あなたは生理が始まる1~2週間くらい前からカラダに色々な不快症状を感じたことはありませんか?これPMS(月経前症候群)と言われています。

 

何か分からないけどイライラしたり、お腹が重い感じがしたり、すごく眠かったり、頭痛や腰痛など人によって程度も症状も様々です。そしてこれらの症状は生理が始まるとだんだんと消えていくのです。

 

私はこれらの症状がひどいので鎮痛剤が手放せません!でも気をつけなければならないことがあるのです。実は妊娠超初期症状として「腰痛」があります。

 

PMSの腰痛なら鎮痛剤など服用しても症状が軽減するので何も問題ないのですが、もし、この腰痛が妊娠超初期症状の腰痛だったらどうでしょうか?出来れば鎮痛剤など服用したくないですよね?

 

そこで今回は、これらを見分けるために、妊娠超初期症状の腰痛と生理前の腰痛について解説したいと思います。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

妊娠超初期の腰痛が始まる時期

youtuu

 

生理前と妊娠超初期の腰痛は始まる時期が少し違っています。生理前の腰痛は排卵直後から生理開始2日目くらいまで続くことが多いのです。ということは個人差がありますが、生理が始まってから大体2週間後くらいから始まって次の生理が始まっても続いている場合もあるのです。

 

妊娠超初期の腰痛は生理予定日頃から始まるという人が多いようです。とはいってもやはり個人差があるものなので、生理予定日の数日前から腰痛が会ったという人もいるようです。

 

妊娠超初期症状の腰痛の原因

nayamu

 

それではこの腰痛の原因は一体何なのでしょう?生理前の腰痛は、ホルモンの影響で血液が骨盤に溜まりやすくなるからです。妊娠超初期の腰痛の原因は、

  • 卵巣ホルモンの影響
  • 子宮収縮

の2つが考えられます。卵巣ホルモンの1つには骨盤などの関節やじん帯を緩める作用があるのです。この作用によって、腰を支える力が弱くなるのです。このホルモンは妊娠超初期段階から分泌され続けるのため、妊娠中「腰が痛い」と感じるようになるのです。

 

また、妊娠が成立すると、子宮は赤ちゃんのためにサイズを大きくしていきます。

 

妊娠していない状態の子宮はお腹の上からではもちろん触ることはできませんよね。でも、だんだんお腹が大きくなっていくと、子宮の形が分かります。また、産後すぐはお腹の上からでも子宮の形が分かるくらい大きくなっているのですよ?^^

 

話は反れましたが、子宮が大きくなることで、

  • 周りの臓器や骨が圧迫される
  • 腰痛が起きる
  • 腰周りに違和感を感じたりする

するのです。

 

生理前の腰痛と妊娠超初期の腰痛ってどんな痛み?

 

donnna

 

腰痛の原因を紹介しましたが、生理前の腰痛と妊娠超初期の腰痛とでは原因が違うことが分かりましたよね。それでは痛みはどうでしょうか?

 

生理前の腰痛の場合

  • ピンポイントの痛みが特徴。
  • 大体子宮の後ろ側に痛みを感じる。
  • それ以外は鈍い重みを感じるという人が多い。

妊娠超初期の腰痛

  • 腰全体がジワジワ痛むという人もいる。
  • 何となく腰が痛いと感じたり、ぎっくり腰のような急な痛みを感じたという人もいる。

痛みの感じ方や表現の仕方は個人差があるので一概に言えませんよね。でも生理痛のような痛みにも似ていると感じることも多いです。

 

⇒妊娠超初期症状っていつから?気になる症状7つをチェック!

 

sponsored link

症状の見分け方

miwakeru

 

気になる生理前なのか妊娠超初期なのかの見分け方を紹介しますね。まずは、いつも生理前に腰痛はないという人は、今回は腰痛があるという場合、妊娠超初期症状の可能性が高いです。そして、生理前はいつも腰痛があるという人は、いつもと比べて腰痛の場所や感じ方同じかどうかで判断してみてください。

 

でも、痛みって毎回違うし、今までと比べてどうかって分かりにくいですよね?

 

実は私もそうでした。生理前の2週間くらい前からいつも腹痛+腰痛があるのです。どちらも一日中続くというわけではないのですが、半月近く何だか下腹部が重いという感じなのです。

 

妊娠のときもいつもと変わらない時期に腹痛+腰痛がありました。そしていつもは生理予定日に近づくにつれて痛みが増していくのですが、なぜか変わらないのです。そして予定日を過ぎても痛みは変わらず。

 

そのうち、生理も遅れているので「もしかして?」と思ったのです。本当に痛みには個人差があるので、私のように生理前妊娠超初期とで区別がつかない場合もあるのです。ただ、妊娠超初期には生理前と違って他にも妊娠症状が出ている場合があります。

 

私の場合はずっと熱っぽくて、異様に眠い、そして後から考えるとつわりなのですが、食事が喉を通らず常に胃がムカムカしていたのです。

 

By専属主婦ライター sususu

症状の見分け方のポイントは、腰痛以外の症状を考えてみることなのです!妊娠超初期症状には、

  • 熱っぽさ
  • 眠気
  • ムカツキ
  • 胸の張り
  • 倦怠感
  • 頭痛

などが現れることが多いのです。また、基礎体温をつけていれば高温期が2週間以上続いているはずです。腰痛の他にこれらの症状があれば、妊娠の可能性が高いです。

 

>>>妊娠超初期症状っていつから?気になる症状7つをチェック!

 

まとめ

いかがでしたか?生理前と妊娠超初期の腰痛はしっかり見分けられる人もいれば、なかなか気付かないという人もいると思います。ただ、直感的に何かいつもと違うと感じたりもするはずです。腰痛の他にいつもとは違う症状、特に妊娠超初期症状がないかを確認してみるのが見分けるのには一番良いでしょう。

 

基礎体温をつけているとさらに分かりやすくなりますのでおススメです。そしてどちらの場合でも、腰痛って辛いですよ。腰痛を和らげるには温めて血行をよくしたり、リラックスするのも良い方法だと言えます。

 

しかし、マタニティブルーという言葉もありますが、妊娠中は体の異変もあり、さらには精神的にも情緒不安になりがちです。次のページでは妊娠中の情緒不安を乗り越えるためのコツを紹介してみました。

 

>>>妊娠中の情緒不安定を乗り越える為の5つの上手なコツ

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ