今回は妊娠中の情緒不安定を乗り越える為の5つの上手なコツについて紹介してみたいと思います。「マタニティブルー」という言葉、聞いたことがありますか!?

 

妊娠中はなぜだか急にイライラしたり、そうかと思ったら急に悲しくなって涙が出てしまったり。感情の変化が忙しくって、自分自身でも「なんで?」なんて思うかもしれません。これはいわゆる「うつ」のような症状で、とても情緒不安定なんですよね。

 

しかし、どうして妊娠中は情緒不安定になるのでしょうか!?

 

実はホルモンの影響であったり、今まで出来たことが妊娠したことによって思うように出来ないもどかしさであったり、体調の変化や出産への不安であったりと。。。原因は色々です。

 

ホルモンの影響と言われればどうしようもないかななんて思ったりしますよね?でも、妊娠中に情緒不安定の状態が続くのって赤ちゃんにとっても良くない気がしますよね!?

 

そこで今回は、妊娠中の情緒不安定を乗り越える為の5つの上手なコツについてです。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

(1)自分の時間を作る

egao

やっぱり妊娠中は何かと制限があったりしますよね?イライラするのはホルモンの影響もありますが、ストレスによるものもあるはずです。そこで、自分の時間を作って、あなたの好きなことを思いっきり楽しむといいですよ。

 

第一子妊娠中の場合は、自分の時間を作りやすいかもしれませんが、第二子以降を妊娠中の場合は、上の子のこともしなければならないし、余計にストレスがたまってしまいますよね。

 

それに、ちょっと休みたい時でも子供がいるとそうはいきません。

 

それでもやっぱり、一日にわずかな時間でも自分の時間を確保できるとかなりリフレッシュできます。

 

(2)体を動かす

yoga

イライラを解消するために体を動かしてみてはどうでしょうか?もちろん妊娠中なので激しい運動はできませんが、近所をお散歩するだけでもいいですよね。出産前になると階段の上り下りや雑巾掛けを医師の方から勧められることもありますよね。

 

体を動かすことはイライラ解消だけではなく、体重管理にもなりますので一石二鳥です。

 

体調によってはあまり体を動かさないほうがいいという場合もありますので、お医者さんや助産師さんと相談の上で、自分の体調にあった運動をするといいです。

 

安定期に入ると、マタニティヨガマタニティスイミングなども可能になりますからね。

 

このようなところに行くと、同じ週数くらいの妊婦さんの友達ができて悩みを共有することもできます。

 

これもまた気分転換になっていいですよね!?

 

sponsored link

(3)旦那さんと話をする

kaiwa

妊娠中はつわりが辛かったり、体調が優れなかったりと色々あります。それなのに、旦那さんってあまり分かってくれないってことありませんか?

 

ちょっとお腹が張るから横になりたいけど、全く気を遣ってくれないとか。。。それもイライラだったり、急に悲しくなったりする原因の一つだったりするのです。

 

こういう場合は、思い切って旦那さんに思っていること話してみましょう。旦那さんは赤ちゃんが産まれてからやっと父親になったんだと自覚する場合が多いです。

 

正直、なかなか妊娠中の辛さは分かってはくれない場合が多いです。

 

イライラや辛さを抱えていると余計辛くなるので、それを少しでも旦那さんに分かってもらえると気持ちがになるはずです。なので夫婦生活において会話、話し合いは非常に大切なことなんですね。

 

(4)自分に甘くなる

omoituki

普段なら簡単に出来ることも、妊娠中はどうしても出来ないってことがあります。そういうことも全て旦那さんや、周りの家族に事前に話しておくことで、「まっ、いいか!」と思えるようになります。

 

例えば、洗濯を取り込みっぱなしでも特に困りませんよね?ちょっとしんどい時はそのまま放置でも良し!としましょう!

 

たった一つでも家事を頑張らないだけでも、随分楽になると思います。そしてもしかすると旦那さんが代わりに畳んでいてくらるかもしれません。

 

そんな時は感謝の気持ちをしっかり伝えることで、良い関係が築けますよね。

 

(5)幸せなことを考える

raaku

不安なことを考えると悲しくなってしまうので、幸せなことを考えるようにしてみませんか?今お腹の中にいる赤ちゃんのことを考えるだけでも幸せになりませんか??

 

赤ちゃん用品店に行って、洋服やグッズを見ながら産まれてからのことを考えるだけでも自然と笑顔になれると思いますよ。

 

実際我が家の奥さんはそんな妄想ばかりしていたようで、辛くなったりするときは特に妄想を最大限にふくらませて辛さを紛らわせていたそうです。

 

まとめ

いかがでしたか?妊娠中は多かれ少なかれ誰しも情緒不安定になるものなので、安心してくださいね。ドーンと構えるだけでも、結構リラックスできたりしますから。

 

また、旦那さんや家族との話し合いはとても大切です!

 

妊娠中はもちろん、出産直後もママ一人ではどうにも出来ないことってたくさんあります。妊娠中から旦那さんや家族にも手伝ってもらうようにしていると、出産後もスムーズに物事が進む可能性が高いです。

 

また、辛いときは多少手を抜いたとしても全然大丈夫ですから、気楽に考える様にしましょうね。

 

更に体重管理があって、食事に制限がある場合もストレスになります。

 

毎日というわけにはいきませんが、たまには好きなものを食べてストレス解消というのも有りですよ!そして気分が落ちているな。。。って思ったときは、お腹の赤ちゃんのエコー写真を見てみてください。きっと幸せな気分になれます

 

赤ちゃんが産まれてくる日のことを想像するだけでも気分が晴れやかになります!そして妊娠中は色々な事を考えてしまうと思います。

 

こちらの⇒「マタニティライフの過ごし方!良かった事や辛かった事!」では、先輩ママさんのマタニティライフについて触れてみましたので、是非貴女の役に立てて頂ければと思います。

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ