今回は育児疲れを夫が理解してくれない!不満や不安を解消する方法について紹介してみたいと思います。「イクメン」という言葉が結構浸透してきていますが、それでも子育て中のママはパパ(夫)への不満や不安がなくなることってないですよね?

 

そもそも「イクメン」とは育児を積極的にするメンズのことですよね。でもママたちの意見によると、子供は2人の子供なんだから世話をするのは当然のことで、

 

自分はイクメンだ!

 

なんて言ってる人ほど育児に参加してないよね~なんて!子育て中のママが集まると大体話題が子育てとパパの愚痴なんでどこまでが本気でどこからが誇張されているのかは不明です。

 

しかし、少なからずとも誰でもパパへの育児に対する不満不安はあるのではないでしょうか?そこで今日はこのパパへの不満や不安を上手に解消する方法をご紹介したいと思います。

何気なく積もっていくパパへのイライラ

iraira

パパへの不満や不安ってどんなことですか?よくあるのが、

 

パパは仕事が忙しくて子供とほとんど接する時間がないことです。

 

子供と接する時間がほとんどないと、人見知りの時期なんかパパなのに赤ちゃんは拒否しますよね。パパではなく知らない人と思ってるのではないかなってちょっと心配になってしまいます。

 

またママとしてもほとんど家にいないとなると育児は一人でしなければなりませんよね。たまの休みくらい手伝ってよと思っても、ずっと寝てる場合もあるし、手伝ってくれようとするけど慣れてないので結局手間がかかってしまうから、

 

もう自分でやるわ!

 

なんてなったりしませんか?こういう場合どうすればいいのでしょうね。赤ちゃんの人見知りは仕方がないので、一緒にいれる時間はできるだけ接するようにさせればそのうち慣れてくるでしょう!しかし、パパとしてはちょっとかなしいです。。。

 

実際私もサラリーマンとして仕事に奮闘していた時は下の子供は丁度人見知りの時期で私の顔を見ても知らない人を見ている感じだったので凄く辛かったです。。。

家事は担当制にすると効果あり!?

shiji

我が家では家にいる時は絶対これはパパ担当というのを決めています。家にいれば絶対することと言えば「お風呂」がありますよね。普段子供と一緒だとママってゆっくり湯船にもつかれないことありますよね。

 

せめてパパがいる時くらいは一人でゆっくり入りたくありませんか?我が家は何が何でもパパがいる日は子供のお風呂を任せてもらっています。子供がお風呂に入っている時間も結構ゆっくりできますし、何よりも子供もパパとたまに入るお風呂はなんだか楽しいようで「キャッキャ!」と笑い声がいつもお風呂に響きます^^

 

週1回か2回のお風呂を担当してもらうだけでも気分がスッキリするので、多少手伝いしてもらえなくても「まっいいか!」なんて思えてしまうと思います。

 

sponsored link

その他の解消法!?

また育児を手伝えなかったとしても家事くらい手伝ってくれたっていいじゃない!って思う人もいますよね。我が家は手伝いはしなくてもいいから、パパがいる時は必ず外食にします!

 

食事の準備って結構大変じゃないですか?それに子供ってお出掛けとか外食って好きじゃないですか?我が子は外食大好きなので大喜びです。別に豪華な食事じゃなくても、近場のファミレスだって十分です。

 

食事の準備と片付けを手伝ってもらったつもりになってますし、普段家族そろって夕飯を食べる事が少なかったりする場合は家族の団らんも取る事が出来とても雰囲気が良くなるはずです。

 

我が家では毎週土日のどちらかを外食の日としています。子供達も楽しんでいますし、気分的にも少し楽だと思いますのでとてもおススメだと思います。この時に普段話さない家族の事なんかも話すと家族としての一体感なども上昇するかもしれませんね(^^)

 

パパを子育てに参加させたい場合は!?

homeru

我が家の場合はお風呂や外食で良しとしていますが、でもやっぱりもっと子育てに参加させたいとかして欲しいと思う人もいますよね。そういう場合はもうパパをおだてるしかありません(笑)

 

ちょっとでも何かしてくれたら「助かる~」とか「ありがとう」なんていうとまたやってくれますよ!男って凄く単純なので褒められることによってやる気が出たりするんですね!

 

旦那を上手に操っている賢い奥様方は、この辺りがとても絶妙なんですね。その為、賢い奥様方は子育てに対して不満が少ないのも特徴ですね。是非、この「褒める」と言う事を積極的に使ってみて下さい(*^_^*)

 

そしてあえて子供とパパだけでお留守番をさせてみるのも効果的ですよ?ママもリフレッシュできるし、子供との生活を少しでも味わってもらえますからね。

 

あとがき

パパへの不満や不安ってママ同士が集まると尽きないんですが、これを愚痴ることも実は結構スッキリする方法だったりするんです。パパの生活スタイルにもよりますが、パパ担当をいくつか決めると結構うまくいったりします。

 

「褒め」たりパパの事を「よいしょ!」してあげるとパパも重い腰をあげてくれると思います。なので是非、子育てに参加させたいと考えているママは参考にしてみて下さいね。


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ