今回は妊娠中のお菓子がやめられない!甘いものとの上手な付き合いかたについて紹介してみたいと思います。甘いものが無性に食べたくなることってありますよね!そして妊娠中はその欲求が倍増なんて方も多いのではないでしょうか?

 

お菓子や甘いものが食べたくなったとき、あなたならどうしますか?我慢しますか?思い切って食べちゃいますか?妊娠中でなければそこまで「ま、いいっか!」なんて食べちゃいますよね!

 

食べ過ぎちゃったと思ったらちょっと運動するとか食事で調整するとか色々できますものね。でも、妊娠中はなかなかそういう訳にはいきませんよね。

 

好きなだけ食べていくと、カロリーオーバーになったり、体重が増えすぎたりとママの体に影響するだけではなく、妊娠中はお腹の赤ちゃんにも影響がありますものね。例えば妊娠糖尿病や低血糖症、そして妊娠高血圧症候群などになりやすくなります。

 

ここまでなると母子共に危険を伴う場合もありますから、注意が必要です。このような最悪な事態にもならないように、妊娠中の甘いものとの上手な付き合いかたを紹介したいと思います。妊娠中でお菓子がやめられない方、必見ですよ!


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

妊娠中のお菓子がやめられない!甘いものが欲しい!

そもそも妊娠中甘いものが欲しくなるのはなぜだと思いますか?元々お菓子が好きだったからかななんて思っている方いませんか?実はこれにはちゃんと理由があるのです。

 

まず、妊娠によってホルモンバランス変化します。このホルモンバランスの変化によって味覚も変わってしまうんです。妊娠して経験ありませんか?今まで苦手だったものが急に好きになるとか、あれだけ好きだったのに苦手になったとか。

 

これが味覚の変化なのです。

 

ホルモン変化によって、薄い味を感じにくくなるらしく、甘いものが食べたくなったり、塩辛いものが食べたくなるなんて人もいるようですよ。味覚の変化だけだと、妊婦さんがみんな甘いものが無性に欲しくなるという訳ではありませんが、もう一つの理由として、ママの代謝も変化しているのです。

 

妊娠後期に入ると、赤ちゃんって急激に成長しますよね?

 

このときどんどんブドウ糖がママから赤ちゃんへ送られるのです。そのため、これを補うためにママの体が甘いものを欲するようになるんです。赤ちゃんが必要とするなら甘いものも仕方ないですよね。でも、いくら赤ちゃんに必要だからと言って、お菓子ばっかりはよくありません!

 

質の良い甘いものが取れれば一番良いですよね。

 

でもお菓子を諦めるとストレスになってしまい、それはそれでよくありませんので、毎日ではなく数日に1度にするなど回数を減らしてみてはどうでしょうか?いや、毎日食べたいという場合は、1回の量を減らしてみるといいですよね。

 

そして洋菓子よりは和菓子のほうがカロリーも抑えられます。

 

そして赤ちゃん用のお菓子も実はおススメなんですよ?赤ちゃん用なので見た目よりかなり低カロリーなんです。しかも、味も控えめになっています。それでも甘いものが抑えられない場合は、食事を和食中心にしてそっちでカロリーを抑えてみてもいいかもしれませんね。

お菓子以外の甘い物と上手に付き合う!

yasai01

 

また、お菓子ではなく、果物野菜で甘いものをとってみてはどうでしょうか?手軽なドライフルーツなどもありますし、さつまいもをふかしただけでも十分満足感は得られるはずです。

 

その他にもこんにゃくゼリーフルーツゼリーなども手軽でいいですよね。しかも、こんにゃくゼリーは低カロリーで腹持ちもいいです。ゼリーとは違って歯ごたえのある小魚などは噛むことで満足感を得られます。

 

あとは、思い切って自分でお菓子を作ってみるのも楽しいし、甘さ控えめにできるのでおススメです。料理をしていると、出来上がる頃にはもういらないなんて思うことありませんか?

 

実はそれも狙いです!作って満足するというのも有りですよ?

 

sponsored link

食べ物以外で食欲を紛らわす

そして妊娠後期ともなれば特に問題がなければある程度の運動をすすめられている人も多いと思います。お菓子を食べてカロリーが気になるなら、いつも多めに家事に励んでみるとか、ウォーキングをしてみるとか動いてカロリー消費をしてみるといいかもしれませんね。

 

甘いものを食べ過ぎるとやはり骨盤周辺や産道に脂肪がついてしまいますし、なんと!赤ちゃんにも脂肪がついてしまうのです。そのため、難産になりやすくなってしまうそうですよ。

最終手段に水分!!

色々がんばってはみるけれどやっぱり甘いものが止まらない!という場合、そのときは甘いものに手を伸ばす前に、まずは水分をとってみるといいかもしれません。もちろんお水お茶などです。

 

一度飲み物で一呼吸置くことで意外と甘いものを欲しい気持ちが抑えられたりするから不思議なんですよね。水分補給は妊娠中の甘いものを食べたい欲求を抑えるだけではなくって、ダイエット中の食べたい気持ちを抑えるのにも有効だったりします

 

なんか食べたいと思っていても、実はお腹が空いている訳ではないことが多く、水分が欲しいだけということもあるようです。水分をとればおなかも膨れますし、余計な物を食べなくてもいいのでこまめな水分補給はおススメです!

 

そして水分をとってもやっぱりダメ。。。なんてときは、甘めにしたホットミルク豆乳を飲んでみてもいいかもしれません。体も温まるし、お菓子より栄養もありますからね。

 

まとめ

いかがでしたか?妊娠中の無性に甘いものが欲しくてついついお菓子に手が伸びてしまうのは生理現象なので仕方がないことなんです。

 

体重が増えるからとか、カロリーオーバーだとか色々考えすぎて、これをあまりにも制限してしまうとストレスになって逆に身体に悪いですから、我慢ばかりする必要もないんです。

 

出来るだけカロリーを控えたり、甘さ控えめにしたり、質の良いお菓子を摂取するように心掛けることがポイントです。また、食べたら食べた分消費すればいいんです。

 

妊娠中はダイエットとするわけにもいかないですが、家事をしたり、ちょっと遠くまで歩いて買い物に行ったりとするだけで、出産に向けての準備にもなりますし適度な運動にもなります。そして時々は思い切って欲しいものを食べてみるのも私はいいと思います!

 

自分でもしっかり体重管理をして、妊婦検診でも何も問題なければそのままでOKということですからね。安産と産後の体型のことも考えると、少しの工夫で上手に甘いものと付き合えますからがんばりましょう!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ