今回は妊娠線がかゆすぎる!原因と予防方法!ということで解説してみたいと思います。妊娠中、色々気をつけなければならないことがありますよね。

 

体重管理や栄養管理などはもちろんですが、産後を考えると「妊娠線」もできるだけつくりたくないですよね。妊娠線予防クリームなどを利用して予防ケアをしていても、妊娠後期にもなるとどうしても出来てしまうこともあるのです。

 

そしてこの妊娠線、厄介なことに「かゆみ」が出てくることもあるのです。妊娠線ができたこと自体ショックなのに、かゆみまで出てくると結構辛いものですよね。

 

そうでなくても冬場は乾燥で体中がかゆくなったりしませんか?せめて妊娠線のかゆみだけでも予防したいものですよね。そこで今回は妊娠線のかゆみについてご紹介します。

 

そして気になる「妊娠線って消えるのか?」についても併せてご紹介します。


>>子供の咳が止まらない時はあの病気のサイン!<<

Sponsored Link

妊娠線のかゆみの原因

ninnshinnsenn

妊娠中、妊婦さんの体には妊娠前とは違って色々と変化が生じます。

 

それらの多くは「ホルモン」によるものがほとんどなのです。

 

妊娠線はお腹が大きくなることで皮膚が引っ張られ亀裂が入ることで生じるものですが、妊娠線のかゆみは「ホルモン」が原因になっていることがほとんどなのです。一般に妊娠中のお腹のかゆみは、

 

妊娠性皮膚掻痒(そうよう)症

 

と呼ばれるのです。ホルモンの影響や皮膚が引っ張られることによって生じるかゆみなのです。ホルモンの影響もですが、皮膚が引っ張られることでもかゆみを生じるんですよね。

 

つまり、妊娠線がかゆいということもありますが、お腹にかゆみを感じると皮膚が引っ張られている状態なので、妊娠線になる可能性もあるのです。

 

妊娠線のかゆみの予防

iraira

妊娠中に限らずかゆみがあるとどうしても掻いてしまいませんか?私は虫刺されのときもですが、ダメだと思いつつもどうしても我慢できず、掻いてから後悔することが多いです。

 

妊娠線のかゆみも、かゆいからといって掻いてしまうと、後々妊娠線になってしまう場合もあるそうです。

 

できれば妊娠線は増やしたくないですよね。そのために妊娠線のかゆみ予防を紹介しますね。

 

妊娠中は肌が敏感になっていますし、乾燥もしています。その為まずは保湿が何より大切になります。刺激を与えないように、保湿クリームを使用したり、入浴の際も刺激の少ない石鹸を使うようにすると良いですよ。

 

特に寒い今の時期はそうでなくても乾燥がひどいですよね。しっかり保湿するようにしましょう。

 

また、夏場など暑い時期は通気の良い服を選ぶといいですね。

 

お腹が大きくなるとお腹を支えるための下着などを着用するかと思いますが、ゴムなどの刺激でもかゆみが出てしまうので肌に優しい素材のものを選ぶといいですよ。

 

かゆみがひどい場合は冷たいタオルで軽く拭いてあげるのもいいかもしれません。

 

また、病院で妊娠中でも使用できるかゆみ止めを処方してもらうのもいいでね。それでも改善しなかったり、掻いてしまって症状が悪化してしまった場合も、病院で相談してみてくださいね。

 

ステロイド系の軟膏等を処方してくれる場合があります。妊娠中にステロイド!?と思われるかもしれませんが、主治医の指示通りに使用すれば大丈夫なのですよ。かゆみを我慢したり、症状を悪化させるほうがよくないのです。

 

かゆみ予防は保湿が一番ですが、お腹を急に大きくしないようにすることも効果があるようです。つまり、体重増加に気をつけることです!体重が急激に増えるとお腹も一気に大きくなってしまうので、気をつけましょう。

 

sponsored link

妊娠線は消える!?

gimonn

妊娠線は消えるのか?って気になりますよね。そもそも、妊娠線は妊娠中にお腹が大きくなることによって、肌が急激に引っ張られ、表皮の下にある真皮に亀裂が入ってしまうことで生じるものです。

 

表皮はある程度伸縮性があるので、裂けることはありませんが、一度裂けてしまった真皮はなかなか元には戻りません。つまり、出来てしまった妊娠線は完全には消えることはないのです。

 

ただ、出来てしまったからといっても妊娠線予防クリームを使用することで最小限でとどめることもできますし、産後もケアを続けることで少しは薄くすることも可能なのです。

 

先程も紹介しましたように、お腹にかゆみが出ると妊娠線が出来る前兆かもしれませんので、そこでしっかり保湿ケアをすることで妊娠線を予防できる可能性が高まります。

 

まとめ

いかがでしたか?妊娠経験者の方ならわかりますよね!?お腹のかゆみ。私も相当かゆみがひどかったのです。

 

保湿ケアをしてはいましたが、あのかゆみはたまらなかったです。そして今思えば、かゆみのあと急激に妊娠線ができたのです。あの時にきちんとケアしていれば・・・なんて思いますが、産後のケアでも何もしないよりは効果がありますよ!

 

最近は妊娠線予防クリームやオイルなど色々ありますよね。お腹が大きくなる前から上手に利用して肌を柔らかくして保湿しておくと妊娠線が出来にくいとも言いますよね。

 

妊娠線予防クリームは妊娠中はもちろん、産後も妊娠線ケアに利用できるので、まずは自分にあったものを見つけてケアするようにしましょう!

 

>>>産後に妊娠線ができた時の上手なケアの方法!


>>妊娠中のセックスって大丈夫なの?<<

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ