今回は入学祝いのお返しは必要なのか!?のしの書き方はこれでいいのかについて紹介します。

 

春は「入学」の季節ですね。

 

保育園、幼稚園の入園とは違い、小学校への入学は子供にとってはもちろん、親にとっても嬉しい反面、心配事もたくさんです。

 

子供が小学校入学となると、色々な人から「入学祝い」をもらうことがあります。

 

入学祝いのお返しをする際に「のし」の書き方って案外分からない人も多いかもしれません。そこで今回の記事では「のし」の書き方についても紹介してみたいと思います。

入学祝のお返しって必要なの!?

 

さて、この入学祝いですが、実際のところお返しは必要なものなのでしょうか?

 

基本的に「お祝い」をもらうとその何割かをお返ししますよね?

 

以前、「入学祝いのお返しを親(両親)にする場合、金額の相場はいくら!?」でも書いたのですが、実は「入学祝い」に関しては基本的にはお返しは不要なんです。

 

その理由なのですが、入学祝いって子供がもらうものですよね?

 

お祝いのお返しは一般的には本人がお返しをするのですが、入学前の子供にお返しする金銭的な能力はないはずです。

 

そのため、基本的には不要となっているのです。強いて言うなら、

・お誕生日祝い

・お年玉

的な感覚かもしれませんね。ただし、これは親しい身内、子供の祖父母などに対しての話です。

 

※身内以外からもらった場合はお返しをした方が良いとされています。

 

それから、身内でも気を遣うような遠い関係の相手である場合は、お返しをした方が無難です。

 

お返しが必要かどうか気になる相手の場合は、取りあえずお返しをしておく方がこちらもまた無難ですね。

 

お祝いする側は、お返しを期待してお祝いをあげるわけではないです。

 

しかし、だからと言って何も無いと「ちょっと…」と思ってしまうのが人間の深層心理ですよね(笑)

 

他に、地域の習慣として身内でもお返しが必要な場合はあるので、そこは気を付けるようにしましょう!

 

「親しき仲にも礼儀あり」を忘れない!

 

基本的にお返しは不要なのですが、「お礼」は必要です!

 

「親しき仲にも礼儀あり」

 

ですからね!!お礼はお祝いを受け取ってからすぐがベストです!

 

もちろんお礼をする場合は子供本人に刺すようにしましょう!遅くても数日中が理想です。

 

ランドセルや学習机をもらった場合は背負った姿や机に向った写真を撮ってお返しとして送っても良いですよね。(近況報告にもなります)

 

基本的なことになるのですが、「お返し」をする場合は、もらった金額の3~5割が相場といわれています。

 

物でもらった場合でも、最近ではネットなどで検索すれば大体の金額は分かりますからね(汗)

 

知人に数千円程度のお祝いをもらった場合は、お返しをするにも小額なため難しいこともあるでしょう!そんな時は、

  • 日用品
  • お菓子
  • お中元

などでお返しするのもいいですね。

 

また、その相手にお子さんがいるのであれば、子供用に何かをお返しすれば良いと思います。

 

sponsored link

お返しする場合の「のし」の書き方

noshi

出典元:http://kajiyanokome.com

 

そしてお返しの際、

 

のしはどうされますか?

 

と店員さんに尋ねられることもあると思います。

 

このとき、表書きは「内祝い」と書くことが一般的で、名前の欄には子供の名前をフルネームで書くと良いです。

 

そして、小学生の場合は下の名前だけでもOKです。

 

入学祝いのお返しの時期はいつ?

入学祝いのお返しの時期は、お祝いをもらった時期にもよります。

 

一般的に、入学祝いのお返しは入学式よりも前に、遅くても四月中にはしたほうがいいとされています。

 

入学式の写真と一緒にお返しするのも良いですよね。

 

都合上入学よりずっと前にもらった場合、相手にもよりますが、入学式より前にお返しする場合もあるでしょう。

 

お返しなので早い分には時期を気にしなくても良いと思います。

 

あとがき

入学祝いは基本的には不要な場合が多いのですが、やはり自分たちと少し距離のある人に対しては「内祝い」としてお返しをするのが一番無難だと思います。

 

先述しましたが、

 

「親しき仲にも礼儀あり」

 

この言葉を頭に入れておくと人付合いも上手くいくはずですよ!

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ