今回は妊娠超初期症状っていつから?気になる症状7つをチェック!ということで紹介してみたいと思います。

 

「なんだかいつもと違う!?」、「もしかして!?」と思ったとき、それが妊娠の超初期症状である場合があります。そこで今回は妊娠(超)初期症状についてです。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

妊娠(超)初期とはいつから?

nayami

妊娠の症状を感じるのはいつからだと思いますか?結論から言ってしまうと、これは本当に人それぞれなんです。よく生理予定日を過ぎても生理にならないからもしかして!?と思い妊娠検査薬を使用してみるというのがドラマの定番ですよね!?

 

そして中にはお腹が大きくなってもまだ妊娠に気付かないなんて人もいるくらいです。でも、逆に妊娠超初期の段階で妊娠かもと感じる人もいるんです。

 

一般に妊娠初期というのは、妊娠判明が判明する妊娠2ヶ月に入った妊娠5週~4ヶ月の約15週くらいまでを言います。つまり妊娠超初期というのはそれ以前ということなんですね。

 

妊娠2週目0日が排卵日、妊娠3週目が着床として妊娠週数はカウントされています。そのため、妊娠超初期というのは受精から着床後の妊娠2~3週頃から妊娠4週目6日までのことを言います。

 

そして早い人はこの段階から妊娠の初期症状を感じるんですね。もちろんこの時期に妊娠検査薬を使っても陰性が出てしまいます。市販の妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から判定可能というものが多いですから!

 

妊娠検査薬については⇒「妊娠検査薬はいつから使うと確実?気を付けたいタイミングまとめ」にも書いてみましたので参考にしてみて下さい。

 

ではこの妊娠超初期症状とは一体どのようなものでしょうか?代表的な症状を7つほど用意してみましたので参考にしてみて下さいね。

妊娠超初期症状その1:眠気やだるさ

nemuke01

妊娠超初期症状として眠気やだるさを感じる人が結構多いです。もう何をしてもあくびが出る状態なんですよね。そしてできることなら一日中、横になっていたいと思うのです。もちろん、睡眠不足ではないんです

 

眠たすぎてついウトウトとお昼寝をすると気付くと夜だったり、でもそのまま朝まで寝れてしまうほどに眠たくて疲れています。

妊娠超初期症状その2:熱っぽさ

netuppoi01

眠さやだるさは実は風邪なのかもと思って、体温計で測ってみると37度程度の微熱だったりするんです。

 

「あぁ、風邪なのか。。。」と思うと、眠気やだるさ、そして熱っぽさの原因が妊娠超初期症状だと分かると少し安心しますよね。

 

鼻水が増える人もいるようなので、なおさら風邪であることを疑わなくなります!

妊娠超初期症状その3:喉の渇き

nodogakawaku01

妊娠超初期症状で熱っぽさに加えて、喉の渇きを感じる人も多いです。

 

水分はしっかりとるのですが、なぜか喉が潤わされない感じがするんです。でも、唾液は増えた気がするんです。普段経験したことのない口腔内に少し戸惑ってしまうことも。。。

 

よく、妊娠するとすっぱいものが欲しくなるなんて聞きませんか?そうなんです、この妊娠超初期症状の段階でも、必ずすっぱいものを欲する訳ではないですが、普段飲んでいたお茶などより、炭酸系などスカッとしたものが気持ちよかったりします。

 

そして今まで好んでいた物よりも、むしろ苦手だったものが異様においしく感じたりと、匂いや味覚にも変化が出る場合もあります。よくドラマでご飯が炊けた匂いに「うっ」となるシーンありますよね。

 

まさに妊娠超初期症状は匂いにも敏感になっていて、今まで大丈夫だったのになぜかご飯の匂いがダメになるということも、この時期から始まるんですね。

妊娠超初期症状その4:胃のムカツキ

inomukatuki01

早い人だと着床の頃から「つわり」のような胃の違和感を感じるようになります。食べ過ぎたかな?くらいのムカツキの人もいれば、すでに吐き気を伴う人もいるようです。

 

食べてもムカムカ、空腹でもムカムカするなど、人それぞれの症状のようですが、この頃から胃のムカツキを感じていると、一般的なつわりが始まる時期にはすっかり衰弱してしまっている場合もあるので、気をつけなければいけません!

 

つわりも本当に人それぞれなので、全く感じない人もいれば、妊娠超初期から出産間際までつわりがある人もいるんです。

 

気持ちが悪い程度の場合はまだ良いですが、吐き続けたり、何も口にできない場合は、処置が必要な場合もありますから、注意が必要です。

妊娠超初期症状その5:おなかの張り

bennpi01

妊娠超初期症状でおなかの調子が悪くなることもあります。今まで便秘知らずだった人でも急にお腹が張ってきて便秘を経験する人もいます。また、下痢になってしまう人もいます。

 

微熱もあるし、だるいし、おなかの調子も悪いし、ついでに胃もムカムカするし、これは胃腸風邪?なんて思う人もいます。

 

また、下腹部痛や腰痛、足の付け根の痛みなど、普段感じないような場所に痛みを感じたり、なんだか重たい鈍痛を感じることもあります。

 

参考:妊娠超初期症状の腰痛って生理痛のような痛み?症状の見分け方

妊娠超初期症状その6:胸の張り

munenohari01

生理前に胸が張るという人も多いのではないですか?でも妊娠超初期症状の胸の張りはいつも以上であることが多いです。

 

ひどい場合だと、下着が触れるだけでも痛いし、お風呂に入る時水しぶきが飛んだだけでも痛いくらい張ることもあります。

妊娠超初期症状その7:おりものの変化

orimono01

着床の頃に、着床出血がある場合があります。これで「あれ?」と感じる人もいるのではないでしょうか?生理予定日の数日前からでることが多いようです。

 

出血期間は1日~1週間です。

 

通常の生理の血よりも鮮やかですが、量は増えず微量です。でも、これ以前に生理予定日近くになると多い茶色のおりものではなく、無臭で粘り気のある白っぽい(透明っぽい)おりものが妊娠超初期では出ることがあるようです。

 

参考:妊娠中のセックスは胎児に影響ない?知っておきたい正しい知識!

 

sponsored link

まとめ

いかがでしたか?妊娠超初期症状は人それぞれです。7つの症状の他にもイライラしたりめまいがしたり汗がすごくなったり・・・本当にこれの症状があると絶対妊娠!というのはないですが、統計的にもこれらの症状が比較的多いのも事実です。

 

そして逆に全くこの時期に妊娠超初期症状を感じない人も意外と多いんですね。

 

また、この妊娠超初期症状は月経前症候群と区別しにくい場合もありますので非常に判断が難しいです。また、なんだかいつもと調子が違うなと思って、風邪かもと風邪薬を飲んではみたけど、実は妊娠していたとなるとちょっと不安に感じたりしますよね。

 

妊娠超初期症状と月経前症候群を見分けるには基礎体温を見てみるのが判断しやすいかもしれません。ずっと高温期が続いているとそれは妊娠の可能性が高く、出ている症状が妊娠の初期症状かもしれません。

 

良く言われている事ですが、日頃から基礎体温を測っておくことで自分の体のリズムを知ることができますよね?そしていつも以上に高温期が続いていて、上記のような症状があれば妊娠の可能性が高いです。

 

その場合はむやみに風邪薬など飲まず少し様子を見て妊娠検査薬が使用できる期間まで待ってみるのが最良の判断かもしれません!しかし、妊娠検査薬で線が消えかかっていたり、消えてしまったりすることもあるかもしれません。

 

こちらの⇒「【妊娠検査薬】薄い線や線が消えた場合!これは妊娠してるの!?」も是非参考にしてみて下さい。

 

ぜひ、普段の月経前の症状と基礎体温をしっかり記録しておいて、妊娠超初期症状かどうか見分ける参考にしましょう!

 

そして多くの人が「排卵日」は妊娠しやすいと勘違いしています。今後の為にもこの機会に正しい知識を知っておいてくださいね。

 

>>>【続き】排卵日は妊娠しやすい日ではない!妊娠確率アップの条件とは!?


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ