近年夏の暑さが激化する中で人の身体にも色々と影響が出てきますが、その中でも「夏バテ」は誰もが陥ってしまう辛い症状ではないでしょうか?

 

今回はそんな夏バテを食べ物によって解消できないかと考え夏バテに効果的な食品や食材をまとめてみましたので是非参考にしてみて下さい。

夏バテ対策と予防策

夏バテの基本的な対策・予防策としては日ごろからの体調管理が要になってきます。規則正しい生活習慣と栄養豊富な食品や食材を摂取することによって大体は解消することが出来るはずです。では、さっそく順にチェックしていってみましょう!

体調管理による自律神経の向上

・適度な運動をする

夏場は何かと暑いので涼しい場所でゴロゴロしたいものですが、適度な運動によって自律神経を整え、ストレスの解消や運動不足の解消、さらには食欲の増進にもつながります。太陽が照りつける中での運動は極力避け、涼しい朝方や夕方に30分ほどのウォーキングをするだけでも凄く効果的です^^

・半身浴をする

お風呂に入る時に少し工夫するだけでも自律神経を向上させ、さらにはリラックス効果・ダイエット効果にもつながります。半身浴をする際には体温に近い温度で時間をかけて入るのがポイントです☆

・睡眠を十分に取る

睡眠は人間の生活習慣の中でかなり重要なウエイトを占めています。睡眠をとることによって脳を休めストレスを緩和させ、体力も回復することが出来ます。

 

夏は熱帯夜という言葉もあるように寝苦しい日が続くこともありますが、ここはエアコンや扇風機を上手に使うことによって解消できるかと思います。エアコンの温度は27~28℃がベストです。この際風向きは人に当たらないよう設定してくださいね。

 

たまぁにエアコンの風を直に当てているといった人がいますが、これは止めた方が良いです!エアコンの風を直に受けると寝ている間に著しく体温が低下してしまい、朝起きたときに物凄い疲労感に襲われます。エアコンを使用する際はタイマーをセットして寝るようにしましょう!

 

sponsored link

食事による夏バテ対策

人間の生命維持に必要不可欠な食事ですが、この食事をしっかり取ることによって夏バテを防止することもできます。では、夏バテ防止に効果的な食品や食材をチェックしてみましょう!

【ビタミンB1,B2,C】

<ビタミンB1>

・豚肉(もも肉、ヒレ肉)
・米
・ロースハム
・モロヘイヤ
・大豆製品(きな粉、納豆、豆腐、おから)

<ビタミンB2>
・豚レバー
・緑黄色野菜
・魚(サバ、シシャモ、うなぎなど)
・魚肉ソーセージ
・鶏卵

ビタミンB1,B2は炭水化物をエネルギーへと変換させる力があります。夏場は冷やしうどんや冷麺などの麺類を多く摂取してしまいがちなので、これらの食品を摂取し上手くエネルギーへと変換させましょう☆

<ビタミンC>
・キャベツ
・イチゴ
・ブロッコリー
・ほうれん草、小松菜
・柑橘類

【クエン酸】

・梅干
・酢
・レモン
・柑橘類

クエン酸には疲労物質でもある乳酸を分解させる作用や新陳代謝の促進効果などがあります。その他にも集中力の向上や美肌効果まで期待できる素晴らしいものです!

【香辛料】

・しょうが
・ワサビ
・みょうが
・ネギ
・唐辛子

新陳代謝の促進や血管老化の予防に効果的です。

 

まとめ

夏バテ防止には上記の栄養素をバランス良く摂取することが効果的ですが、一番忘れてはならないのが、朝・昼・晩の食事を規則正しく摂る事です。足りない栄養素に関してはサプリなどで補てんするのもありです。

 

そして先述しましたが、食事は人が生きていく中では必要不可欠なものです。必要な栄養素をバランスよく摂取することによって、結果「夏バテ」の予防にもなりますし解消へと繋がります!ぜひ今年の夏は「夏バテ」知らずで乗り切りましょう!!

 

⇒夏バテの主な症状!吐き気や頭痛・めまいには要注意!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ