夏の風物詩とも言われる「流しそうめん」ですが、実際に都会の方でするとなると結構大がかりな作業になってしまいますし、後片付けも面倒ですよね。しかし、最近は手軽に流しそうめんを体験出来る様に企業さんもいろいろ考えているようで色々な流しそうめん器が発売されています。

 

そこで今回は、そうめん器の中でも群を抜いて人気を誇っている「風流」「清流」について独自の目線で比較してみました。もし購入を考えている方は参考にしてみて下さい^^

流しそうめん器が売れる理由

手軽に流しそうめんを楽しめてしまう「流しそうめん器」のメリットと売れる理由はいくつかあるようです。

 

「お手軽に流しそうめんを体感できる」

「友人などを呼んでワイワイ楽しめる」

「商品によっては本格的な物もあるので自己満足出来るw」

 

などなど、たくさんの意見があるようです。しかし、その反面デメリットとして、電動式の流しそうめん器が多いので電送系類に水が入ったりするとショートによって故障してしまったり、使い終わった後のメンテナンスをきちんとしていないと、カビが生えてしまったりとイイ部分だけではないようです。

 

でも、デメリット部分は通常使用とメンテナンスケアさえしていれば問題ないような気もしますね。では、さっそくですが人気そうめん流し器の「風流」「清流」を比較してみましょう(^^)/

流しそうめん器「清流」

nagashi001

(画像をクリックすると拡大化します)

 

この「清流」特徴としましては、シックなデザインと手軽に出し入れできるコンパクトさが売りになっています。そして、水流も強すぎず弱すぎず丁度いい感じで、動力源は単二電池を必要とします。

 

家族4人ぐらいで利用するのがベストかもしれません^^

 

この「清流」の多くの購入者さんの目的が、子供を楽しませながらそうめんを食べさせたい!といった想いの親御さんが多いです。確かに、値段も非常にお手頃ですし子供達も、もの珍しそうにワイワイ楽しくそうめんを食べてくれますので、家庭向きの流しそうめん器なんだと思います(*^。^*)

 

氷を入れて回すと麺も冷えて美味しいです☆

流しそうめん器「風流」

【日本の夏を楽しもう】流しそうめん器(風流)

【日本の夏を楽しもう】流しそうめん器(風流)
価格:3,740円(税込、送料別)

nagashi01

(クリックで拡大表示します)

 

これは観ての通りかなり本格的な作りになっていますが、意外に大きさはそこまで大きくはないです。組み立てた際の本体サイズは、長さ:64cm 幅:31cm 高さ44cmになり、単一の電池が2個必要。パーティ用として購入する方が結構多いですね。

 

「風流」の最大の魅力はそのルックスです!竹をモチーフにした事によって流しそうめんを雰囲気を最大限に再現する事が出来ています。あとこの「風流」は昨年あまりにも人気だった為、売り切れが続出しましたので今年ご購入を検討されている方は是非お早目の購入をお勧めします^^

管理人目線

実は、私は「清流」は購入済で昨年使ったのですがリーズナブルにしてはとても楽しめる商品でした。そして先述した通り「風流」は昨年は売り切れのショップさんが多かったので私は購入できませんでしたが、今年はなんとか購入出来ました^^

 

「清流」、「風流」ともにとても楽しめる商品だと思いますので購入して損したと言う事は無いと思います。そして、購入して一番良かったなぁと感じたのは子供たちが物凄く喜んでくれたことです!

 

毎年山のふもとにある流しそうめん屋にも行くのですが、天候が悪くて行けない場合は、子供達も凹んでしまいます。そのときに「風流」の様な本格的な流しそうめん器があれば、子供達も喜んでくれるんじゃないか!?という想いで購入したのが私のきっかけです。

 

パーティーで楽しむのも良し!

家族で楽しむのも良し!

 

いつもとは違う食べ方で気分もきっと盛り上がりますよ。そして夏はかき氷もシーズン真っ只中ですよね!次の記事では、最近人気絶頂のかき氷機を紹介してみました。一昔前とは違い最近はユニークなかき氷機が販売されています!

 

⇒家庭用かき氷機でふわふわかき氷を作る為の4つの注意点!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ