのことなのですが、ここで注目してもらいたいのは幼稚園児と小学生のグラフです。

 

1979年代では両者とも20%以下であったものが2015年には30%前後まで来ているのです。これはどういうことかというと10人中3人の幼稚園児または小学生は裸眼での視力が1,0以下という結果です。

 

恐らくこれは先述したスマホやゲームなどの影響が密接に関わっていると思われます。こういった傾向なのだから視力低下は仕方ないと多くの人は思ってしまいがちですが、視力低下による病気の症状は怖いものがあります。

 

なので、低下していく視力を良くしていくことも考えなくてはいけませんよね?

 

>>>急激な視力低下は病気のサイン!?考えられる恐い目の病気

まとめ

いかがでしたでしょうか?子供の視力低下の原因について紹介してみたのですが、考えられる節はありましたでしょうか?恐らく多くの子供達はスマホやゲームの影響で視力の低下が著しくなっているのではないかと思います。

 

スマホやゲームが悪いのではなくて使用したとしても休憩を入れることが目を休ませる上では大切になってくるのです。近代社会の中で電子機器の使用は仕方ない部分ではあるかもしれません。

 

学校でもタブレットを使って授業をしているところもありますからね。

 

しかし、目のことを考えるのであればほどほどにするのがいいですよね。我が家ではゲームをする時も出来るだけブルーライト遮断の眼鏡を使用させています。

 

では、生活習慣を改善したものとして次に視力を向上さすためにはどんなことをすればいいのでしょうか?

 

まず考えることの中に普段の食生活を見直してみるのもいいかもしれません。なので次は目に優しく視力アップにつながる食品を紹介してみたいと思います。

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ