今回はママ友とのトラブルで引っ越しする際に気を付ける3つの事について紹介してみたいと思います。子どものいるママさんならば、保育園、幼稚園、小学校。。。と進むにつれ、ご近所さんでもあると思いますがママ友っていると思います。

 

沢山知識が得られる事もあったり相談出来たり。。。と、もちろんメリットも沢山あるのですが、デメリットも少なからず体験したことがあるのでは?女性特有とも言えるかもしれませんね。

 

女性に限らず男性にでも言えることなのですが、群れてしまうと何かと問題発生してしまいますよね(笑)それが大きくなって引越しを考える人も現実沢山います。そこで今回は気をつけるべき事を3つあげてみました。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

ママ友とトラブル発生!引越しのタイミングは?

ママ友とのトラブルで引越しする場合ですが、すぐさま引越しを考えて引越しするのではなく、あくまで勤務的な事や、子供の引っ越すタイミングをきちんと考えて引越ししたいものです。

 

当たり前のことではあるのですが、何かトラブルがあったりするとすぐにでもその場から立ち去りたい!そんな衝動に襲われると思います。

 

悪質だからこそ引越しを計画するのですが逃げるように引っ越すのではなく、あくまで外見上、転勤や子供の進学を理由に引っ越す形をとることが何かと無難な場合もあります。

 

そして、あまりいないとは思いますが引越すことは極力話さないようにしましょうね。特に引越し先など、引っ越し会社にも外部へ伝えないように気をくばりましょう。

 

中には引越し先に手を伸ばす悪質な事もあるようですので。

 

引っ越しする際は学区(校区)を調べる

引っ越すタイミングを考えて、一番良い時に引っ越すのですが注意する事は学区(校区)が、小学校・中学校・高校と一緒にならない事を確認しましょう。大学とまでなると、大変ですが、出来るだけ一緒になってしまう可能性を0に近づけたいものです。

 

エリア選びは慎重にかつ同じ問題が起きない様に細心の注意が必要だということです。

 

引っ越しする前に今一度良く考える

御近所トラブルによる引越しは先述しましたが最近はかなり多いんです。そもそも、交友関係でなくとも、他人が住んでいるわけですから些細なことでももめごとってあります。そこで、もうひとつ大事な事が、今一度考え直してみることです。

 

もちろん引越しする事は、一番の解決策ですし、煩わしい物を全て排除できます。

 

しかし、ホントにそれが正しいのでしょうか!?もし、本当はお子さんやママに問題があったら100%引越し先でも同じことの繰り返しになってしまう可能性もあります。

 

そこをまず、今一度考えてみましょう!昔から何もないところに煙は立たないと言います。そこが解決できるのであればそれに越したことはありません。

 

旦那さんの仕事や子供の学校生活の苦痛も考えないといけませんよね。

 

まとめ

引越しをしたところで、原因が解決していなければ次の引越しで同じ事が起きないとも言い切れません。自分や子供が悪いと、わかれば、できる限り治せるところは直してみてくだい。走行しているうちにひょっとしたら、ママ友が先に引越しするかもしれません^^

 

悪は必ず制裁を受けます。

 

誰もが悪いと思っているのであれば居づらくなって出て行くかもしれませんし、あくまで悪い方でしたらみんなの力を合わせてすてきなママ友グループができるかもしれませんからね。

 

引越ししてもしなくても、そこから先、必ず近所づきあいはかならずあって、全てが自分の思い通りにはいかないでしょう。しかしながら世の中はこう言ったものをうまく回避して、過ごす事が大切なのです。

 

お互い助け合い。。。もちろん我慢も必要な時もありますよね。嫌われるよりも、好かれる方が、ずっと過ごしやすいのです。

 

まずは今の心境をよく見つめ直し、自分に出来る最大限のことを実行してみましょう!それでもダメな場合は引越しも致し方ないと思います。何はともあれ素敵なママ友が、心からお話できるそんな人ができる事を祈っています!

 

また、引越しを決めた場合はそれなりの手続きが必要になってきます。転勤族の人であればそんなに迷うことはないのかもしれませんが、今回のようなケースだと、「どこから手をつければ。。。」って人もいるかもしれません。

 

そんな時に迷ってしまわないためにもスムーズな手続きが出来るようにしておきたいですね。

 

>>>引っ越しが決まったら忘れずにしておきたい手続きや準備まとめ

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ