今回は余った年賀状の使い道ってどれくらいあるの!?ってことで紹介してみたいと思います。年賀状の季節になり早期予約等で年賀はがきを購入する人も居ますよね。

 

プリントを業者にお願する際にも、ピッタリの枚数で発注する人はまず居ないんじゃないでしょうか?年を明けてから、出してない人から年賀状が来るかもしれない!とか、その時のために余分に発注しませんか?

 

50人位に出すならば55枚・・・、90人ならば100枚・・・、と出す枚数が多い人ほど余分な発注が多くなりませんか?残った年賀状、あなたはどのように使っていますか?

 

ま、まさか、廃棄なんてしてませんよね?

 

消費税が上がってからというもののハガキ代も1枚52円、10枚ならば520円ですからね。是非とも今回の記事を見て損をしない様に、更に今後の為になるような有効活用法をいくつか紹介しますので必見ですよ!

余った年賀状の使い道:その1

yuubinn

郵便局でハガキや切手と交換してもらいましょう!これは一番一般的な方法ですし知っている方も多いかもしれませんね。

 

余った年賀状をそのままにしていても、1銭にもなりませんが郵便局へ持っていくと、1枚につき5円の手数料が掛かるのですが、(ちょっと私的には腑に落ちないのですが(笑))ハガキや切手に交換してもらえます。

 

これに関しては、新しい年賀状ではなくとも、プリントミスなどの書き損じたものでも同じように交換してもらえます。

 

しかし、さきほども言いましたが1枚につき5円の損をします。

 

そして、決して現金には替えてもらう事は出来ません。この場合の注意点はおとしだま当選番号だけは確認してから出しましょう!当選確率が高い物で切手に替えてもらえたりしますよね。

 

1枚の年賀状よりは、プラス収支になりますので注意しましょう。

 

余った年賀状の使い道:その2

kennsyou

懸賞応募に使いましょう!これは一番私的にお勧めです!年賀状には、「年賀」と記されていますが、それ以外にも別に使っても構いません。しかし、友人等に出すのであればちょっと恥ずかしいですよね。

 

ちょっと常識的にも駄目な気がします・・・・・なので!懸賞に使用しましょう!

 

しかし、注意ですが必ず「年賀」の部分を二重線で消して出して下さいね!

 

昔、漫画でありましたが通常はがきに年賀状を書いて、早めに投函したところクリスマス頃に(出してすぐに)ついてしまって笑い者になる・・・なんていう事もあるかもしれません^^

(この場合は切手のすぐ下に年賀と表記すれば大丈夫です)

 

懸賞マニアの人は、年賀状をまとめ買いする人も居るようですよ。通常ハガキと金額は変わらず52円なのでその点はお得ですよね。

 

余った年賀状の使い道:その3

 

bokinn

社会貢献団体に寄付をする!

 

未使用・書き損じ年賀状を寄付として募っている団体があります。ユニセフやNPO団体ですが、交換手数料は各団体や法人がもつもののそこで得られた切手などを換金してそれを支援に利用しているんです。

 

団体によっては受領通知を送付する団体もあるようです。勿論、お金にはなりませんが気持ち的に良いですよね。年始の良い事始めには良いかもしれませんよね。

 

sponsored link

余った年賀状の使い道:その4

kannkinn

買取ショップにもっていき換金!これは、あまりお勧めできませんが、切手もハガキも絶対使わない!っと言う人は仕方が無いですね。捨てるよりはマシですよね?もちろんそのままの金額では売ることは出来ません。

 

切手ならば90%くらいの価格で買い取ってくれるようです。

 

しかし、年賀ハガキはその時の需要によって価格も変動しますので一度確認が必要です。全く使わないのであればこの方法が妥当かもしれませんよね。

 

要らない物としてすててしまうよりは、1円でもお金になる方が良いと思いますよ。本人確認やら色々と書く事もあるようですが、買い取ってもらう為には必要な事ですので、辛抱しましょう!

喪中になってしまった!そんな時の対応法

ここで、ちょっと覚えておいてほしい事があります!年賀状を用意してしまったのに、急な不幸で喪中になってしまった!って事もあるかもしれません。

 

喪中は基本的に年賀状を出せませんので、こんな時は郵便局で無料で交換してもらう事が出来ます!但し、忘れてはいけないのが年が明ける前の12月28日までです。

 

この短い期間を逃してしまうと、通常と同じく1枚5円の手数料が掛かってきます。是非、覚えておいてくださいね。

 

まとめ

どうでしょうか?要らなくなった年賀状、何処かに眠っていませんか?お年玉抽選が終わったら、是非とも有効活用して下さい。仕事上、沢山出される方も居ますよね。友人のみで少ない方も居るかもしれません。

 

また、全く年賀状を出さない人も、懸賞をする方であれば年賀状を購入して活用してみてください。

 

何でも知っていれば大なり小なり得なこともあります。書き損じなんて駄目だと思って捨ててしまいがちですが是非とも活用してみて下さい。使用用途に応じて、ハガキに替えるもよし、切手にかえるもよし!お金に替えるもよし・・・・そのまま使うもよし!です。

 

中には、送られてきたハガキを交換出来たりすることもあるようですので何か考えてみるのも良いですよね。

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ