今回は子供部屋はいつから必要?与える際のメリットやデメリットについて紹介してみようと思います。小さいうちは、子供も自分から一人になりたがりませんが 小学生高学年頃になると、自分の部屋を欲しがるようになりますね。

 

これは自我が芽生えてきたという事で良い事なのですが 親にしてみれば、目が届かないところに常に居るように なるわけで・・・少し心配ですよね。

 

子供部屋はいつから必要なのでしょうか? メリット・デメリットはどのようになるのでしょうか?


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

子供部屋はいつから必要?

kodomobeya-hituyou01

統計上、一番多いのが、小学生へ上がるときに机などを買いそろえて 子供部屋を用意するようです。しかしながら、同率で多いのが 中学入学時となっています。

 

小学入学では早いと思われる親が子供に我慢をさせて 仕方なく中学入学時に自分の部屋を与える感じかもしれませんね。

 

小学入学時に子供部屋を与えた親は、

・責任感や自分のスペースを持つ事で 片付け意識が高まるはず。

・机に向かう習慣をつけたかった

という希望が多いです。また、中学入学時と答えた親は、

・自分はもっていなかったので。。。

・思春期もありプライベートな空間も必要。。。

など比較的、仕方なく与えた感がありました。

子供部屋を与えるメリットは?

子供部屋を持つことには心配事もありますが、メリットもあります。 自分の物の管理、部屋がない子供は、どこに何があるかを親が把握している事が多いでしょう。

 

しかし、子供が自分の部屋を持つことで、子供自身が管理しなければならないという状況を必然的に作ることになります。

 

低学年のうちは親が片付け方を教える事も必要ですが自分でそれらを出来るようになっていきます。 また、いくら家族であっても、思春期などで顔も合わせたくない時や1人になりたい時があります。

 

怒られた後に1人で自分の部屋にいることで自分と向き合い「考える」時間を作ることができます。 たしかに、子供は成長するにつれて親に言いたくない、見られたくない、という物事が増えて行きます。

 

これは成長の過程ですから、しかるべき事ではありませんね。自分の子供だからと言って何でも押しつけるのは出来ません! 早かれ遅かれ、子供部屋と言うのは必要かもしれませんね。

子供部屋を与えるデメリットは?

メリットも大きいですが、デメリットもありますね。 勿論、個人の部屋となりますので、何をしているのかわからない。また、何を考えているのかわからない。

 

そのようなデメリットに陥らない様にしなければいけません。

 

子供部屋を与えてしまうと、親には見えません。 しかしながら、そこを放っておかず、きちんと把握する事を忘れてはいけません。 時々は覗いてみることも必要です。

 

リビングでの家族・親子の会話も大切にしなければなりません。見 えない部分があるからこそ、子供の様子をしっかり見ていかなければならないのです。 一人になる事=自立ではありません。

 

勝手に自立していくわけではありませんので、正しい指導の上で自立していくことを忘れない様にしましょう。

 

まとめ

メリット・デメリットをしっかり親は理解した上で、子供部屋を与えてあげてあげましょう。 もちろん、子供だけの部屋を用意出来ない家庭もあると思います。 マイホームを計画してもなかなか難しいでしょう。

 

そういう場合は、上手に仕切ってあげて、子供部屋、一人の空間とまでは行かなくとも プライベートな空間として使用出来れば、自分を見つめる空間として使用出来るかもしれませんね。

 

家族が増えるほど、子供部屋も難しいですし、兄弟の配分もどうするか 問題も多いですが、出来るだけ、自立心を高め、自分の事は自分で、 また、落ち着く空間があればいいのではないでしょうか?

 

子供が必要としないのであれば、それはそれで無理に作る必要も無いと思いますので 臨機応変に対応できると良いですね。


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ