今回はインターネット依存症を克服するために心がける5つの事を紹介してみたいと思います。世の中には様々な依存症や中毒症などの名の付くものがありますが、どれも良いイメージは無いですよね。

 

今回はその中でもインターネット依存症(ネット中毒)についてです。「これなら自分でも出来そう!」と思った方は少しずつでもいいので取り入れてみてくださいね。

インターネット依存症になる原因

近年はインターネットの高速通信網が整っていくと同時にスマホやタブレットの普及も加速し、中学・高校生に加え高齢者なども気軽にインターネットに触れ合うことが出来ます。

 

そして、インターネットの魅力に憑りつかれてしまい「ネット依存」という症状が発症してしまいます。では、その症状としては何があるのかを少し上げてみましょう。

インターネット依存症の種類

○検索依存症(気になる事をgoogle,yahoo!などの検索エンジンで検索する)

○オンラインゲーム依存症

○掲示板・動画サイト閲覧依存(yahoo!知恵袋、2チャンネルの閲覧)

○SNS依存症(facebook,twitterなど)

○チャット依存症

○LINEやメール依存症

どれもハマってしまいそうな魅力で溢れていますよね。実際に私も上記の依存症になっていましたが、今現在は何とか克服することが出来ました(^^)v

 

本題に入る前にインターネット依存を克服する為にあなたに一つだけ明確にして欲しいことががあります。それは何故、インターネット依存を克服したいのか!?ということです。

 

私の場合は、子供との会話の時間をもっと増やしたかった為です。私の性格上気になったらすぐに検索エンジンを開いてその問題を解決しようという癖があったので、何か用事をしていてもスマホを出して検索していました。

 

いわゆる「検索依存症」すよね。。。

 

その結果、子供との会話も急激に減り私の話なども子供たちは聞かなくなってしまいました。あぁ、今考えてみると親として失格だなと痛感しました。しかし、最近はインターネットも一人で居るときにだけ利用していていますので、家族との会話も増やすことが出来ました。

 

『会話をする』これは人間本来の当たり前の姿ですし、家庭でこれが出来ていなかったら、そこで育った子供も社会に出たとき会話することを拒否してしまい社会に溶け込むことが出来ないかもしれません。

 

そうなっては大変です!!

 

あなたは私の様なケースでは無いとは思いますが、ネット依存について考えられていると思いますので、今一度『なぜ克服したいか』を明確にしておきましょうね^^

 

克服するために心がける5つの事

(1)インターネットによって失われた時間について考えてみる

時間は有限で、皆同じ時間が流れています。もし、インターネットに費やした時間が膨大なら、それだけ自分自身が他の事で機会損失してしまっている可能性があります。

 

それを防ぐ為にも、「ネットに使っていた時間で何が出来るか?」ということを少し考えてみませんか?時間は待ってはくれませんので、その一瞬一瞬を大切にしていきましょう。

(2)趣味や目標を持つ

ネット以外で集中出来る趣味を持つというのも有効な手段です。趣味を持つだけで、ネットに傾いていた思考もそちらへ自然と意識が傾き気持ちが分散されていきます。

 

そして趣味の延長上に目標が出来たりします!私の場合は昔バンドをやっていた経験を生かし、趣味としてギターを1日1時間練習するようにしました。

 

すると、昔は弾けなかったメローディラインやコード・速弾きなどが弾けるようになりましたし、近い将来はまたバンド仲間を集いライブをしたいなぁという目標が出来ました。あなたも今回を機に、小さくて構わないので目標をもってみるのはいかがでしょう

(3)インターネットを使用する目的の明確化

インターネットはブラウザを開いてしまうと、必然的に何かしてしまいたくなります。ここで、一度「今、ネットを開いたのは○○をする為に開いた」と自分に言い聞かせ、その目的が達成されたらネットを閉じる習慣を付けましょう。

 

例えば、掲示板サービス・検索サービスなどで自分の知りたいことが解ったり、解決した場合はその時点でネットの環境を遮断します。それをすることによりネットの中にある必要ない情報を遮断することが出来ます。

(4)インターネットから離れる時間を意識的に作る

気が付かないうちにネット中毒にならない為にも、自分自身で意図的にネット環境から離れることを意識してみましょう。特に朝起きてすぐ、寝る前はPC・スマホを触るのは止めてインターネットとは違うことに意識を向けましょう。

 

例えば朝起きたらすぐに顔を洗い、歯磨きをしたり、寝る前は健康促進のためにストレッチをしてみるなど、実は色々出来ることがあるのです!少しづつの意識付けで、ネット中毒という症状から離れられるようになります。

(5)ブログやサービス・アカウントの削除

これは荒療治とも言えますが、結構これで依存症を克服したという人を聞きます。なんせ根本的なものを削除してしまうわけですからね。。。

 

twitterやfacebook、オンラインゲームやチャットなどすべてのアカウントを削除します。そうすることにより、一時的にはかなりの喪失感が迫ってきますが、時間の経過とともに心も正常化します。

 

確かにアカウントの削除というのはとても勇気のいることだと思いますし、中々実行できないことかもしれません。しかし、本当にネット中毒症・依存症を直したいと考えるのであれば、可能です。

 

先述しましたが、インターネットの使用により、失われた時間というのは取り戻すことが出来ません。。。今後の事を考え、何とかネット依存から脱却したいと考えるのであれば、この方法が一番手っ取り早い方法です。

 

あとがき

インターネットが整備され、その環境を利用すべく様々な媒体が出てきていますが、この環境に飲み込まれないように少しづつ意識付けをしていきましょうね。

 

そして人間はある欲求が満たされるとそれにはまってしまう生き物です、インターネットの世界には欲求を満たす情報が腐るほどあります。家族の事、恋人の事、自分の事を大切にする為にもネットを利用する際は使用目的を明確にし長時間浸らないようにしましょう。

 

[関連記事]

⇒カテキンが良い理由!緑茶成分の効果・効能について!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ