今回は妊娠中の喫煙(タバコ)が胎児に与える影響について紹介したいと思います。

一時期「若い女性の喫煙者が増えている!」こんな話を聞いたことありませんか?

とはいえ最近は、

「禁煙や分煙」

「嫌煙家」

「タバコ(税)の値上げ」

等も増えているので喫煙者自体が減っているようにも感じます。

喫煙自体健康に良くないのは当然ご存知なはずです。

※もちろんタバコをふかすのも同様です!

現にタバコのパッケージにも「健康に害を及ぼします」というメッセージが書かれていますからね。

では女性がタバコを喫煙することによってどんな影響を及ぼすのでしょうか!?

結論から言うと喫煙は女性ホルモンの分泌をおさえ、妊娠・分娩に有害な作用を及ぼすと言われています。

有害な作用といっても漠然としていますので、もう少し妊娠と喫煙について詳しくみていきましょうね。

妊娠中の喫煙(タバコ)が胎児に与える影響

taiji

一般的に、妊娠中の喫煙は、

  • 低体重児の出産の可能性
  • 早産になりやすい
  • 流産になりやすい

こう言われているのはご存知ですか?

タバコの煙にはニコチン一酸化炭素シアン化合物などが含まれているのです。

これは、胎児にとって毒性であることは当然ですが、他にも血管収縮をさせるのです。

血管収縮によって、血流が悪くなってしまうのです。

血流が悪くなると、本当は胎児に行くはずの栄養や酸素がきちんと届かなくなります。

栄養や酸素が届かなくなってしまうとその影響で低体重児や早産の原因につながってしまうのです。

少し前に妊娠中のタバコにより胎児は苦しがっているという⇒動画が流れていましたよね。

この動画では喫煙している妊婦の胎児は、顔や口元に手を持っていく回数が明らかに多いという報告がされていました。

この仕草がタバコを嫌がっているという訳ではなく、この仕草は発育が進むごとに減るのが一般的なのに、

「減らない⇒発育が遅れている」

ということなのだそうです。

また、前置胎盤、胎盤早期剥離などの異常も増加すると言われています。

妊娠中の喫煙(タバコ)は赤ちゃんを小さくする!?

低体重児ってどのくらいだと思いますか?

HAYATOHAYATO

一般に妊娠中に喫煙していると出生時体重は約200g 軽くなり、ヘビースモーカーでは約450g 軽くなると言われています。

この数字を見てどう思いますか!?

例えば我が子の場合はとても大きく産まれて、3500g超えでした。

もちろん、元々喫煙者ではないので妊娠中もタバコを吸っていませんでしたが、3500gから450g程度軽くなったとしても3000g以上あるので、大丈夫!と思ってしまいがちです。

でも、これが元々小さめの赤ちゃんだとしたらどうでしょうか!?

本当なら3000g近くで生まれる予定が、喫煙によって450gも奪われたなら、2500g未満となってしまい、低出生体重児とされてしまいます。

また、このように低体重で産まれてしまうと、

  • 新生児死亡
  • 脳性まひ
  • 精神遅滞

などの障害の可能性が出てくるのです。

また、妊娠中の1日のタバコの本数によって、出生児の先天異常のリスクが高まるという統計結果も出ています。

タバコを吸っていないから先天異常は絶対見られないという訳ではないですが、妊婦が喫煙していた場合の方が非喫煙者と比べるとそのリスクが高まると言うことですね。

sponsored link

妊娠中の喫煙(タバコ)の影響が産まれてからも赤ちゃんに続く。。。

また、妊娠中のタバコはお腹の中にいるだけではなく、産まれてからもまだ影響します。

例えば、乳幼児突然死症候群という言葉は聞いたことありませんか!?

その名の通り、元気にしていた赤ちゃんが突然死してしまうことです。

特に1歳未満の赤ちゃんに多く起こるそうです。

次のグラフは喫煙による乳幼児突然死症候群のリスクについてグラフ化したものです。

出典元:岸和田市

この乳幼児突然死症候群の原因は未だに解明されていませんが、「乳幼児突然死症候群」の危険性を低くする留意点がいくつか挙げられていて、その一つに実は喫煙があるのです。

妊娠中の喫煙はもちろんですが、出産後の赤ちゃんの周囲での喫煙も「乳幼児突然死症候群」につながる可能性があるとされています。

また、呼吸器疾患を発症するリスクも高まると言われています。

つまり赤ちゃんの受動喫煙には十分注意が必要ということです。

まとめ

いかがでしたでしょうか!?妊娠中のタバコを吸ったりふかすのは良くないということはほとんどの人がご存知だったとは思います。

せっかく赤ちゃんを授かったのに苦しい思いをさせるのはやっぱりかわいそうですよね!

そして、早産や流産になると母体にも負担がかかります。

ただ、妊娠したからすぐに禁煙とはなかなか難しいという人も多いと思います。

私には経験がないのでその苦労は分かりませんが、禁煙をした人よると、元々吸っていた本数にもよりますが、相当の覚悟が必要だとか。

そして、それを我慢するくらいなら・・・なんて思ってしまうことも。。。

どうしてもタバコをやめられないという人はまずはお医者さんに相談してみるのも一つの手です!

実は妊娠中の精神的ストレスも胎児へ何らかの影響がある場合があると言われているので、無理に禁煙するストレスからの胎児への悪影響か、喫煙による影響どちらが胎児にとって「マシ」なのかを考えるそうです。

例えば完全に辞めるのではなく、本数を減らしていくとか。

これはお医者さんや家族との相談・協力が必要になりますよね。

喫煙者にとっては大変ですが、禁煙を考えているのならやっぱり後悔する前に、妊娠を機にするのが良いのではないかなと思います。

胎児の影響もそうですが、喫煙者自身の健康も考えると禁煙は良いことですよね。

これからかわいい赤ちゃんを迎えての新しい生活が始まるのですから、やっぱりママも健康でいなくちゃ何も始まりませんよね。

禁煙することによって女性ホルモンも正常になりますし、失っていた味覚も戻ってくるでしょう。

赤ちゃん誕生から半年もすれば離乳食も始まります。

しっかりした味覚を持って赤ちゃんのご飯も作ってあげたいものです。

そして妊娠中の妊婦さんのタバコが影響するのはもちろんですが、周りの家族も出来るだけ気をつけあげることが大切です。

妊娠が分かったら(妊娠超初期)一度タバコについて考えてみるのもいいかもしれませんよ。

かわいい我が子のために、そして自身の健康を見直すためにもぜひタバコが胎児におよぼす影響について考えてみましょう!

また、禁煙の選択肢の中には電子タバコという選択肢もあります。

電子タバコはタールもニコチンも含んでいません。電子タバコから出てくるのは水蒸気ですのでタバコの様な健康被害もありません。

もし、なかなか喫煙がやめられないのであれば電子タバコという選択肢があることも知っておくといいかもしれません。

女性に絶大な人気を誇る「C-Tec Duo」を実際に購入して使ってみました。

購入を考えている人は迷わずチェック!

>>>C-Tec Duoの評判は本当?大丈夫なのか実際に使ってみた!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ