今回は入学祝いのお返しを親(両親)にする場合の金額の相場はいくらなのかについて紹介します。

春は入学も含めて新生活がスタートする節目の時期でもあります。

その中でも親も子もドキドキするのは小学校や中学校、または高校への「入学」ではないでしょうか?

入学に伴って両親や親族周りから入学祝い等をいただくこともあるかもしれません。

その入学祝いのお返しなのですが、結論からまず言うと一般的には「不要」とされています。

ただ、不要といっても気をつけたい点もありますので、今回はその部分も含めて紹介したいと思います。

一般的な入学祝いの考え方

にゅうがく黒板

小学校に入学となると多くの人から入学祝いを貰う機会があると思います。

元々入学祝いとは身内でのお祝いとして贈り物を贈ったり、親族で食事をして門出を祝うものなのです。

そしてその中でも小学校入学祝いの定番の贈り物としては、

「ランドセル」

最近は学校によってランドセルが不要なところもあるので学用品などを贈る場合もあるようです。

そしてこれらを父方、母方の祖父母が贈ることが最近では一般的になってきています。

実際我が家も上の子が小学生に入学した際、両親がお祝いにとランドセルを買ってくれました。

最近はランドセルもピンきりですが、大体3~5万円くらいするランドセルが多いので、やはり高価な物になりますよね。

子供も入学祝いに貰ったランドセルを見ながら、入学を楽しみにしている姿を見るのは親としても嬉しい限りです。

もし、ご両親と一緒にランドセルを選ぶ場合もポイントを押さえておくと安心です。

>>>ランドセル選びで失敗しないための4つの選び方のポイント!

【入学祝い】お返しの必要性!

okaeshi

さて、入学祝いに限らず「お祝い」に関して日本人は「お返し」をすると言うのが一般的なのですが、入学祝いに対するお返しってどうなのでしょうか?

実は、冒頭でも紹介したように入学祝いのお返しに関しては不要となっています。

入学祝いを貰うのは入学する子供なのですが、お返しをしなければならない子供に経済的能力ってないですよね?

そのため入学祝いに対するお返しは基本的には不要とされています。

祖父母もお返しが欲しくてお祝いをするわけではなく、孫の喜ぶ顔がみたくてするのですからね^^

しかし、お返しはしなくとも、お礼は子供本人からさせる必要があります。

お祝いを受け取ったら早いうちに一先ずお礼だけは済ませておきましょう。

また、先ほどお返しが不要と書きましたが、決してお返しをすること自体が悪いという事ではありません。

自分の親とはいえども、お返しをしたいという場合も当然ありますよね。

また、入学自体もおめでたい事ですので、

その喜びをお祝いの形にし、身内にも分け合ってお祝いしたいという意味で「内祝い」を送ることもあります。

因みに我が家は内祝いはしませんでしたが。。。

お返しをしたい!

そういうと、

「そんなつもりでランドセルを買った訳じゃないし、そんなお金があるのなら子供の為に使ってあげなさい」

と言われました(笑)

また、入学祝いのお返しをする場合、「のし」の書き方は知っておくようにしましょう。

>>>入学祝いのお返しは必要なのか!?のしの書き方はこれでいい?

sponsored link

入学祝いのお返しをする場合の相場は!?

souba

では、入学祝いのお返しをする場合、一体いくらが相場なのでしょうか?

一般的な意見として、お返しは3~5割が多いですね。

子供の祖父母、つまり自分の親に対するお返しは3割程度が多いようです。

その際、「現金」「肌着」「腰から下に身に付ける物」はタブーとされていますから気をつけてください!お返しのおススメとしては、

  • 商品券
  • 箱詰めのお菓子
  • 飲み物の詰め合わせ
  • 乾物

などですね。お中元やお歳暮のような食品や消耗品が特に人気です。

また、内祝いとして形式ばったものではなく、ちょっとしたお礼としてお返しする場合は3000円程度でも良いですね。

お返しを送る場合、お祝いをもらってから2週間以内に贈る事が一般的だとされています!

3月にもらったのであれば、遅くても4月下旬までには送るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は入学祝いのお返しを親(両親)にする場合、金額の相場はいくらなのかについて書いてみました。

本当のところ、子供の祖父母にとって一番嬉しいお返しって孫の成長具合が感じられるものではないでしょうか?

  • 手紙だったり
  • 絵だったり
  • 写真だったり
  • 記念に残るもの

など、そして出来る事ならちょっと顔を見せに行ったりするのが祖父母にとっては一番嬉しいことなのだと思います。

また、付き合い繋がりとして今後、友人・親戚関係にもお祝いを渡したりする機会があると思います。

そんな時のためにもお祝いの相場は知っておきたいですね。

次の記事では入学祝いの相場について紹介してみました。

⇒入学祝いの相場!【小学・中学・高校】それぞれ金額はどれくらい?

sponsored link


この記事がよかったら
いいね!お願いしますヽ(=´▽`=)ノ