今回は【熱中症】赤ちゃんの予防や対策!熱が出た時の対処法!について紹介したいと思います。暑い季節ですが、熱中症対策は万全でしょうか?

 

大人は自分で自己管理しながら、気を付けれますが小さな赤ちゃんはどうしたらいいのでしょうか?また、急な発熱など、お母さん的には心配で仕方がありませんよね!?

 

赤ちゃんの熱中症と赤ちゃんの発熱に関して基本知識を持ちましょう!


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

赤ちゃん(新生児)の熱中症の症状

ƒvƒŠƒ“ƒg

産まれてすぐの赤ちゃんは、体温調節機能も未熟なので熱中症にかかりやすいんです。しかも大人と違い、体も小さい分、初期症状を見逃してしまうと重度の熱中症になってしまいがちです。

 

よく、少しの間なので車に置き去りにしたり・・・というニュースがありますね。

 

絶対に、長時間暑い場所に放置したり、直射日光に当て続けたりはやめましょう!

 

そして、激しく泣いたり、動いたりした時は、水分や塩分を大量に失う事になります。赤ちゃんはそれほど激しく体を動かすことができませんが、体温調節が未熟なので熱が体にこもりやすくなります。

 

症状として、顔や皮膚が赤く、熱を持っている元気がいつもよりなく、機嫌が悪い。いつもより母乳やミルクを飲みたがる、そのような事があればそれは初期症状になりますので涼しい場所へ移動し、飲める水分を補給してあげてください。

 

保冷材をタオルで包んだり、濡れたタオルなどで、脇の下股のつけね首元を冷やしてあげてください。

 

赤ちゃん(新生児)の熱中症の対策

nemui

直射日光に当たらないことが一番効果的な予防法です。長時間外出するときや真夏日は必ず帽子を着けるように習慣づけましょう。

 

帽子を嫌がる子供は多いですが、子供の好きなキャラクターや動物がついた帽子を買ったり、バッジをつけたりして楽しく帽子をかぶれるようになると、自分から帽子を取ってかぶるようになります。

 

また、帽子に入れるタイプの保冷剤を使用すると、子供も涼しくて気分よく帽子をかぶってくれることがあります。

 

なんとなく体調が悪そうだなと思ったら、早めに対策を打ちましょうね。そして危険症状が見られたらかかりつけの病院を受診してください。赤ちゃんの熱中症は、命の危険もあるので、特に真夏日は赤ちゃんの様子をこまめに注意深く見守ってあげましょう。症状が出る前に、

  • 水分補給をする
  • 保冷剤で体を定期的に冷やす
  • 帽子をかぶる

などで熱中症予防をしてあげてくださいね。水分補給は、一度に飲ませる量を多くしすぎないことがポイントです。また、お出かけするときは水筒やペットボトル、ベビーマグを持ち歩くようにしましょう。

 

お出かけ直前に冷蔵庫から取り出すのがおすすめ。

 

母乳やミルクを飲んでいる赤ちゃんの場合は授乳室がある場所をチェックする、授乳ケープを持ち歩くなどして、定期的に水分補給をさせてあげてくださいね。

 

sponsored link

赤ちゃんの発熱に関して

赤ちゃんの発熱は一度は経験するのではないでしょうか?というのも体温調節が未熟な事と、大人よりも平熱が高く、37度以上の時もあります。平熱が高いため、少しの熱でも、あまりの高熱に親はびっくりする事もしばしばです。でも、元気があって食欲も落ちていないなら、

 

・服の着せすぎや部屋の暖めすぎ

・水分が足りない

・眠いなどということもあります。

 

赤ちゃんがぐったりしている、ずっとぐずっている、普段より食欲がない…。こんなときも、体に入った細菌をやっつけようとする防衛機能が働いて、発熱していることがあります。

 

体温を測り、何か普段と違った症状が現れていないか様子を見ましょう。

 

寒気があって顔色が悪いときには,温かくします!この段階ではすぐに熱さましを使わずに様子をみましょう。水分は最初は必ずしも必要ありませんが,体を温める飲み物を飲ませても良いでしょう。

 

熱が上がりきって顔色が赤くなり,体が熱く汗をかいてきて暑がるようになったら,手足を出し熱を外に逃がしてあげるようにします。汗をふいてあげ下着を取り替え,嫌がらなければ蒸しタオルで体を拭いてあげると更に効果的です。

 

水分を少しずつ回数を多くしてとらせます。この場合、冷たいものの方がとりやすいと思いますので、飲み物の種類として、

  • 赤ちゃん用イオン飲料
  • 麦茶
  • 湯冷まし

などが適しています!氷枕などもこの時期に嫌がらないようならやってみましょう。そして熱さましを使うのはこのタイミング(熱が上がりきったところ)がベストです。

 

熱は必ず上がり下がりしながら経過しますので,その時期を見はからいながら看護することが大切です。

 

基本的にはこれだけで,あとは辛抱強くこまめに看病してあげることです。

 

夜に熱がでてあわてて病院へ行っても,診察してあとは様子をみることと坐薬を処方するくらいしかしてもらえません。もちろん他に具合の悪そうな症状があれば別ですが・・・・しかし、

  • ぐったりしている
  • 呼吸が苦しそう
  • けいれんを起こしている
  • 何度も吐く

これらの症状がある場合は出来るだけ早くかかりつけの医師へ診断を受けましょう!

 

こちら⇒「【熱中症の症状】子供の発熱や頭痛には注意!正しい処置方法!」にも熱中症について詳しく書きましたので参考にしてみて下さいね^^

 

まとめ

産まれたばかりの赤ちゃんは自分の力では何もできません。当たり前の事ですが、ママやパパ、大人の手が必ず必要ですし、常に視野に入るところでの育児が必要です。

 

大変だけど、いろんな物を見せてあげたいし、外でお散歩もお買いものも一緒に行きたいし、行かなければいけないですよね。車の中やバギーで大泣きした子を抱いた時、とっても汗だくで、体温も上がっています。

 

ただでさえ、夏場は子供の乗り物自体も熱を持っているので、冷熱スプレーで備品を冷やす等、気を付けてくださいね。かけがえのない赤ちゃん。ちょっとだけ・・・・でも絶対駄目です!

 

直射日光、暑い場所での放置は厳禁で、帽子をかぶせてあげて、水分補給をこまめにしながら、良い季節を過ごして下さい。焦ってしまいがちですが発熱も、落ち着いて対処しましょうね。

 

どうしても!の時は必ず医療機関を受診しましょう!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ